☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今月14日(※2009年10月)にNY市場は約1年ぶりに
1万ドル大台を回復しましたが、その後は波乱含みの動きと
なっており、昨日は249ドルの急落となりました。
9月の個人消費支出がマイナスになったことがきっかけの
ようですが、ただこの数字は市場の予想通りですので、
何か違う要因があると考えた方がよさそうです。

さて、国内企業の中間業績発表が進んでいますが、
その内容はほぼ予想通りと言えましょう。
これらに対する市場の反応を見てみると、既に買われた
銘柄の中には、かなり良い数字であっても反応せず、また、
材料出尽くしから売られるものも結構あります。ただ、
これからの銘柄選びには増益銘柄を外してはあり得ない
のも事実です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型>6ヶ月 または 1年間  
運用金額 1,000万 3,000万 5,000万円 
こちら以上または以下の運用金額も歓迎です。ご相談下さい。
当社では、銘柄選択の際は企業にインタビューを行っております。
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================
ここで、基本的なことですが、業績をどの数字で捉えるかに
ついて触れたいと思います。
新聞などでは純利益ベースで増益減益を捉えている記事も
多いのですが、「純利益」には一過性の特別損益が含まれて
おり、必ずしも業績の実体を表しているとは言えません。また、
純粋な本業の利益である「営業利益」で見るべきとの意見も
ありますが、株価を決める要因には当然財務的な要素も
含まれますので、
営業利益に財務活動で発生した損益を加減した「経常利益」
で見るのが妥当だと思います。

さて、今回の中間業績で当初予想より増益になった銘柄に
ついて、その要因を分析してみると、その多くがリストラ効果です。
リストラ効果は決して評価に値しないわけではありませんが、
それだけが増益理由というのでは、買い銘柄としては
物足りません。

そこで、増益要因をリストラ効果だけではないと判断する
数字が「売上高」ということになります。
売上高についてはやや疎かにしがちですが、
細工しにくい数字だけに今のような時期は注目すべきだと
思います。
売上増銘柄については、その要因を調べてみれば
かなりのことまでわかる筈です。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト
前回まで「PER」と「PCFR」のお話しをしてきましたが、
今回は利益系の割安指標の最終回として、
「経常利益/株価」「純営業利益/株価」
の2指標を紹介します。

さて、「経常利益/株価」は文字通り、
経常利益株価
を比較した指標であり、
一般的には「経常益回り」と呼ばれ、
各企業の1株当り経常利益を株価で割り、%単位で
表示されます。

「経常利益」は、
会社が
通常の企業活動を行った結果として得られる利益」
であり、
経営成績を示す代表的な利益です。
具体的に言うと、「経常利益」とは
純利益に一時的な損益である特別損益や税金など
差し戻した段階の利益

です。
企業の増益や減益という場合は、この経常利益ベース
で行うことが一般的です。
減損会計による資産の再評価や反対に資産の売却益などは
あくまでも一時的なものであり、
企業活動の実態を把握
するには、
「経常利益」の方がより好ましいと言えるのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が活用する8指標用語解説
はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/description.htm
本日の講座を読み終えた頃には、
3番目の「純営業利益/株価 (EBITDA回り)」
の解説内容が既に身に付いているでしょう。
だんだん難しくなってきましたが、ここで一度覚えてしまえば
今後にわたって役立つと思います。
=======================================
次にかなり専門的になりますが、
「純営業利益/株価」について触れておきます。
純営業利益とは
EBITDA
と呼ばれ、
純粋に営業活動によって得られる利益」
であり、
金融収支や借入金、資本金の大小の影響を受けない
利益です。
また、
減価償却費(前回で説明)を差し引く前の利益
であり、設備等の償却資産の大小の影響も受けません。
従って、
当該事業そのものの本来の利益
であり、
M&Aの専門家の間ではこの純営業利益がよく使われます。

それでは、これまでの講座のまとめです。
1.「PER」「PCFR」「経常利益/株価」
「純営業利益/株価」の4つの利益系の割安指標を見てきたが、
これらの指標は過去の長いデータからみて大変有効な指標である。
2.この4つの割安指標の中でどれを重視すべきは、
業種や景気動向、各企業の業況、決算処理対応などで違うが、
まずは「PER」をチェックすることを基本とし、次の段階で
他の指標を見るということでよいと思う。
理由は「PER」がグローバルベースで最も注目されている指標
だからである。

なお、指標間の重要度をいかに判断するかについては、
この講座の後半(全20回)で説明します。
次回からは、利益系以外の割安指標の講座に入ります。
それでは、また来週お会いしましょう。

■実体験コーナー
重電の代表格である日立と東芝について、
直近の4指標の水準を見ると、(2005年9月現在)
PERは東芝が割安、その他の3指標は日立が割安です。
日立はリストラ費用が重く、「純利益」を圧迫している
のではないかという見方ができれば、もう本物のプロ以上です。

6501日立の4指標を見る。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi06data.asp?sc=6501
6502東芝の4指標を見る。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi06data.asp?sc=6502
(当社ソフト「銘柄発掘ナビ個別株チェック無料サンプルより)

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読
(殿堂入りしました)↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html