☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

日経平均が史上最高値38,915円
付けたのは1989年12月でした。
当時は日経平均10万円説まで飛び出し、
まさに浮かれ気分絶頂であり、そして、
この時に日銀総裁に就任したのが
三重野氏でした。
彼は就任直後から急激な金融引き締め
に踏み切り、当時3.75%だった公定歩合
(当時の政策金利)を翌年8月までに
6%まで引き上げました。
その結果、日経平均は1年足らずで
半値まで暴落、地価はそれ以上の
暴落でした。

日本経済史に残る“失われた20年”の
スタートになったにも拘わらず、
バブル退治に血眼になる
三重野日銀総裁を当時のマスメディア
は“平成の鬼平”と持ち上げました。
今も昔も何の歴史観もなく、正義ヅラ
して大衆扇動するだけのマスメディア
百害あって一利なし、まもなくインターネット
がマスメディアを過去の遺物にする
でしょう。

それはともかく、FRBやECBなど
欧米の中央銀行が金融引き締めに
動き出しています。
リーマンショック後に世界市場に
供給された資金は130兆円とも
言われていますが、この資金の
吸い上げが始まるということです。
そこで、130兆円というのはどういう
金額なのか?

東証1部の時価総額は610兆円と
比べてみるとわかり易いと思います
が、世界全体で130兆円ならば、
日本株にとってさほど深刻な影響は
ないでしょう。
但し、流入する資金が少なくなれば、
その資金は持ちこたえられる銘柄に
集中するはずであり、バブルの
権化のようなバクチ株はいずれ
哀れな結末
を迎えることだけは
間違いないでしょう。

それでは、また来週!

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、米ワシントンポスト紙、
日経CNBCなど、世界的な経済メディアより
取材を受け、話題の企業ニュースに関する
見解・コメントを提供しております。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

最近の米経済指標は良かったり悪かったり
と、いわゆるまだら模様になっています。
それでもFRBのイエレン議長は米国経済は
緩やかに拡大しているという従来の見方を
変えておらず、単なる目先の調整とし、
年3回の利上げに引き続き前向きです。

ところがここに来て、利上げを急がない
方が米国株にとって良いとの見方が
出始めています。
このことは利上げが株式市場にとって
追い風というこれまでの見方が修正され
始めたことを意味しています。
しかしながら、このことは日本株にとって
も良いということになるのでしょうか。

日本株にとっては、米国経済の拡大
→数回の利上げ
→円安
→輸出企業の業績好転
→日本株高
というのが基本的なシナリオであり、従って、
米国経済の停滞や利上げ先延ばしは
決して好ましいことではありません。
このことが、世界の景気敏感株と
言われる日本株の上値の重さになって
いると思われます。

イエレン議長の強気の見方が裏付ける
までは、主力株は動きづらく、材料株
あたりでお茶を濁すことになるのでしょうが、
くれぐれも業績のチェックも疎かにしないこと
です。
材料株の高値掴みには処方箋はありません
ので。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近は震災復興需要を囃して、建設株の一部が人気になっています。
その代表的な銘柄であるピーエス三菱(1817)は年初200円前半の株価
が高値600円まで上昇しました。現在のような先行きが見えにくい相場
環境の中では、このような材料株が人気を集めることはよくあることであり、
個人投資家に元気を与えているのも事実です。

このような材料株に味をしめた向きは、1月22日の日本経済新聞に掲載
された“東電、スマートメーターを1700万世帯に導入”という記事にも素早く
反応しました。その筆頭である東光電気(6921)は20日の305円から23日
のストップ高を含め、2日間で433円まで上昇しました。ところが週末は
349円まで下落、まだ、結論を出すのは早いですが、“行って来い”の株価
を見ると2匹目のドジョウはいなかったということでしょうか。

材料株は売り買いの回転がうまくいき、その過程で空売りが急増すると
思いがけない大相場になることがあります。一方で、単なるムードだけ
買われ、あっという間に元の株価(場合によってはそれ以下)まで下がって
しまう銘柄も多数あります。ピーエス三菱のように何ら新鮮味がない材料
株は、市場の熱気が冷めて投資家が冷静になってしまうと、一転して誰も
怖くて買えなくなってしまうものです。

材料株は個人投資家にとって魅力的な対象ですが、当然ながら短期間で
リターンを狙うということはそれ相応のリスクもあります。従って、リスクを
避けるためには、材料株といえどもファンダメンタルズ(好業績、割安)
チェックが必要だということです。これを無視して熱くなると、四季報に掲載
されるような歴史的な高値掴みになりかねません。

ファンダメンタルズが良好なのになぜ株価が上がらないのだろうか?という
銘柄が結構あります。このような銘柄に材料が出て、そして人気がつけば
鬼に金棒だということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

皆さん、「BOP」という言葉をお聞きしたことがありますか。
BOPとは「Base of the Pyramid」の略で、世界の所得別人口構成
の中で、経済的なピラミッドの底辺を構成する最も収入が低い層
を指す言葉です。

このBOPに明確な定義はありませんが、国際金融公社(IFC)では
年間所得額が3,000ドル以下の層をBOP層と位置付けており、
世界で約40億人がこれに該当すると言われています。
これは世界の人口のなんと70%に当たります。

BOPビジネスとは、この層の生活水準や健康などの向上、また、
新たな雇用を生み出すことに貢献しながら収益を上げるものであり、
従来のCSR(企業の社会的責任)や慈善事業とは一線を画して
います。具体的には低所得層に安価な商品やサービスを提供したり、
また、買いやすいよう少量小分け販売したり、また、地元と共同で
生産の現地化を行ったりしています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

既に欧米では具体的な取り組みが始まっていますが、それに
比べて日本企業の出遅れ感は否めないのが現状です。ただ、
遅かれは早かれ、日本企業もこの市場に参入せざるを得なくなると
思います。因みに、BOPビジネスに関するある中堅証券会社の
レポートによると、

「BOPの全体的な市場規模は約425兆円、地域的な規模で見ると
トップはアジア・中東地域の約294兆円であり、また、ビジネス別
市場で見みるとトップは食品分野の約246兆円であり、・・・。」
要するに、
地域的には「アジア・中東」が、分野的には「食品分野」
圧倒的に大きいということです。

地理的条件や技術力、少量小分け販売などのきめ細かなサービス、
どう見ても日本企業に大きなアドバンテージがありそうです。
業績面での即効的な効果は期待できないかもしれませんが、
いずれ株式市場でもテーマになると思います。
そこで、BOP関連銘柄をチェックしてみたらいかがですか。
住友化学(4005)、二プロ(8086)・・・。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

連日の猛暑の中でアルコール抜きビールが絶好調だそうです
(※2010年8月14日現在)。
キリンHD(2503)はアルコールを含まないビール風味飲料
「フリー」の年間販売目標を、年初予定から約20%増まで
引き上げたと発表しました。サッポロHD(2501)もアサヒ(2502)も
同様の商品が好調であり、需要の衰退しているビール業界ですが、
猛暑の追い風に思わぬ恩恵を受けています。

猛暑の追い風を受けているのはビール業界に止まらず、
森永乳業(2264)や明治HD(2269)などのアイスクリームメーカー
ダイキン(6367)や富士ゼネ(6755)などエアコンメーカー、また、
ビックカメラ(3048)やヤマダ電機(9831)など家電販売店なども
恩恵を受けています。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄」をご紹介!
10%上昇した時点でサービスは終了、最長で3ヶ月です。
お客様の買い付け予定金額に合わせた銘柄をご紹介!
サービスのご提供は電子メールまたはFAXで。サービス詳細↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

冷却グッズも盛況のようで、花王(4452)、ライオン(4912)
なども恩恵組のようです。また、猛暑の恩恵は涼を求めて、
どうしても入りたくなるコーヒーショップなどにも及んでおり、
一方で、暑くて外にも出たくない家籠りも多く、スーパーや
コンビ二などの売上げにも好影響があるようです。

最近は世界景気の先行き不安や円高などで暗いニュースばかり
ですが、今夏の猛暑は特需を生み出しており、景気に貢献して
いるのかもしれません。そして、市場でも猛暑関連銘柄
囃されています。相場全体が低迷している中で猛暑関連という
材料株は格好のターゲットなのでしょう。

ただ、ここで気を付けなければならないことは、まもなく猛暑
は終わり、猛暑関連銘柄の人気も一気に衰えるということです。
相場は決して後ろを振り向きません。従って、これらの銘柄に
対しては早めの対応が必要だと思います。そして、より積極的に
対応するならば、猛暑の材料以外に何もない割高株ならば
売り建てしても面白いかもしれません。

それでは、猛暑の中、お体に気をつけて!また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

第1四半期決算の発表が終わりました(※2009年8月29日現在)。
その内容を見て、市場にひとまず安心感が拡がりましたが、
やはりもう少し様子を見たいという気分が強いようです。
7-9月期まで見れば、おおよそ今期の状況が掴めると
考えている機関投資家も多いようです。

このような環境の中、外国人の先物取引に振り回されている
相場が続いています。ただ、外国人買いが一服した時には、
材料株相場になる可能性が高いと思われます。現状では
国内に買いセクターがいないからです。テーマ的には冬に
向かって深刻化する可能性がある「新型インフルエンザ」
なりそうです。そこで、その関連銘柄をざっと見回してみると
以下のとおりです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
1.マスク素材(3107ダイワボウ、3109シキボウ、8113ユニチャームなど)
2.検査薬(4544みらかHD、6869シスメックスなど)
3.ワクチン(4061電気化学、4403日油など)
4.抗ウィルス剤(4519中外製薬、4568第一三共など)
5.医薬機器(6701 NEC、6849日本光電など)
6.殺菌、消毒関係(6328荏原実業、4912ライオンなど)

以上は東証1部の代表的な銘柄ですが、これ以外にも
関連銘柄もかなりあります。そして、その際の銘柄選び
ですが、業績面で即効的なインパクトがあることが理想です。
ただ、現実にはそのような材料株はほとんどありませんし、
また、材料株はファンダメンタルズ(業績や割安度など)が
それほど重視されるわけでもありません。むしろ、個人が
中心の銘柄ですので、信用残高など需給面が重要な要素
となります。
従って、株価の上昇に伴って、売り残が増えてくる銘柄
などが狙い目です。そして、人気という要素も大切です。

日経平均が戻り高値を更新している相場ですが、
個別銘柄ではなかなか儲けにくい環境でもあります。
インフルエンザ関連銘柄が物色されるのは決して良いこと
ではありませんが、個人投資家にとっては大きなチャンス
になるかもしれません。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

米オバマ新政権への期待を背景に、
環境・エネルギーなどをテーマにした相場が
昨年(※2008年)秋口から続きましたが、
その物色の範囲が東芝まで拡がったことにより、
ひとまず、一服する形になりました。

東芝(6502)はリチウムイオン電池や太陽光発電
など環境・エネルギーに関する材料がはやされ、
年初から大商いを伴って急伸しました。
ところが、世界的な景気悪化の中で、
主力である半導体、液晶等が
急激な価格低下や需要減速に見まわれ、また、
円高などもあり、2,800億円の営業赤字に転落
するとのことで、
瞬く間に急落するは羽目になりました。
株価を決めるのはテーマや材料よりも、
業績だ
ということをマーケットが如実に見せ付けた
格好となりました。

しかしながら、現在(※2009年2月現在)のような
市場全体が手詰まり感を強める中では、銘柄選びに際して、
テーマや材料も決して無視ができない
のも事実です。
ただ、重要なことは、
テーマや材料が実際の業績に如何に
反映されるのか
をよくチェックしてみることだと
思います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
成功報酬型> 5000円で「渾身の1銘柄」ご紹介
3ヶ月間で10%以上値上がりした場合、成功報酬は10000円
シンプルな成功報酬コースです。詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================
先日のリチウムイオン電池に関する記事
(1月29日日本経済新聞掲載)の中で、
三井造船(7003)が生産する正極材材料は
1~2年の電池の寿命を10年以上引き延ばすことが
できる新開発であり、
2~3年後には年10~20億円の事業規模を目指す
ということでした。
しかし、よくよく考えてみれば、
三井造船は年間7,000億円もの売上があり、
10~20億円程度では数の内にも入らないのです。
従って、他の要素はともかく、
この材料に限って言えば、当面は殆ど妙味がない
ということです。

テーマや材料から銘柄を選ぶ場合は、
どうしても中小型株になりがちですが、
それは業績に与えるインパクトが大型株に比べて
格段に大きいからです。
そして、材料株については、イメージだけで判断せず、
その材料が
いつ、どの位の規模で業績に貢献するのか
を具体的に調べてみることが大切です。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週6日(※2006年9月)に秋篠宮妃紀子さまが
男児を出産されました。
男性皇族の誕生はなんと41年ぶりだそうです。
暗いニュースが大変多い昨今ですが、
久し振りに明るいニュースでした。

ところで、紀子さまのご出産を材料
ピジョンやコンビなどの赤ちゃん関連銘柄が人気化し、
株価も大分値上りしました。
しかし、ご出産の直前に高値をつけ、
その直後に急落しました。
コンビに至ってはあっという間に25%の下落です。
典型的な材料出尽くしとなってしまいました。

このように材料で人気化した株は
材料が出た時点で高値を付けて終わり
になるのが常です。
早くから手掛けてきた向きは早めに手仕舞い売りを出し、
更にしたたかな向きは一転売りを仕掛けて
次の儲けを狙いにいくのです。
従って、
最後に高値を掴んだ向きは、言葉は悪いですが、
ババを掴んだということになります。
ババはいつまでも持っているものではありませんので、
いずれ投げざるを得なくなってしまうのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
ピジョンやコンビなどは幸い業績的な裏づけもあり、
また、新政権が抜本的な少子化対策でも打ち出せば
中長期的には戻りも期待できるとは思いますが、
いずれにせよ、今回の勝負は終わった
と見て間違いないでしょう。

そもそも
材料で株を買う
ということは、
やさしいようで決してやさしいことではありません。
今回は材料が出る日が明確でしたが、
いつもそのようなことではなく、
材料を織り込んだのか、織り込んでいないのか、
判断に迷うケースが多いのです。
そして、判断するにも客観的な基準があるわけでもなく、
主観的な判断に頼らざるを得ないのです。

株式投資で儲ける
ということは
誰かが自分の買値以上の高値まで買ってくれる
ということを意味します。
万人が知っているような良い材料で株価が上昇し、
万人がハッピーになるなどということは
株の世界ではない

と知っておくべきでしょう。

今回の国民的な慶事、株式投資と切り離して、
素直に喜べばよいのではないでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年間 52,500円
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5銘柄程度で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。
推奨銘柄に関するご質問は、会員様専用アドレスへどうぞ。
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html