☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨日の日経平均は大幅安になりましたが、
外国人投資家ばかりに頼っている日本市場の
不安定さをもろに出した形になりました
(※2007年5月26日現在)。
また、日本市場が上海などのアジア市場の動きに
一喜一憂しているようでは少々情けない話です。

さて、
「半値八掛け2割引」
という株の格言がありますが、
これは株価が3分の1になれば、ほぼ底値であり、
この水準で買えば大きな損はないだろう
という意味です。
ところで、新興市場のマザーズは
昨年の高値から70%以上下落、
ヘラクレスも67%下げており、
まさに「半値八掛け2割引」の水準にあります。
また、ジャスダック市場では、
平均PERが前期38倍から今期20倍(予想)という
水準まで下がって来ており、
平均PBRも1.7倍、平均配当利回りも1.7%と
他市場と比べても遜色ない水準になっています。
新興市場はまだ底打ちしたとは言い切れませんが、
そろそろ打診買いを入れてもよいのかもしれません。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
そこで、最近買われている新興市場の銘柄を
個別にチェックしてみました。
さすがに多くの投資家が成長神話を信じて
痛い目に遭った後だけに、
現在買われている銘柄のほとんどはきちんと
バリュエーション(割安度)のチェック
がなされているようです。
具体的には、
PERが10倍以下とか、PBRが0.6~0.7倍とか、
配当利回りが2~3%とか、
非常に割安度の高い銘柄が買われています。
要するに、大分まともな銘柄選別になってきている
ということだと思います。

このような環境になれば、多数の銘柄を
スクリーニングする方法が大変効率的なやり方
だと思います。
上記の割安指標などを条件として新興市場銘柄を
スクリーニングしてみたらいかがでしょうか。
スクリーニングソフトは証券会社などが
提供していますし、
当社の「銘柄発掘ナビ」ならば最新のデータで全て
の新興市場銘柄をカバーしています。
多分、面白い銘柄がたくさん出てくると
思います。
ただ、取り合えずは打診買い程度にとどめて
おいた方がよいかもしれません。

それでは、また来週!

「銘柄発掘ナビ」は堅実に運用したい方向けの
サービスです。
ユニークなスクリーニング機能も付いています。
会費は1ヶ月3,150円と格安です。
詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/syosai.htm

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト
幹事証券会社によるIPO企業の審査項目の中に、
「美人秘書かどうか?」
というのがあるそうですが、皆さんご存知ですか。
因みに美人秘書はマイナス評点だそうです。

ところで最近、お客様から検索ソフトの使用方法について
よく質問がありますので、本日は
検索ソフトの具体的な使用方法
についてお話しいたします。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<パソコン版
1ヶ月  3,150円  3ヶ月 9,000円  6ヶ月 15,000円
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール
当社の推奨銘柄投資戦略など、5つサービスで構成。
多角的な条件で銘柄検索ができます。
お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission.htm
=======================================
割安株を探す方法として、出来るだけ多くの銘柄群を
対象とすることは不可欠なことですので、
検索ソフトを活用すること
は大変いい方法です。
検索方法については色々なやり方があると思いますが、
当社では主に2つのやり方で銘柄を検索しています。
ひとつは「テーマ型」、
もうひとつは「足切り型
です。

テーマ型」は
あらかじめ一つのテーマを決めて検索する
やり方です。
例えば、決算発表直後ならば
今期の経常利益の伸び率の高い銘柄を検索する
とか、また、
最近流行の高配当利回りファンドに先回りして高配当銘柄を
検索する

とかというやり方です。
テーマだけでは不十分ですので、テーマ以外に
PER20倍以下
とか、
直近の株価の上昇率が10%以下
とか付随的な条件を付与します。この場合、
テーマの追求を第一義にすべき
なので、
付随的な条件についてはきつめにしないでゆるやかにする
ことがミソです。

もうひとつの「足切り型」は、
一定の水準に満たない銘柄をふるい落とす
やり方です。
例えば、
基本3指標であるPER、PBRおよび配当利回りについて
市場平均以下の銘柄を排除するやり方

などがその一例です。
この方法は、
複数の一定の条件を満たさないと十分魅力的な銘柄でも
切り捨ててしまう

のが欠点です。

この2つのどちらの方法がよいということではありません。
その時々でうまく使用方法を考えていけばいいと思います。
いずれにせよ、検索ソフトは
条件に見合った銘柄を瞬時に探してくれます
最終的に投資銘柄を決断するのは無論投資家ご自身ですが、
検索ソフトは使い方次第ではいくらでも
役に立つ有能な秘書になり得る
のです。

■検索ソフトで割安株を探すには、最新のデータで出来るだけ
多くの銘柄群を対象とすることが重要です。
当社の有料サービス「銘柄発掘ナビ」は全上場3700銘柄が対象です。
5つのサービス無料サンプルはこちら↓
1. 今月の投資戦略と推奨銘柄
http://value-search.co.jp/samples/navi01list1.asp
2. 個別株チェック(無料サンプルでは日経採用225銘柄対象)
http://value-search.co.jp/samples/navi04sel.asp
3. 割安株セレクト(無料サンプルでは日経採用225銘柄対象)
http://value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp
4. フリーセレクト(無料サンプルでは日経採用225銘柄対象)
http://value-search.co.jp/samples/navi03sel0.asp
5. 登録銘柄リスト
http://value-search.co.jp/samples/meigaratouroku01.htm

上記「5つのサービス詳細
http://value-search.co.jp/syosai.htm

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html


今年(※2005年)は、
企業の経営政策や配当政策に着目すること
が株で儲けるうえで大きなヒントになるように思います。
既にその動きは市場に顕著に現れています。
日経平均の緩慢な動きを尻目に、
予想配当利回りが高い株式や手元にキャッシュを多く
もつ企業の株価が着実に上昇
しています。
その理由を以下のように考えています。

1.国内企業全体での利益は過去最高水準余裕資金は潤沢
にあるということ

2.株主重視の姿勢の高まりを背景に
企業は配当や自社株買いで報いるのか、それとも買収など
積極的な経営姿勢で臨むのかの選択を迫られている
こと

3.ペイオフ解禁、超低金利を背景に、
個人投資家中心には預貯金金利との対比で株式配当に
スポットが当てられている
こと

この動きは今後しばらく継続するというか、ますます顕著に
なるであろうと予想しています。いずれにせよ、
数値のチェックが今までになく重要な時代を迎えたといえます。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
それでは当社のスクリーニングソフトである「銘柄発掘ナビ
を使って、実際に銘柄を探してみしょう。今回は、
配当利回りが2%以上で、今期および来期とも増益率が
マイナスでない

という条件でやってみましょう。
下方の「銘柄発掘ナビフリーセレクト
アクセスしてみてください。

「市場」「規模」「業種」のチェックはそのまま動かさず、
「条件設定へ」のボタンを押してください。画面が替わります。

<以上>と<以下>2つの空欄がありますが、
配当利回り(予)の<以上>の空欄に2と入れ、増益率(今期)、
増益率(来期)の<以上>の空欄に、ともにゼロ

と入れます。そして
下の「結果を見る」のボタンを押してください。出ましたね。
日経225採用銘柄から数銘柄。その中で当社の基準で判断する
と割安な銘柄は日本精工(6471)(※2005年2月7日現在)ということ
になります。

■「銘柄発掘ナビフリーセレクトはこちら ↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel0.asp

ところで銘柄をスクリーニングする際に大事なことは
最新のデータ(予想値)を使用することです。
古いデータでスクリーニングすることは、間違っている
教科書で一生懸命勉強するようなものですから、
気をつけてください。

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って割安株を
探してみてください。
8つの割安指標へのウエイト付けによる方法です。対象銘柄は
日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資に
ついての考え方がよく分かります。「割安株を探そう!
10分間投資講座
」こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html