FC2ブログ

先に調整に入った銘柄から出直る!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

先日、米連邦準備理事会のバーナンキ議長
がわが国の金融政策について、
「為替目的ではない」
「デフレ脱却を目指す試みを支持する」
と異例の発言をしました。
この発言は現政権を大いに勇気づけるもの
だと思いますが、何よりも日本経済の復活
米国経済にとっても不可欠なことであると
いうことでしょう。

ところで今週の2月25日に日経平均は
11,600円台を回復、2008年9月以来、
約4年5ヶ月ぶりに最高値を更新しました。
ところが2月の中旬以降、利益を出しにくい
状態になっています。
その理由は、輸出関連株や金融株などは
大方の主力株は1月から2月半ばにかけて
直近の高値を付けてしまっているからです。

個別銘柄で見ると、三井住友FG(8316)や
みずほFG(8411)などメガバンク株は
2月12日に直近の高値を付けています。
トヨタ自動車(7203)も同じ日が高値です。
パナソニック(6752)、ソニー(6758)
は2月7日、清水建設(1803)や
鹿島(1812)など財投関連株は1月中旬が
高値になっています。
従って、円安メリット株や金融緩和メリット株
など“アベノミクス”関連株は既に調整に
入っているということです。

ただ、ほとんどの業種に物色対象が拡がって
いるため、先行した主力株は一休みしている
にも拘らず、日経平均だけは高値を付ける
という現象になっています。
従って、日経平均だけ見ていると、高くなって
買いづらいと思っている投資家も多いと思い
ますが、個別銘柄で見れば、かなりの
値幅調整をしている銘柄も結構多いのです。

今後の動きについては、一足先に調整に
入った主力株
から出直ってくると見てよい
でしょう。
例えば、キヤノン(7751)は1月4日に
高値3,475円を付け、既に2ヶ月間の日柄調整
をしており、調整幅は8%程度と程よいレベル
です。
今は森の動きに惑わされることなく、
一本一本の木をしっかり見る時期だと思い
ます。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
バリューサーチ投資顧問のロングショート戦略!
週1回、類似業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

安倍相場を歴史的視点から見る!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

証券会社出身の筆者の周りには相場自慢の
人たちがたくさんいます。
ただ、多くの人たちがITバブル崩壊で大きく
傷つき、またリーマン・ショック後の低迷相場
で自信を喪失しており、今回の上昇相場に
乗り遅れた人が多いのが実情です。
豊富な経験が却って目先のことばかりに拘る結果
となり、今回の上昇相場に疑心暗鬼になった
のでしょうか。

このことは、学者や評論家にも言えます。
“アベノミクス”に対してその反動がどうだ
とか、後ろ向きの発言ばかりが目立ちます。
そもそも毅然と政策を遂行するならば、
それに伴う副作用があるのは当然です。
その副作用を覚悟の上、しっかり優先順位を
つけて政策遂行
するのが政治です。
無論、その副作用をできるだけ小さくする
のも政治です。
学者や評論家が言うように、政治には
八方美人などあり得ないのです。

同じような発言ばかりで飽き飽きしている
中、注目すべき2つの発言がありました。
ひとつは某テレビ番組で何人かのコメンテーター
がアベノミクスの副作用をひとしきり指摘
したあと、最後に『コリア・レポート』
編集長の辺真一氏が、
「アベノミクス、いいいじゃないですか。
日本人はこの20年間、完全に自信を失って
います。このような政策で自信を取り戻す
ことが必要なのです。」
という趣旨の発言したことでした。

もうひとつの発言は、
「日本は失われた20年間の間に、
雇用、設備、債務という3つの深刻な過剰に
対して、賃下げ、設備償却、そして
不良債権処理という形で着実に対応してきた。
今や日本経済は世界で最も優位な位置におり、
日本が歴史的な転換点に立っているのは
間違いない。」
という趣旨の発言でした(日本経済新聞)。

この2つの発言の共通点は、目先のことよりも
何十年という
長い歴史的な視点から“日本”を見ている
ことです。
今回の上昇相場もこのような視点から捉えたら
いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
推奨銘柄に関するご相談はメールにて回答中!
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース