FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

2月末時点での割安指標は、東証一部平均で
PERは14.8倍、PBRは1.1倍、配当利回りは2.2%
歴史的な割安水準になっています。
ところが最近の市場では割安度云々という話は
ほとんど聞かれません。
この現象はリーマンショック時においても全く
同様でしたが、まさに、
割安指標は死んだのか?
ということです。

景気への不安が大きい時期は、割安に放置
されている銘柄ほど業績不安が大きいと
市場が判断します。
従って、割安株ほど大きく売られることに
なります。
その結果、PERが7~8倍だとか、PBRが0.5倍
前後などという異常とも思える銘柄が大量に
出てきます。

一方で、どんなに割高でも増益銘柄なら
何でもOKという現象が起きます。
昨年来の内需株の一角がその典型です。
ただ、このような相場がいつまでも続くわけ
ではありません。
今までかなり割高まで買われてきた食品株
や小売株の一角に上値の重さが見え始めて
います。
いわゆる潮目の変化、すなわち物色の流れ
変化が生じてきているのです。

次の局面では、世界経済の減速や円高進行で
大きく売り叩かれた外需株に番が回ってきそう
です。
下落局面ではなかなか手が出しにくかった
輸出関連株が見直されることになるでしょう。
このような相場になれば、また割安度という
言葉が復活してくるはずです。

それでは、また来週!

これだけ学べば初心者でもOK!
「割安株を探そう!」10分間投資講座
バリューサーチ投資顧問株式会社では、
当社独自の8つの割安指標をベースに置いた
ファンダメンタルズ中心の分析により、投資行動に
踏み切れる「根拠ある」銘柄を推奨します!
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週はギリシャ問題に振り回されました(※2010年5月8日現在)。
この問題は短期間で解決するとは思えませんが、ただ、EUとIMF、
そしてECB(欧州中央銀行)が確固たる協力体制を取ることが
確認できれば、市場はいつまでもこの材料に拘らず、徐々に
消化していくと見ています。

さて、決算発表もピークを迎えつつありますが、大方の予想通り、
外需株中心に好調な内容になっています。ただ、株価は増益率
の高低よりも、市場予想に対してプラスか、マイナスか
決まりますので、四季報などの予想値と比較して判断するのが
よいでしょう。そして、企業業績への不安が払拭されてきた現在、
割安株、特に低PBR銘柄と低PER銘柄への見直し買い
活発になってくると見ています。

ところで、ここに、某大手経済研究所の大変興味深いデータが
あります。同所の長年のデータによると
業種によって割安指標の有効性が違うということです。
PBRとPERが共に有効な業種は、「建設」、「商社」、「食料品」、
「銀行」
などであり、強い割安業種と言えます。また、
PBRのみが有効な業種は、「繊維製品」、「海運業」、「輸送用機器」
などであり、一方で、
PERのみが有効な業種は、「化学」、「電気機器」、「鉄鋼」、
「小売業」
だそうです。

因みに、PBRとPERが共に効かない業種は、将来の業績の
方向性が見えにくい業種であり、「不動産」、「鉱業」、「その他金融」
だそうです。

◆バリューサーチ投資顧問による「割安株用語解説」
PERPBRとは?解説はこちら↓
http://value-search.co.jp/description.htm
=======================================

これらはあくまでも過去のデータから見たものであり、無論
絶対的なものでもありませんし、景気の局面によっても違い
があると思います。ただ、ひとつの参考にはなるはずです。

昨日、決算発表した丸紅(8002)は今期(11年3月期)は経常益は
17.2%増、PBR は1.25倍、予想PERは何と7.4倍でした。
昨日は急落相場の中の発表でしたので、市場は殆んど反応
しませんでしたが、商社株は強い割安業種であり、いずれ
見直し買いが入ると見ています。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨今のように(※2008年3月現在)市場全体が
大きく下落するような局面においては、
多くの指標間のパフォーマンス差は縮小しますが、
その場合でも
割安指標のダメージは比較的小さいと言えます。
また、昨年後半から多くの割安指標の有効性が低下
しましたが、直近では回復傾向にあります。
本日は各指標の最近の有効性と特長についてお話し
いたします。

1.PERの有効性は、この半年間で著しく低下した。
  その要因は「外国人売り」と「業績不安」にあり、
  低PER銘柄ほど大幅に売られた。

2.PERに比べてPCFRとEBITDAの有効性がここへ来て
  高くなっている。
  キャッシュフローに着目した銘柄選びが行なわれて
  いるためだと思われる。

3.PBRについては、この1年間有効性を持続している。

4.配当利回りについても、有効性が持続している。
  但し、一部無配株の上昇も目立つ。

5.逆張り指標の有効性が高くなっている。
  昨年の夏ぐらいまでは順張りの外国人買いが中心で
  あったため、逆張り指標は全く効かなかったが、
  現在は短期逆張り(3ヵ月)、長期逆張り(36ヵ月)ともに
  有効である。

6.ROEの有効性が引き続き低下している。
  その要因は「外国人売り」と「成長性にかげり」が見えて
  きたためだと思われる。

7.小型株及び低位株のパフォーマンスが高くなっている。

以上のように、各指標の有効性や特長を踏まえると、
かなり効率的な銘柄選びができると思います。

なお、市場が大幅下落した後の回復局面においては、
市場に不安心理が残ることから、まずは理論上株価の
下値メドがつく割安株が注目されることになると
思われます。
加えて、市場エネルギーも限られることから、当面は
中小型株が注目されることになると思われます。
そして、徐々に成長株、コア銘柄と物色が広がっていく
パターンを予想しています。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

先日、米シティグループが、
傘下の日興コーディアルグループを
三角合併方式で完全子会社化
すると発表しました(※2007年10月7日現在)。
三角合併は、今年5月に外国企業に解禁され
ましたが、今回が初の事例です。
数ヶ月前にブルドックによる買収防衛策が
認められたことにより、
日本は敵対的な買収が認められない国という
警戒感と失望感が拡がり、
「M&A元年」
というテーマは一気にトーンダウンしましたが、
今回の三角合併をきっかけにこのテーマが
再浮上してくればと期待しています。

ところで、当社では東証1部全銘柄を指標毎
(8割安指標および財務指標など)
に5つのグループに分け、
毎月各々のリターンを積み上げることにより、
指標毎の有効性を検証しています。
サブプライム問題をきっかけに世界の市場は
大波乱となり、
8月中旬にはNY市場や東京市場などが
最安値を付ける展開になりましたが、
8~9月における割安指標などの有効性を
見てみると大変興味深い結果が出ています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
「PER」や「PCFR」などの利益系指標や
「PBR」が割安な銘柄ほど大きく売られた
という結果が出ています。
また、時価総額が小さい「小型株」および
株価が低い「低位株」が大きく売られているのです。
一方で、「配当利回り」が高い銘柄は
しっかりした動きになっており、また、
財務面では「自己資本比率」や「ROE」が
高い銘柄が堅調な動きになっています。

「配当利回り」が高い銘柄が堅調だったのは、
中間期の配当取りが下支えになったかも
しれませんが、
低PER銘柄や低PBR銘柄が大きく売られたのは
外国人売りの影響だと思われます。
また、小型株が売られたのは、
信用取引の追証の発生などで、
出来高の薄いところを売り叩かれたことが
原因と思われます。

大型株の戻りがある程度達成された現在、
これからは逆張りの発想で、
割安な中小型株が狙い目と言える
かもしれません。

それでは、また来週!


当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

今週は新しい四季報が発売になりましたので、数字と
首っ引きの個人投資家も多いと思います。
ところで割安株を選択する際には
割安指標
を活用しますが、その代表的な割安指標が
PERPBRそして配当利回り
です。
本日は
これらの割安指標を計算する際にどの数字を使うのか
ということをお話しします。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<携帯版
1ヶ月 3,150円  3ヶ月 9,000円  6ヶ月 15,000円
携帯電話上で、割安株スクリーニングができます。
決算発表の数値は翌朝データに反映されます。また、
「比較的短期で値上がりが期待できる」当社の推奨銘柄を
毎日更新。お申込みはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_m.htm
=======================================
結論から言えば、
PER配当利回り予想値
PBR実績値
を使用するのが一般的です。
株価はその企業の将来を読んでいく
わけですから、
PERと配当利回りは予想値を使う必要があります。
PBRは予想値の算出が難しいので実績値を使います。
ネット上の情報提供サイトの中には、実績値のPERや
配当利回りが掲載されているケースがありますが、
よくチェックした方がよろしい
でしょう。

次に
どの時点の予想値を使うか
ですが、
今(※2005年6月現在)ならば2006年3月期の予想値、
すなわち
来年の3月期の数字
に注目するのが基本です。
2007年3月期の予想値が出ているのだからこの数字を使うべき
と思うかもしれませんが、現時点ではこの数字を重要視
してもあまり意味がないでしょう。
理由は簡単で、2007年3月期の予想値は
あてにならない
からです。
来年のこともまだ不透明なのに、再来年のことは
もっとわからないということです。

それでは来年5月の決算発表まで2006年3月期の数字を
追いかければいいのかというと、またそうでもないのです。
この辺が難しいところですが、要するに
将来を先見することは株式投資の世界では大変重要ですが、
あまり不確実な情報でも意味がない
し、一方で、
確実な情報を追いかけているだけでも相場の先見性に
勝てない

ということです。

そこで
具体的な対応策としては、年内は2007年3月期
すなわち
再来年の予想値をあまり気にせず
4半期決算をこまめにチェックしながら、
2006年3月期の数字を追いかける
ことでよいと思います。
しかし、年が替ったら2007年3月期の予想値も意識し、
両にらみの対応が必要です。
そして春に向かって、少しずつ2007年3月期の予想値の方に
重点を置くという形がよいでしょう。
先見性確実性その間で株価は動く
のです。

■当社ソフト「銘柄発掘ナビフリーセレクトクイックメニュー
をご利用になれば数値の入力は無用です。
項目ごとに「上位の意味」が表示されており、
上位10%」、「30%を指定すれば
その項目の上位10%上位30%の銘柄群が表示されます。
複数の項目を組み合われば難しいパズルが簡単に解けます
無料サンプル(日経採用225銘柄)はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel1.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html


皆さん、株式投資の成果の方はいかがですか。
あまりいい結果が出ていなくとも当メルマガが応援しますので、
あきらめることなく、こつこつと投資の基本を学んでいけば、
必ずや大きな花が咲くと確信しています。

さて、今日は
PERやPBRなど指標を利用して投資判断する際に
大きなヒントになるお話

をしましょう。 

各銘柄の割安度をPERやPBRといった指標で判断する際に
注意しなければならないことは、
業種によって指標の平均値が大きく違う
ということです。
2005年1月末現在のPERでいえば東証平均は18.6倍ですが、
最もPERが低い海運業では9.3倍
最も高いサービス業では34.8倍(水産・農林業は除く)
と、こんなに大きく違うのです。

例えば海運業に属するある銘柄のPERが12倍としますと、
市場全体の平均値である18.6倍と比較すれば割安かも
しれませんが、
同業種の平均値である9.3倍と比較すると割高
ということになります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
割安度を判断する場合は、
業種ごとに行なうのが正しいやり方
です。
類似した企業同士の比較(同一の業種内)で割安な銘柄
を選択することが重要

であり、市場平均や他業種と比較しても十分とは言えません。
フライ級のチャンピオンとヘビー級のチャンピオンを比較して
どちらが強いか、と議論しても意味がないのと同じです。

そして業種ごとに割安度を判断するには常に
業種ごとの最新データを手元に持っていることが必要
になります。
当社のホームページ「業種ごとの割安指標」の画面では
月末ごとにデータを更新していますので、是非ご活用ください。

■「業種ごとの割安指標」はこちら ↓
http://www.value-search.co.jp/hint.htm

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って
割安株を探してみてください。
8つの割安指標へのウエイト付け
による方法です。対象銘柄は日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資についての
考え方がよく分かります。「割安株を探そう!10分間投資講座
こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。