株式相場全体は上下のブレが少ないこう着状態にありますが
このような時はあまりドタバタせず、割安株をまくらに高いびき
と決め込んだらいかがでしょうか。
きっといい結果が出ると思います。
ところで本日のテーマは、
「PER20倍について考える」
です。

まず、ご承知のとおり
PERとは、株価が利益の何倍になっているかを表した数値
であり、
株価÷利益
で求められます。
現在(※2005年2月26日時点)、
東証1部銘柄の平均PERはおおよそ20倍
です。
現時点において、この水準が高いか安いかと問われると、
なかなかピンと来ない人が多いのではないでしょうか?

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
この問いに答えるには、PER算出式の分母と分子を反対にし、
利益÷株価
で求められる「益回り」という数字が便利です。
「益回り」という言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
現在の株価で投資した場合、
当該企業が何%の利益を投資家にもたらしてくれるかを
示す数値

であり、知っておくと大変役に立ちます。

具体的には、
株価が600円、1株利益が30円としますと、
PER600円÷30円=20倍
となりますが、
益回り」は30円÷600円=5%
ということになります。
企業が合理的に活動をするならば、この5%
配当金や株の値上がり益という形で投資家にもたらされる
ことが期待できます。

このように考えますと、
益回り5%

現在の10年国債利回り約1.4%

1年大口定期預金金利の0.034%
比較でき
現在の株価水準の議論がしやすくなります。

厳しいリストラを経て筋肉質になった財務体質、
過去最高決算を更新中の企業業績、そして
世界的な景気の堅調ということを考えますと、
企業の収益動向に左右されるという多少のリスクを考えても、
5%の益回りは株式投資をするには大変魅力的な水準
と言えるのではないでしょうか。

今期5%以上の益回り(PER 20倍以下)水準が見込まれ、
かつ2%以上の配当金を出す会社
がわが国の上場銘柄の中で320銘柄ほどあります。
あまり難しく考えず、
このような銘柄を投資対象としていくことも、
銘柄を選択する上で効率的な方法といえます。

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って
益回り5%以上(PER 20倍以下)配当利回り2%以上の銘柄
を探してみてください。
対象銘柄は日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel1.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資に
ついての考え方がよく分かります。「割安株を探そう!
10分間投資講座
」こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト
最近、ニッポン放送株をめぐってライブドアとフジテレビとの
対立が激しくなっていますが、どちらが勝つかはともかく、
経営者が隙をみせれば乗っ取りの憂き目にあう時代になった
ことは間違いないでしょう。
ちなみに東証1部で、
PBRが1倍以下(資産額より株価が低い)の銘柄
が、なんと470銘柄あるのです。
投資家にとってもこんなチャンスはありません!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
さて、今日はPBRのお話しではなく、「売上高も重視しよう!」
というテーマです。 

企業の四半期ごとの決算発表が一般的なことになり、投資家に
とっては以前にも増して業績動向に注目せざるを得ない状況に
なっています。
ましてや今3月期(※2005年)のように景気が踊り場の局面に
あっては、ますます個々の企業の業績が気になるところでしょう。
 
さて、業績をみて銘柄を選択する際には、どうしても利益の伸び
ばかりに目が向いてしまうものです。
このこと自体は大変重要なことであり、もちろん間違いでは
ありません。
しかし、企業によっては、本業とは関係のない損失や利益が
発生し、それを計上しなければならない場合もあります。

また、収益環境の変化やビジネス計画の見直しにより、各企業は
許される範囲内でコストの発生時期を早めたり、遅らせたりもします。
簡単に言えば、
利益は業績の実態とかい離してしまう場合もある
ということです。

その点、
「売上高」は利益よりも調整をしにくい数値
であり、
当面の本業の好不調、中長期的の成長力を正直に表す数値
ですので、
投資判断の際にはおろそかにすべきではないと考えています。
もちろん、細かいことを言えば、企業が無理な売上げを作って
いないかを見ることも必要かもしれませんが、会計士のチェックも
厳しくなった昨今、あまり神経質になることはないでしょう。

是非、
銘柄選択の際には、「売上高」も重要なチェック項目の1つ
として加えていただきたいと思います。
ちなみに売上高(予)については会社情報会社四季報で簡単に
調べられますので、チェックしてみてください。

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」無料サンプルを使って増収(売上げ増)の銘柄
探してみてください。対象銘柄は日経225採用銘柄です。
こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel0.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資についての考え方がよく分かり
ます。「割安株を探そう!10分間投資講座」こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html


皆さん、株式投資の成果の方はいかがですか。
あまりいい結果が出ていなくとも当メルマガが応援しますので、
あきらめることなく、こつこつと投資の基本を学んでいけば、
必ずや大きな花が咲くと確信しています。

さて、今日は
PERやPBRなど指標を利用して投資判断する際に
大きなヒントになるお話

をしましょう。 

各銘柄の割安度をPERやPBRといった指標で判断する際に
注意しなければならないことは、
業種によって指標の平均値が大きく違う
ということです。
2005年1月末現在のPERでいえば東証平均は18.6倍ですが、
最もPERが低い海運業では9.3倍
最も高いサービス業では34.8倍(水産・農林業は除く)
と、こんなに大きく違うのです。

例えば海運業に属するある銘柄のPERが12倍としますと、
市場全体の平均値である18.6倍と比較すれば割安かも
しれませんが、
同業種の平均値である9.3倍と比較すると割高
ということになります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
割安度を判断する場合は、
業種ごとに行なうのが正しいやり方
です。
類似した企業同士の比較(同一の業種内)で割安な銘柄
を選択することが重要

であり、市場平均や他業種と比較しても十分とは言えません。
フライ級のチャンピオンとヘビー級のチャンピオンを比較して
どちらが強いか、と議論しても意味がないのと同じです。

そして業種ごとに割安度を判断するには常に
業種ごとの最新データを手元に持っていることが必要
になります。
当社のホームページ「業種ごとの割安指標」の画面では
月末ごとにデータを更新していますので、是非ご活用ください。

■「業種ごとの割安指標」はこちら ↓
http://www.value-search.co.jp/hint.htm

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って
割安株を探してみてください。
8つの割安指標へのウエイト付け
による方法です。対象銘柄は日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資についての
考え方がよく分かります。「割安株を探そう!10分間投資講座
こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

今年(※2005年)は、
企業の経営政策や配当政策に着目すること
が株で儲けるうえで大きなヒントになるように思います。
既にその動きは市場に顕著に現れています。
日経平均の緩慢な動きを尻目に、
予想配当利回りが高い株式や手元にキャッシュを多く
もつ企業の株価が着実に上昇
しています。
その理由を以下のように考えています。

1.国内企業全体での利益は過去最高水準余裕資金は潤沢
にあるということ

2.株主重視の姿勢の高まりを背景に
企業は配当や自社株買いで報いるのか、それとも買収など
積極的な経営姿勢で臨むのかの選択を迫られている
こと

3.ペイオフ解禁、超低金利を背景に、
個人投資家中心には預貯金金利との対比で株式配当に
スポットが当てられている
こと

この動きは今後しばらく継続するというか、ますます顕著に
なるであろうと予想しています。いずれにせよ、
数値のチェックが今までになく重要な時代を迎えたといえます。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
それでは当社のスクリーニングソフトである「銘柄発掘ナビ
を使って、実際に銘柄を探してみしょう。今回は、
配当利回りが2%以上で、今期および来期とも増益率が
マイナスでない

という条件でやってみましょう。
下方の「銘柄発掘ナビフリーセレクト
アクセスしてみてください。

「市場」「規模」「業種」のチェックはそのまま動かさず、
「条件設定へ」のボタンを押してください。画面が替わります。

<以上>と<以下>2つの空欄がありますが、
配当利回り(予)の<以上>の空欄に2と入れ、増益率(今期)、
増益率(来期)の<以上>の空欄に、ともにゼロ

と入れます。そして
下の「結果を見る」のボタンを押してください。出ましたね。
日経225採用銘柄から数銘柄。その中で当社の基準で判断する
と割安な銘柄は日本精工(6471)(※2005年2月7日現在)ということ
になります。

■「銘柄発掘ナビフリーセレクトはこちら ↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel0.asp

ところで銘柄をスクリーニングする際に大事なことは
最新のデータ(予想値)を使用することです。
古いデータでスクリーニングすることは、間違っている
教科書で一生懸命勉強するようなものですから、
気をつけてください。

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って割安株を
探してみてください。
8つの割安指標へのウエイト付けによる方法です。対象銘柄は
日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資に
ついての考え方がよく分かります。「割安株を探そう!
10分間投資講座
」こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

皆さん!
株で儲けたいけど損もしたくない。そうお思いになるのは
当然ですが、そんなうまい話は株の世界ではありません。
しかし、
リスクが小さくあまり時間をかけずに勝負できる銘柄
を探すことはできます。

私どもバリューサーチ投資顧問株式会社は、
割安株に投資すること
がリスクが小さく、最も効率の良い投資方法と考えています。
割安株とは単に株価が安い銘柄のことではなく、
その企業の利益や資産額、配当金などと比べて
株価が出遅れている、または下げ過ぎている銘柄

のことをいいます。

ところで割安株への投資は時間がかかるという声をたびた
び耳にしますが、必ずしもそうではありません。割安株に
タイミングの要素を加えれば投資効率は格段に向上
します。

しかしながら、いざ割安株を探すとなるとそんなに簡単な
ことではありません。当社では、
プロのノウハウと最新のデータ、そして当面の投資環境
の分析
に基づき、全上場3700銘柄の中から割安銘柄を
探しています。

当メールマガジンでは、
当社独自の手法とテクニカル面や市場人気などにも考慮し、
割安株の探し方について実践に役立つワンポイント

を掲載していきますので、ご注目ください。

高度成長期を過ぎ、企業業績が安定したわが国のような成
熟経済においては、
割安株が相対的に有利であることは周知の認めるところです。
さらに、世界的に見て割高感が解消したPERの水準、
今後重要視されるであろう配当利回り、株式式交換型M&Aの
解禁など、今年は割安株が活況を呈する条件がまさに整っています。
また、企業の体質改善が進み、以前に比して割安銘柄が
増加しているということも
割安株投資にとって追い風といえましょう。
それでは、当メルマガを今後ともよろしくお願い致します。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
☆プロのノウハウで簡単にできる割安株の探し方

■なぜ8つの割安指標を活用するのか?
当社では割安銘柄を探すために8つの指標を活用しています。
この8つの指標がいかに有効であるかは次の数字を見て
もらえばわかります。
この数字は、各指標の割安度上位20%の銘柄を月次で
買い付けた場合の過去10年間の運用成果を示しています。
同期間の株式市場全体の運用成果である22.96%という
数字と比較してもらえば、
その有効性は一目瞭然といえます。

○当社が使用する8つの指標とその有効性
1.PER(株価収益率)・・・80.16%
2.経常利益・・・・・・・・・80.87%
3.純営業利益・・・・・・・・98.52%
4.PCFR・・・・・・・・・79.52%
5.PBR・・・・・・・・・122.25%
6.配当利回り・・・・・・・ 66.71%
7.株価逆張り(3ヶ月)・・・107.57%
8.株価逆張り(36ヶ月)・・ 47.99%

しかし問題は8つの指標をどのように活用するのか
ということです。当社では8つの指標に
その時々の重要性に応じたウエイト付けを行い、
効率的に割安株を探すソフトを既に作成済みです。
このソフトの便利さを次の実体験コーナーで是非お試しください。
まさにプロのファンドマネジャー気分が味わえます。

■実体験コーナー
まずは当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って
実際に割安株を探してみてください。
対象銘柄は日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安指標につ
いての考え方がよく分かります。
割安株を探そう!10分間投資講座」こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html