☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

東証1部のリンクアンドモチベーショ(2170)は
組織・人事に関する経営コンサルティングや
研修などを行っている会社です。
同社の株価は好業績や“働き方改革”などを
材料に、今年2月安値97円から11月には
4倍強の高値411円まで急上昇、まさに
今年の出世株のひとつです。

実は12月8日付の日本経済新聞が同社の
来期(2017年12月期)について、
「営業益30億円弱に」という見出しの観測記事
を掲載しました。
この記事を読んだ時にいよいよこの銘柄は
潮時だと感じました。
ところが意外にも8日の寄り付きは買い物に
なり、前日比22円高の395円まで買われ
ました。

しかしその理由が直ぐにわかりました。
営業益30億円弱というのは同社が来期から
移行する国際会計基準(IFRS)に基づいた
数字ですが、そのことを考慮に入れず、
単純に今期の18.6億円から30億円弱に
なると勘違いした向きがいたのかなと。
確かに18.6億円から30億円弱になるなら
ストップ高になっても不思議ではない
レベルです。

ところが、当記事の中でも書かれているように、
この30億円弱は国際会計基準ベースの
今期予想に比べた場合は約10%強の増益
に過ぎないということです。
成長株を旗印に急伸した株が、増益率は
10%程度ではいかにも迫力不足の感は
免れません。
従って、冒頭の「そろそろ潮時」と感じた次第
です。

結論を言えば、会計基準変更が利益を
押し上げたとしても、当然ながらそれは
評価の対象にならないということ、そして
もう1点は成長株を旗印に急伸した銘柄は、
たとえ増益でも“増益率”が落ちた時
相場は終わるということです。
それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)
当社では約1~2ヶ月で株価が下がると見込まれる
「今だ!空売り銘柄」を会員限定でご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2016年の空売り推奨実績
===========================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

7月19日、当社では会員向けにホシデン(6804)
を798円で空売り推奨しました。
その理由は2点あります。
同社株はポケモン関連で急騰していましたが、
この人気は長続きするはずがないと考えたこと、
もうひとつは会社の為替の前提が大変甘く、
今後為替差損が大きく膨らむと見たからです。

まず人気面ですが、歩きスマホが社会問題化
している中で、「ポケモンGO」のように歩きスマホ
を増長するゲームが世の中に受け入れるはずが
ありません。
既に禁止すべきとの声もあちこちから上がって
います。
やっている本人は夢中ですが、第三者から見れば、
バカそのものにしか見えません。

次に為替差損の件ですが、ホシデンの今期の
為替の前提は1ドル=112円です。
そして、1円円高で2.5億円の営業減益になります。
従って、もし105円だとすると為替差損は17.5億円
となります。
今期の会社予想利益は22億円ですからその
80%が為替差損ですっ飛ぶ計算になります。

しかも悪いことに、26日に三菱UFJMS証券が
ポケモン人気を追い風にホシデンの今期利益は
倍になると予想、目標株価を700円から1,240円
引き上げました。
これを受けて、個人投資家の大量買いが入りました
が、この時点で信用買いした向けは既に追証
心配しているはずです。

結論を言えば、反社会的な商品やサービスは
長続きせず、所詮短命で終わるということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)
当社では約1~2ヶ月で株価が下がると見込まれる
「今だ!空売り銘柄」を会員限定でご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2016年の空売り推奨実績
===========================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

今年の相場は買いだけではなかなか
成果が上がらないという ことで、
空売りを行う投資家が増えてきています。
本日は、 空売り対象銘柄とその特徴に
ついて述べたいと思います。

ケース1.
業績は好調だが、実体以上に株価が
上昇
している銘柄→業績が好調だけに
目先の調整程度に止まりやすく、
大きく下げないケースが多い

ケース2.
業績が悪いにも拘わらず、空売り残の
増加
などで株価が高値にある銘柄
→空売りの買い戻しが進めば地相場
(妥当な株価)になるケースが多い

ケース3.
業績の裏付けもなく、不確実な材料
囃して買われ た銘柄→強力な仕手筋が
絡んでいない限り、やがて下落する ケース
が多く、効率的に儲けやすいケースである

ケース4.
信用の買い残が多く、かつ信用倍率が
高い銘柄
→特段好材料がない限り、
信用期日に向けて下落するケース が多いが、
売買高の多寡には注目すべき

ケース5.
テクニカル面で下値抵抗ラインを切って
きた銘柄→この指標だけで判断するのは
不十分、上記の要因なども絡めて活用する
のが良い

“高くなったから何となく空売りする”
というやり方には リスクがあります。
まず、「なぜ、高くなっているのか?」を
しっかり分析することが大事です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)
当社では株価上昇の理由をしっかり分析し、
空売りするに相応しい根拠ある銘柄をお奨めします。
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2015年の全空売り推奨実績
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

当社のサービスである「信用空売り型」は毎週1銘柄、タイミングを見ながら
空売り推奨させていただています。空売り推奨銘柄は今年の年初から7月
末までで合計30銘柄になりましたが、その全パフォーマンスを検証・分析し
てみたいと思います。

全銘柄の平均下落率は-19.5%です(推奨時から3ヶ月以内)。月別では、
1月は-8.4%、2月は-24.3%、3月は-24.1%、4月は-22.6%、5月は
-18.6%、6月は-21.3%、7月は-16.3%でした。1月の下落率が低いの
は年初から3月まで上昇相場だったためですが、それ以外の月はほぼ同じ
ような下落率です。いつでも空売り対象銘柄はあるということです。

個別銘柄で見ると、下落率の大きい上位銘柄は、トップが-45.3%の関西
電力(9503)、以下、-44.3%のサクサHD(6675)、-35.5%の日本電工
(5563)、-34.4%のサンケン電気(6707)、-33.2%のリコー(7752)、
-32.8%のシャープ(6753)、-32.8%のディー・エヌ・エー(2432)、そして
-32.5%のトプコン(7732)などです(※いずれも推奨から3ヶ月以内の
下落率)。これらの売り根拠は、予想以上の業績悪化であり、会社が
下方修正を発表してから空売りしても、十分間に合った銘柄も結構あり
ました。

一方、下落率の小さかった銘柄は食品株や通信・情報株など比較的業績
が安定している内需株であり、また、信用売り残が多い好取組銘柄も下げ
渋りました。

以上のように、今までは景気敏感株が売られ、内需株が比較的しっかりした
動きでしたが、今後もこのような相場が続くかはわかりません。米中の景気
次第では景気敏感株が買われる展開もあるでしょうし、反対に更に売られる
こともあるでしょう。

従って、空売り銘柄を選ぶには、まず相場の大きな流れを捉えること、そして
業績面などのファンダメンタルズをきちんとチェックすることが大切です。どの
ような地合いでも、空売り対象になる銘柄はあるのですから・・・。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
<信用空売り型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_short.htm
<信用空売り型>Q&Aはこちら
http://value-search.co.jp/Q&A2.htm#question4
当社の全空売り銘柄の実績、「下落率のパフォーマンス」
はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 生きた証券用語辞典
株式投資にすぐに役立つ最新のキーワードを随時登録し、
”生きた辞典”を作ります。
空売り関連のワード
・「空売り」とは?
・「信用取引」とは?
・「信用残(買い残/売り残)」とは?
・「信用倍率」とは?
・「逆日歩」とは?
新聞やニュースの見出しを併記し、実践的な用語解説を心がけます!
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週は日本柔道男子の金メダルゼロが話題になりましたが、国技である
大相撲が長い間、外国人力士に牛耳られている姿を見れば、大いに予想
されたことです。勝手に期待しておいて、負ければ手のひらを返したよう
に厳しく批判、これでは選手もたまったものではありません(※2012年
8月4日現在)。

ところで、昔から、“信用取引の「空売り」はリスクが大きいので上級者以外
はやってはいけない”と言われてきました。買いの場合の下落幅は最悪でも
1円までですが、空売りの場合は、株価に上限がありませんので、損失が
青天井になるということです。

しかしながら、現在の株式市場は買いだけですっきり儲けられる相場とは
程遠く、やはり空売りもうまく絡ませながら、柔軟に対応することも必要
だと思います。幸い、ネット証券では少額でも空売り取引が可能ですし、
また逆指値のようなシステムも充実していますので、初心者でも参入
しやすい
環境になっています。

但し、使い方を間違えると大きなリスクを負うことになりますので、空売り取引
を行うには、以下のようなルールを自ら課すことが不可欠だと思います。

1.ロスカットルールを作り、これを厳守する。負け戦を認めず、売り乗せする
  ことでよい結果が出ることはほとんどない。
2.空売り材料は業績悪や割高感などのファンダメンタルズに着目すべきで
  あり、テクニカル面や一過性の材料だけで安易に売らない。
3.わけもなく上昇している銘柄を値ごろ感だけで安易に売らない。上昇して
  いるのは何らかの根拠があるはずと考える。
4.売り長の銘柄には気をつける。これらの銘柄は下げ渋ることが多いし、
  また、逆日歩のリスクもある。
5.倒産しなければ買い戻せないような超低位株は避ける。


などでしょうか。長期投資という言葉が死語になりつつあるように、株式投資
の常識も時代ともに変わっていくということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の全空売り銘柄の実績、「下落率のパフォーマンス」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

大手銀行が15~18年もの間、法人税を納付していなかったというニュースに
驚いた方も多かったと思います(※2012年5月12日現在)。銀行の
不良債権処理を支援するため、国は長期に亘って超低金利政策を維持、
銀行が何もしないでも利ザヤを稼げる仕組みを作ってやったわけです。
その絶大な恩恵を受けた彼らが、自力で必死に生きている零細・中小企業に
対して、偉そうに指導している様を見ると、何とも滑稽であり、また
腹立たしくもあります。

ところで、空売りがなかなかうまくいかないという相談をよく受けます。経験者
ならおわかりだと思いますが、売りは買いよりも数段難しいのは事実です。
空売りした銘柄の株価が上昇すると心理的に大きな負担となり、なかなか
冷静な判断ができなくなってしまうのです。

そこで、売り建て玉の対応について、以下のようなアドバイスをしています。
1.損切りライン(10から15%程度)を設け、そのラインに達したら自動的に
買い戻す(但し、買い建てのヘッジならばこの限りではない)。
2.株価が上昇しても売り乗せは決してしない
3.信用の取組状況を絶えず把握しておく。売り残高の多い銘柄はなかなか
下げないが、取組みの変化により、一気に下げることが多い。

こんなところでしょうか。1と2については意地を張らず、時には負け戦として
潔く認めることも必要だということです。なお、“空売り銘柄の選び方”について
はいずれの機会に書かせていだきます。

因みに、当社の空売り銘柄は”翌日の寄り付きで売ってもよい”というタイミング
で推奨させていただいていますが、お客様の中には、当社の推奨した空売り
銘柄を直ちに売らず、ひとまずリストを作成し、その中から上昇した銘柄のみ
空売りする
というやり方でうまくやっている方もいます。なかなかよいやり方だ
と思います。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の全空売り銘柄の実績、「下落率のパフォーマンス」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html