FC2ブログ

市場区分の見直しを急げ!

東京市場は気迷い相場が続いています。
個人投資家の中には大きく下げれば
買いたいという方も多数いますが、
ところがなかなか下がらない。
日銀のETF買いが下値を支えている
からです。
そうかと言って、上値も重い。
海外投資家が大量に売り続けている
からです。
しっかり選んだ銘柄は上がらない一方、
上がる根拠のない銘柄は上がる。
個別銘柄無視の先物取引
相場の主導権を握っているからです。

このような状況に対して、果たして
打開策はあるのでしょうか。
それは、現在、東京証券取引所が
進めている市場区分の見直しではな
いかと思っています。
東証は現在の4つの市場
(東証1部、東証2部、ジャスダック、
マザーズ)を再編し、
①東証1部(グローバル・プレミアム)、
②中堅企業(スタンダード・グロース)、
③新興市場
の3つに再編成するということです。

現在の東証1部は、全上場会社
(約3,660社)の6割近くに当たる
約2,100社で構成されており、まさに
頭でっかちの状態です。
今後は新たな基準を設け、
東証1部を大幅に絞り込む意向です。
残る3市場の見直しも進め、老舗・中堅企業
が目立つ東証2部とジャスダックを統合、
1部からの降格企業を吸収し、
新たに中堅企業の市場を創設、
新興市場向けは先行投資型の
赤字企業にも門戸を広げる方向です。

東証1部からの降格候補銘柄は
マイナスイメージがありますが、
それどころか
“中堅企業市場”こそ、
個人投資家にとって最も魅力的な市場
になると思っています。

その理由は、先物の動きや日銀の
ETF買いに影響されることが少ない市場
であること、また東証1部に残る大型株
にはもはや魅力的な成長銘柄が少ないこと、
そしてジャスダック銘柄が格上げにより
一気に注目度が高まることです。
市場区分の見直しを急げと言いたいです。

それでは、また!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>は毎週明け大引け後に2銘柄配信!
クチコミではなく、プロの推奨銘柄を配信します!
過去10年の全銘柄実績を公開中!
オンライン証券で売買するネット投資家に配慮
した良心的な会費を設定しております。
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週末(休日)に随時、無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト



株、上放れサイン点灯か!

日本株についてマスメディアは
長らく悲観論一色でしたが、
今週は久し振りに明るい記事
掲載されていましたので、ご紹介
させていただきます。

「株、上放れサイン点灯か!
相場が上放れる前兆ではないか。
日経平均株価のトレンドを表す
「移動平均線」の動きに市場の注目
が集まっている。
3つの平均線と現値が同じ水準に
収れんしてきたためで、その直後に
相場が大きく動くことが多い。
過去2年は急騰をぴたりと当てた。
相場には膠着感が強まっているが、
チャート上には近い株高を示唆する
サインがともっている。」
(日本経済新聞8月9日掲載)

「株式相場 9月浮上説、米の減税
シフトが追い風!膠着感の強い
日本の株式相場が、9月に浮上に
転じる
との見方が市場でささやかれて
いる。米議会の再開とともに
トランプ大統領は通商から減税へ政策
の力点を移し、株価の追い風になると
の見立てだ。貿易を巡る日米交渉が
軟着陸し、景気の足かせが外れるか
が焦点になる。」
(日本経済新聞8月10日掲載)

このような記事が出てきたことは
相場はそろそろ転換点ということ
でしょうか。


提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


そろそろ動きが出るか!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

手掛かり難の相場が続いてうんざり
していると思いますが、連休明け辺り
からそろそろ動きが出て来るのでは
と見ています。
その理由は、以下のとおりです。

1.業績発表が本格化し、今期予想
はっきりしてくることで動きやすくなること
2.米国の長期金利上昇は気になる
ものの、円安進行が日本株に追い風
になること
3.野党の国会戦術に国民の同意が
得られず、安倍政権が継続する可能性
が高くなったこと
4.海外投資家の大量売りが一段落した
こと
5.4月は日銀のETF買いは2,142億円に
止まり、下値抵抗力が強くなっていること

などです。
連休明け乞うご期待ということでしょうか。

それでは、有意義なGWを!


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

GW期間限定!【1ヶ月分無料】特別キャンペーンを実施!
2018年4月27日(金)~5月6日(日)に、
「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
「投資助言サービス」<信用空売り型>
「投資助言サービス」<ブルベア型>
にご入会(お申込・ご入金)いただいたお客様
に限り、ご契約期間に加え、【1ヶ月分無料】
サービスをご提供いたします。
クレジットカード決済は2018年5月6日(日)まで、
銀行・郵便局からのご送金の場合は
連休明けの5月7日(月)付までのご入金が
キャンペーン対象となります。

~各キャンペーンについて~
■ <銘柄紹介型>の詳細・お申込はこちら
(★キャンペーン価格)
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 19,800円 (税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 33,000円(税込)
1年間 + 【1ヶ月分無料】 = 54,000円(税込)

(通常価格)
3ヶ月間 19,800円(税込)
6ヶ月間 33,000円(税込)
1年間 54,000円(税込)

■ <信用空売り型>の詳細・お申込はこちら
(★キャンペーン価格)
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 13,200円 (税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 21,600円(税込)
1年間 + 【1ヶ月分無料】 = 36,000円(税込)

(通常価格)
3ヶ月間 13,200円(税込)
6ヶ月間 21,600円(税込)
1年間 36,000円(税込)

■ <ブルベア型>の詳細・お申込はこちら
(★キャンペーン価格)
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 27,600円(税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 38,700円(税込)
1年間 + 【1ヶ月分無料】 = 70,800円(税込)

(通常価格)
3ヶ月間 27,600円(税込)
6ヶ月間 38,700円(税込)
1年間 70,800円(税込)
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


徐々にNY離れの動きに!

1日のNY市場は、昨年の米大統領選挙
でのロシア疑惑の捜査が進展している
ことが伝わると、トランプ政権の政策運営
に影響が及ぶとの見方から一時、
350ドル値下がりする場面がありました。
結局は40ドル強の下げで終わりましたが、
連日、史上最高値を更新していることも
あり、市場の高値警戒感もかなり強い
ようです。

今朝のニュースですと、トランプ政権の
看板政策である法人税減税法案は
米上院において僅差で可決されたと
のこと、今後実施時期などの調整が
残っているとはいえ、取りあえず、
市場は好感するでしょう。
ただ、今後はNY市場の動きが荒っぽく
なると見ています。
高値圏にある相場は強弱感が激しく
対立するからです。

そこで東京市場はどうかと言うと、
今後はNY市場との連動性は薄くなる
と見ています。
その理由は東京市場と比べて、NY市場
の方が遥かに割高であり、また過熱感
あるからです。
無論、NY市場が暴落すれば、東京市場
への影響は免れないでしょうが、そうでも
ならない限り、NY市場の動きにあまり
過敏になる必要もないでしょう。

それでは、また来週!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<信用空売り型> 
「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)

株価が下落すると予想される
「今だ!空売り銘柄」を会員限定でご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2017年の空売り推奨実績
===========================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


まもなく市場は悪抜けする!

コントロールできない2つの要因が
投資家を悩ませています。
そのひとつは、言うまでもなく北朝鮮リスク
です。
北朝鮮の若造独裁者に世界の大国が
振り回されており、独裁者がこの味を
知ってしまった以上、もはや核・ミサイル
の開発を放棄するなどあり得ないでしょう。
従って、この問題は長期化すること
になりそうです。

もうひとつは、米国本土への襲来が
予想されている大型ハリケーン「イルマ」
の動きです。被害状況次第では、米国の
金融政策に影響を与えることもありそう
です。
すなわち、金融引き締めが先延ばしされる
ということであり、それはさらに円高が進行
することを意味します。
従って、日本株にマイナスになりかねません。

ただ、北朝鮮については11日に予定され
ている国連安全保障理事会による
制裁強化決議を受けて、何等かの暴挙に
出る可能性はありますが、これで目先的
にはヤマを越える
と見ています。
ハリケーンはここ一両日がヤマ場、
大きな被害がないことを祈るばかりです。

以上のように、今週は2つのコントロール
できない材料がヤマ場を迎えますので、
株式市場はそろそろ悪抜けしてくると
見ています。

それでは、また来週!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、
日経CNBCなど、世界的な経済メディアより
取材を受け、話題の企業ニュースに関する
見解・コメントを提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週月曜、今買いの「ズバリ!2銘柄」をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
投資する根拠ある割安株を配信いたします。
★【過去10年分】の全銘柄パフォーマンス(上昇率)★
配信したすべての銘柄の実績を公開しています。
(※月曜が祝休日の場合は、翌営業日の配信です。)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


NY高でも東京は上がらない!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

米FRBは先月25日~26日、
金融政策決定会合を開き、このところ
伸びが鈍化している物価の動向などを
見極める必要があると指摘、
政策金利の据え置きを決めました。
利上げについては12月まで先送りされる
という見方が有力になっています。
一方で、保有資産の圧縮を
「比較的早期に始める」
と表明し、9月の次回会合で決める
可能性を示唆しました。

このような中で、NYダウが8日連続で
史上最高を更新中であり、2万2千ドル
の大台に乗りました。
既にトランプ政策への期待が剥落して
いる中で異常な強さと言わざるを
得ません。
それに引き換え、日経平均は相変わらず
2万円前後をウロウロ、その不甲斐なさ
が際立っています。
なぜこのような動きになっているのか?

米国経済が緩やかに拡大する中で、
米国株は物価の上昇鈍化
→利上げの先送り
→ドル安
という動きをポジティブに受け止めて
いるからだと思います。
一方で、米国が利上げを急がない
スタンスに変化しつつあることは
これ以上の円安は期待できないと
いうことを意味し、このことが
日本株の重しになっているのです。

一向に為替離れができない東京市場
ですが、円相場と日本株を必要以上に
リンクさせているのは東京市場を
仕切っている海外投資家だということ
です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週月曜、今買いの「ズバリ!2銘柄」をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
投資する根拠ある割安株を配信いたします。
★【過去10年分】の全銘柄パフォーマンス(上昇率)★
配信したすべての銘柄の実績を公開しています。
(※月曜が祝休日の場合は、翌営業日の配信です。)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

小型・内需・高PER株!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

新年度に入り、約3ヶ月が経ちましたので、
この間の相場の動きを数字的に見てみたい
と思います。

まず、規模別で見ると、
大型株 +5.56%
中型株 +7.83%
小型株 +8.00% 
です。

次に業種別で見ると、
ベスト5は、
1.情報通信・サービス他 +13.74%
2.建設・資材 +12.17
3.不動産 +9.82
4.食品 +9.77%
5.小売 +8.59% 

ワースト5は、
1.エネルギー資源 -10.13%
2.鉄鋼・非鉄 -4.16%
3.自動車・輸送機 -1.62%
4.商社・卸売 +1.46%
5.機械 +2.78
です。

そして、スタイル別で見ると、
バリュー株 +3.65%
グロース株 +9.48% 
となりました。

結論を言えば、
小型株・内需株・高PER株」が
かなり優位だったということです。
ただ、問題はこの流れがいつまでも
続くかということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 毎週明け、類似業種の中から
ブル(買い)銘柄&ベア(空売り)銘柄を配信!
週1回、「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
※空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りラインを
設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


2万円大台を目指す動きに!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年は年初から膠着相場が続いていましたが、
今月はいよいよ日経平均20,000円の大台
目指す動きになると見ています。
その根拠は、相場の上値を阻んできた諸々の
懸念材料が一気に解消し、一方で今まで
軽視されがちであった好材料が改めて評価
されると思われるからです。

具体的な要因については、以下のとおりです。
1.米国・欧州そして中国の景気回復
足取りがしっかりし始めている。また、
国内景気も9年ぶりの拡大となっている。
2.今期の企業業績は2桁増益が予想される
が、未だ株価には織り込まれていない。
3.円高進行が一服している。
4.米国ではトランプ政権の目玉公約である
大型減税やオバマケアの見直しなどが動き
出している。
5.フランスの大統領選ではEU残留派の
中道独立系マクロン氏が優勢、万一、
極右政党ルペン氏が勝利しても、憲法
手続き上、EU離脱はあり得ない。
6.需給面では最大のポイントである
海外投資家が買い越しに転じてきており、
さらにその額も大きくなりつつある。
7.日本株は欧米株と比べて出遅れ感
鮮明になっている。今後、世界の景気敏感株
として日本株の注目度が高まると予想している。

懸念材料としては、北朝鮮の軍事的な
暴発
が挙げられます。
米国による北朝鮮への軍事的な威嚇が
長期化すると思いますが、ただ株式市場に
おいては徐々に悪抜けすると見ています。

株式投資で効率的に成果を上げるためには、
追い風に乗ることが大事であるのは言うまでも
ありません。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
日経平均2万円台目前!銘柄選択が難しい局面で、
株式の買いだけでなく、売却までフルサポート!
6ヶ月または1年間で堅実な成果を狙います。
ご入会から1ヶ月程度で順次買付ポートフォリオをご提示、
大引け後にメールまたはFAXで売買をご指示し、
翌営業日の寄り付きで売買していただくため、
お客様のお忙しいお時間をお邪魔いたしません。
⇒<フルサポート型>でご提供されるサービス
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


現代ポピュリズムは悪か?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

株式市場を取り巻く環境が大分良くなって
いますが、一部には欧州の政治的リスクを
懸念する声があります。
本日4日はイタリアの憲法改正に伴う国民
投票
が行われますが、もし改憲案が否決
されればレンツィ首相は辞任する意向であり、
同国の政治が混乱する恐れがあります。

また、同日、オーストリアではやり直しの
大統領選挙
を実施されます。
再選挙では極右政党・自由党の候補者が
どこまで票を伸ばすのかが焦点となっており、
現時点では僅差ながら優勢ということです。
もし自由党が勝てば反EU、反難民の動きが
拡がることになりそうです。

先にも英国民投票でのEU離脱
米大統領選でのトランプ氏当選という市場
が歓迎していなかった結果が出ましたが、
これらに共通している背景はポピュリズム
(大衆迎合主義)です。戦後の中心世代で
あった中間層が没落し、体制に反旗を翻した
と分析されています。

かつてポピュリズムがファシズムとなり、
ナチスを出現させたことは周知のとおりであり、
そういう観点からポピュリズムが徹底的に
嫌われています。
ただ、注目すべきことは現在のポピュリズムは
民主主義をベースにしている点では過去の
ものとは異質であり、多くの国民に受け入れ
やすくなっているということです。

自由主義経済が民主主義の基盤の上に
成り立っているなら、民主的に決定された
政策が株式市場と相いれないことは自己
矛盾しているように思われます。
ポピュリズムは経済が低迷し、雇用が
奪われた時に発生する現象です。
政治イベントに対する市場の耐性
強くなっているのは、
“起こるべくして起こった結果”を冷静に
受け止め出したということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週月曜、今買いの「ズバリ!2銘柄」をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
投資する根拠あるバリュー株を配信いたします。
★2016年の配信銘柄のパフォーマンス(上昇率)★
配信したすべての銘柄の実績を公開しています。
(※月曜が祝休日の場合は、翌営業日の配信です。)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


銘柄間格差が一段と拡大!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

“日本株は買いか?売りか?”という
最も基本的なことで迷っている
個人投資家が多いようです。
そこで、現在の市場を取り巻くプラス材料と
マイナス材料について整理してみました。
プラス面については、
1.NY市場が史上最高値を更新しており、
東京市場の出遅れ感が顕著になっている
2.英EU離脱による市場の混乱はほぼ終息
した
3.28兆円強の大規模な経済対策への期待
が高い
4.第1四半期業績の開示に伴い、市場に
悪材料出尽くし感が出やすくなっている
5.今回、日銀がETF買い入れ枠を大幅拡大
したことが相場の下値支え要因になる

次にマイナス面については、
1.日銀の金融政策に手詰まり感が見え始め
ている
2.円高進行や新興国経済の低迷を背景に
企業業績への不安が残る
3.需給面では海外投資家や個人投資家の
買いが期待しにくい
4.日経平均17,000円前後は過去の累積売買
が多く、売り圧力が強い
米国の利上げについては、9月説もあり、
現時点では中立要因でしょうか。

以上のように見てみると、好悪材料が拮抗して
おり、上値を大きく切り上げる展開にはなりにく
そうですが、一方で下値不安もあまりない
思われます。
従って、当面は一定のレンジ内での動きでしょうか。
ただ、業績開示を機に銘柄間格差が一段と大きく
なるはずであり、これからは“森よりも木を見る”
ことが大事だということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型>
5,000円(税込)でお客様の投資金額に応じた
渾身の1銘柄を推奨します。
また、投資資金に指定がない場合、100万円以下で買える銘柄を!
原則、ご入会から1週間以内に銘柄をご紹介します。
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合のみ、
成功報酬額は、10,000円(税込)です。
バリューサーチ投資顧問で唯一の<成功報酬型>です!
2014年4月1日以降も、消費増税前の価格を据え置きました。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
<成功報酬型>サービス詳細はこちら
よくあるご質問Q&Aはこちら
※相場環境が不安定な場合、推奨までに1週間以上
お時間をいただく場合もございます。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース