☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨年の夏ごろから今年の3月頃(※2008年)まで、
低PER銘柄のパフォーマンスが圧倒的に悪い
という現象が起きました。
その主な原因は、
業績悪化懸念と外国人売りです。
しかし、決算発表も終わり、
外国人投資家が買いに転じてきたことのあり、
4~5月にかけて、PERの有効性はかなり回復
してきました。

ところで、やや専門的になりますが、ここにきて、
「EBITDA」が大変注目されてきています
(※2008年6月現在)。
EBITDAはイービット・ディー・エー、または、
イービッダーと呼ばれ、
「純粋に営業活動によって得られるキャッシュ」
のことです。
金融収支や借入金などの影響を受けず、
減価償却費を差し引く前の利益ですので、
「営業利益+減価償却費」
で求められます。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<パソコン版>
月額3,150円(カード決済)、銀行・郵便局振込は長期割引有
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール。
当社の推奨銘柄や投資戦略(毎月初更新)など、
5つサービスで構成。会員様ログインはこちら↓
http://value-search.co.jp/webnavi/
お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission.htm
=======================================
ところで「減価償却」ですが、
時間に伴って消耗していく建物や機械等の
生産設備を企業が使用可能期間中に経費として
割り振ることを言います。
例えば、機械を1億円で購入し、
10年間使用可能とすると、
1億円÷10年=1,000万円
を毎年費用として計上することを言います。
ここで重要なことは、「減価償却費」は費用として
計上しても、会計上だけであり、
キャッシュは企業外に流出しないということです。
既に、建物や機械等を購入した時点でキャッシュは
出ているからです。

従って、
純利益が同じ額でも、
「減価償却費」が多い企業の方が
キャッシュが多く、財務的にも健全である
と言えます。
また、設備投資に積極的な企業ほど、
「減価償却費」が大きくなりますので、
将来の成長に備えた企業と見ることもできます。

このEBITDAと株価との関係を表した指標が、
「株価EBITDA倍率」であり、
株価を1株当りのEBITDAで割った値です。
この指標が、最近は継続的に高い有効性を発揮
しています。
その理由は、現在の市場は
キャッシュフローを生み出す力を最優先に評価
しているからです。
細かなことはともかく、このことを知っているだけで、
これからの投資で大いに役立つはずです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

先日の日経金融新聞のトップ記事は、
昨年1年間(2006年)の有効であった
投資尺度を比較したもので
大変興味深いものでした。
投資尺度として、
最も有効なものは
「業績修正」
でしたが、
昨年の相場は上方修正銘柄が大幅に買われ、
下方修正銘柄が大幅に売られましたので、
それを裏付けた結果となりました。
2番目に有効であった指標は、
「EBITDA倍率」
でした。

ご存知のように、今年(※2007年)の5月から
三角合併制度が解禁
となるわけですが、このEBITDA倍率は
今年の相場で何かと話題になることは
間違いないでしょう。
この指標は
買収してから何年で投下資本が回収されるか
を表したものだからです。
EBITDA倍率の計算方法は、
分子に「時価総額+有利子負債」、
分母に「営業利益+減価償却費」
で計算します。
減価償却費とは費用として計上されても
キャッシュは流出しませんので、
営業利益に足し戻すことにします。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年間 52,500円
当社では、ご紹介する銘柄を選択するにあたり、
企業のIR部署に電話インタビューをしています。

契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
それでは日産車体を例に具体的に計算したい
と思います。
当銘柄は
時価総額が976億円、有利子負債はゼロ
ですので
分子は976億円
となります。
営業利益207億円、減価償却費125億円
ですので、
分母は合計した332億円となります。
EBITDA倍率=976億円÷332億円=2.94
となります。
2.94という数字は、
買収してから2.94年で投下資本が回収される
ことを意味します。
従って、
M&A銘柄として魅力があるのは、
EBITDA倍率が低い銘柄
ということになります。
時価総額と有利子負債が小さいこと、
反対に営業利益と減価償却費が大きいことが、
EBITDA倍率を引き下げる要因となります。

経営者として、有利子負債を小さくし、
営業利益を増大させるのは当然のことですので、
M&A防衛策としてできることは
時価総額を大きくすることしかない
のです。
三角合併制度の解禁が相場を押し上げる
と言われる所以です。

EBITDA倍率を計算するのに必要な数字は全て
四季報に掲載
されています。
時価総額は
株価に発行株数を乗ずれば計算できますし、
営業利益や有利子負債、減価償却費も
四季報から読み取れます。
今年の相場に勝つためには是非この指標を
活用してみたらいかがでしょうか。

それでは、来週まで!

■「EBITA倍率」に関する、当社の最新見解記事はこちら。
『「M&A」のテーマは再浮上するのか?』(2007年10月5日号)
当社による連載コラム「直伝!銘柄選択のツボ」より
(ひまわり証券 証券オン・ザ・ウェブにて)↓
http://kabu.himawari-group.co.jp/report/valuesearch.html?regNo=22

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html