☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近、
PFERという指標
が注目されているようです。
PFERとは、簡単に言えば
PERに成長率(増収率や増益率など)を合わせた指標
です。
当社では長い間
有効性が確認されている指標、即ち
PER、PBR、配当利回りの基本3指標に
経常利益/株価、EBITDA、PCFR、
そして
テクニカル指標として3ヶ月の株価変化率、
36ヶ月の株価変化率を加えた
8つの指標
を用いて割安株の判定を行っていますが、
「増益率」の要素は入れていないのですか
という質問がよくあります。

もっともな質問なのですが、実は
東証1部約1,700銘柄を
「増益率」の高い順に5つ銘柄群にグループ化し、
そのパフォーマンスを検証してみますと、
過去の20年間および10年間の両期間においては、
皮肉なことに
増益率の最も悪いグループが最もパフォーマンスがよい
という結果が出ているのです。
「増益率」について
無論重要なファクターとしてチェックしますが、
絶対的な条件にはしていない
のです。
最もパフォーマンスがよい銘柄群を排除してしまう
リスクがあるからです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
ところが最近、「増益率」のこのデータに
明らかに変化があります。
ここ1年間(※2006年4月現在)で見ると、
増益率が最も悪い銘柄群が最も低いパフォーマンス
になっているの
です。
そして増益率が最も高い1番目と2番目のグループが
高いパフォーマンスを示しています。
当たり前と言えば当たり前ですが、
この様にはっきりとデータで検証されるのは
この20年間で初めての現象なのです。
従って、冒頭の
PERに成長率を合わせた指標であるPFER
のような指標が注目されて来ているのです。

業績相場の色彩が一段と強くなっている現在、
どんなに割安でも業績が前期比でマイマス
になるような銘柄には
手を出さない方がよい
ということでしょう。
その考えに従えば、
昨年の相場の主役であった鉄鋼株については
今後はあまり期待できないということになる
のかもしれません。
増益率が非常に高くて割安に放置されている銘柄は
まずありえませんので、
増益率と割安度の2つの要素
をバランスよく考慮した銘柄選びが求められる
ということです。

来週はゴールデンウィーク中ですので、勝手ながら
休刊とさせていただきます。
それでは、また再来週!

■毎月初に推奨銘柄(20銘柄程度)と今月の投資戦略
を掲載します。
「銘柄発掘ナビ」の会費は1ヶ月たった3,150円です。
お申込はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission.htm

■当社の「投資助言サービス」
下値不安の小さい堅実な銘柄を紹介しております。
投資顧問料も格安、成功報酬も一切ありません。
詳細はこちら↓
<銘柄紹介型>…運用資金は問いません。
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<フルサポート型>…運用資金1,000万~5,000万円対象です。
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

売りの極意について知りたい
という質問がよく来ます。
特に初心者の方からが多いようです。
その時には、
売りの極意などありませんし、
完璧なタイミングで売却するのは不可能です

と答えています。

株価は色々な材料に反応し、
また、
多数のマーケット参加者の思惑
も交わって決定されるわけです。
時間をかけてより妥当な値段に収れんされる
とは言え、そもそも
理論どおりには動くものではありません
良い材料が出れば必要以上に買われ、
悪い材料が出れば必要以上に売られる
のが常です。
チャートなどのテクニカル面から損切りポイント
などを表示している情報もよくありますが、
所詮目先的にはそのようになったとしても、
業績の良い銘柄は短期間のうちに切り返す
こともたびたびです。

また、投資スタイルによっても
売却の考え方も異なると思います。
割安株投資
では
値上がりして割安でなくなったら売却する
というのが基本的な考え方です。
新興市場
で将来的に大きな飛躍が見込まれるような銘柄への投資は、
長期保有し続けること
が最も効率的でしょう。
また、
テクニカル指標
で買った銘柄は
テクニカル指標で売却する
のは筋が通っています。
業績や割安度に惚れ込んで買った銘柄を
テクニカル指標で損切りするというのは
あまり理屈に合いません。

そして、
現在はPCや携帯電話などで
どこでもいつでも株価チェックができる
時代ですが、
デイトレーダーでもない限り、
あまりザラバの動きを追わないこと
です。
中長期の投資家は
終値ベースで株価をチェック
すれば十分でしょう。
その方が客観的且つ冷静に判断できますし、
なまじザラバの動きなど追っていると
目先の動きに惑わされて
結果的に安売りすることになる
のです。
また、
売却した銘柄の株価は未練たらしく追わない
ことも大切です。
売却した銘柄が更に上昇すると、悔しさ余って、
また高いところで買い直すような愚を犯す
ことになるのです。

売りタイミングについては
投資経験が何十年あっても難しいのです。
従って、
じっくり時間をかけて大幅に値上がりするのを待つ
のもよし、
一定の上昇率や下落率で機械的に売却するのもよし、
自分なりのスタイルでやればよい
のです。
そして、
売りに完璧さを求めない
ことがストレスを溜めない秘訣です。

それでは、また来週!

☆バリューサーチ投資顧問からのメッセージ
どんなに高額の投資顧問料を払おうとも、
株価操作や内部情報の漏洩などがない限り、
利益は保証されるものではありません。
勿論、株価操作や内部情報の漏洩は重大な証取法違反です。
当社では
出来るだけ安価な料金で、
クオリティの高いサービスを提供し、
個人投資家をサポートしたい

と考えております。
なお、当社の2つのサービスは以下のとおりです。

「銘柄発掘ナビ」の会費は1ヶ月3,150円です。
<パソコン版>・・・当社HPにサンプルを掲載!こちら↓
http://www.value-search.co.jp
<携帯版>・・・詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/syosai_m.htm

「投資助言サービス」
格安の投資顧問料、成功報酬は一切ございません。
<銘柄紹介型>・・・運用資金は問いません。投資顧問料は、
(1年間コース) 月額4,375円(税込)
(6ヶ月間コース) 月額5,250円(税込)です。詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<フルサポート型>・・・契約期間は一律1年間です。投資顧問料は、
(1,000万円コース) 月額8,750円(税込)
(3,000万円コース) 月額17,500円(税込)
(5,000万円コース) 月額26,250円(税込)
詳細はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

銘柄の選択に当たって、
いくつかのチェックポイントがあります。
例えば、
割安であること、
業績が順調に伸びていること、
需給関係が良いこと、
財務内容が良いこと、
競争力の強い商品やサービスがあること、
また、
時流に乗った材料やテーマがあること、
などです。
もし、
このようなチェックポイントを全て満たす
銘柄があるならば、
多分かなり高い確率で値上がりすると思います。
ところが、残念ながら
全ての条件を満たす銘柄は皆無
と言っていいでしょう。

実際に銘柄をスクリーニングしてみるとよく
わかりますが、
東証1部1,700銘柄の中で
PERが15倍以下

今期の増益率が20%以上
の銘柄は
たった30数銘柄
しかありません。(※2006年4月現在)
更にその他の条件を付与すると
残る銘柄はなくなってしまいます
全ての条件を満たす銘柄がないならば、
複数のチェックポイントの中で、
何に拘るべきなのか
という問題になります。
この答えは大変難しいのですが、
その時の投資環境を考えて、優先順位を決める
のがよいと思います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<パソコン版>
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール。
当社の推奨銘柄や投資戦略など、5つサービスで構成。
環境に応じた多角的な検索条件
銘柄スクリーニングができます。お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission.htm
=======================================
例えば、
景気動向や企業業績が思わしくなく、相場低迷時
でしたら
時流に乗った材料やテーマ性
が最も優先すべき条件になるかもしれません。
しかし、
現在は景気動向や企業業績が順調であり、
業績相場の色彩が一段と強くなってきている環境です。
また、
まもなく公表される前期の決算内容及び今期の予想業績
が最大の関心事になっている時期ですから、
やはり
「増益率が高いこと」
が一番のチェックポイントになると思います。
これにサプライズが加われば最高です。

ただ、
増益率の高い銘柄は当然注目度が高く、
それなりの水準まで買われていますので、
割安度のチェック
は不可欠です。
すごく割安でなくとも、
業種平均よりも割安
であればよいと思います。
また、
信用の取り組み状況を気にする向きがありますが、
取り組みがよい銘柄に越したことはありませんが、
大量の買い残を抱えている銀行株や鉄鋼株でも
ダイナミックに動く現在の相場環境ですので、
このことを絶対条件にはしない方がよいでしょう。

何事もそうですが、
全ての条件が満たされない時、
優先順位のつけ方
が勝負の分かれ目になります。
銘柄選びも全く同じ
です。

それでは、また来週!

■実体験コーナー
当社ソフト「銘柄発掘ナビ」フリーセレクト
PER15倍以下、経常利益率(今期)15%以上
の条件で検索すると数銘柄が選ばれますが(※2006年4月現在)、
半分は総合商社株です。
ゼロ金利解除の方向の中で、
有利子負債の大きさを弱気材料と見ますか?
それとも
好業績な割安株として、かつ、資源株として
強気に評価しますか?

全ての条件を満たす銘柄はありませんので、
このような判断が求められます。
こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel1.asp
(サンプルは日経225銘柄が対象、会員サイトは全上場銘柄が対象です。)

■当社の「投資助言サービス」
下値不安の小さい堅実な銘柄を紹介しております。
投資顧問料も格安成功報酬も一切ありません
詳細はこちら↓
<銘柄紹介型>
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<フルサポート型>
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

新年度に入り、投資家の関心は
前期から今期の予想値
に移ってきています。
今期の全体の企業業績は
5期連続の増益で、10%前後の伸び
が予想されています。
ただ、
個別企業の予想値については
4月末から5月中旬にかけての決算発表
までは空白期間

であり、
一部の企業については日経新聞の観測記事などで
紹介されておりますが、
ほとんどの企業は
東洋経済の「四季報」と日経の「会社情報」の数字
に頼らざるを得ない時期

なのです。

ところが、色々と銘柄をチェックしてみると、
「四季報」と「会社情報」では
予想値が全く違うケース

もかなり多いのです。
例えば、
今期の経常増益率について、
東証1部の機械株Aの場合は、
「会社情報」がプラス9%
なのに対し、
「四季報」はマイナス2%
なのです。
また、
新興市場のネット関連株Bの場合は、反対に
「会社情報」の予想数値が横ばい
なのに対し、
「四季報」はなんとプラス44%
の数字なのです。
「四季報」だけ
で、ネット関連株Bをチェックした
投資家は、自信を持ってこの銘柄を買うかもしれませんが、
大変リスクのあるやり方
と言わざるを得ません。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
2つの数字が正反対の場合は、
どちらの予想がより正確なのかを判断するのは
簡単ではありませんが、
目安として、
その銘柄の業績トレンドをチェック
してみる

ことだと思います。
例えば、
前期上方修正を何度か実施している会社
ならば、
今期も増益という可能性は当然高い
ということです。
逆に、
前期下方とは修正した銘柄
は、特殊要因でもない限り、今期直ちに増益基調に戻る
ということはあまり考えられませんので、
厳しい予想の方が妥当
ということになるのでしょう。
ただ、なにもこの時期に、
予想数字が正反対の銘柄に手を出さなくともよい
のです。

四季報は投資家のバイブルという人もいますが、
アナリストが上場企業3,700銘柄を
全てカバーするのは至難の業
であり、
結構ラフな情報も多い
ということです。
このことを十分理解した上で、
四季報を活用することが重要

なのです。

それでは、また来週!

「銘柄発掘ナビ」の推奨銘柄(約20銘柄)
今月も順調にスタートしました。
会費は1ヶ月3,150円。お申込はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission.htm

■当社の「投資助言サービス」
下値不安の小さい堅実な銘柄を紹介しております。
投資顧問料も格安、成功報酬も一切ありません。
詳細はこちら↓
<銘柄紹介型>
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
<フルサポート型>
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

普段生活している中で、
なかなかいい会社だ
と感心することがよくあります。
例えば、経営者の先見性ある言動だとか、
顧客志向の商品やサービスなどに出会った時です。
そんな時にこれをきっかけとして、
銘柄に関心を持つ
のも立派なアプローチなのです。
銘柄の探し方は、
必ずしも小難しいスクリニングやアナリストの
レポートを読むことばかりではありません。

最近、ある大手の経営トップが
社内メールを週に一度全面的に禁止した
という新聞記事がありました。
少々驚きましたが、注目に値すると感じました。
社内メールは大変便利なものですが、
それによって失うものも大きいと気が付いた
のでしょう。
そして、
この決定には多分社内でかなりの反発があった
と思われますが、
毅然と実行したところもすごいと思いました。
このような経営者ならば
今後会社がどんな困難に直面しようと
乗り切っていける

と感じました。

■バリューサーチ投資顧問株式会社の
「銘柄発掘ナビ」
で推奨した銘柄のパフォーマンス
です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/jiseki.htm
=======================================
一方、先行き見込みないと感じたのはテレビ局です。
今年(※2006年現在)のパ・リーグは面白いと
感じているファンはたくさんいるのに、
日曜日にもかかわらず、どこの局も放映しませんでした。
相も変わらず、
お笑いタレントのドタバタ劇の垂れ流しで、
もはや中高年の見る番組はない
と言っていいほどです。
今後、余暇が増え、購買力が高い団塊世代の
ニーズなど全く捉えていない
のです。
このような会社の株は買う気になれません。
もっとも、今後ホリエモンのような経営者に
買収されてしまう可能性も否定できませんので、
M&A絡みで株価が上昇するなんてことは
あり得えますが・・・。

ところで、よく初心者に対して
日頃親しんでいる会社の株を買いなさい
と安易にアドバイスする評論家がいますが、
これははっきり言って
間違い
です。
大切なお金をその程度の動機で投資しては
いけないのです。

自分の感性に響く会社に出会ったら、
ふたつのことをチェックしてみて下さい。
まず、
PERが業種平均以下か否か
ということです。
これは大変重要なチェックポイントです。
PERの業種平均は、当社のホームページで掲載
(アドレスは後述)しておりますので、
参考にして下さい。
第2のチェックポイントは、
PERに反映されていない来期以降の業績予想
です。
10%以上の増益率
があれば問題なしです。
この2つの条件をクリアできれば、
大きな間違いがないと考えてよいでしょう。

日常生活から銘柄を探し、これが期待どおりに
値上りすれば、こんなに楽しいことはないのです。
そのためには、
少しばかりの作業をするだけ
で確率は断然上がるということをお忘れなく。

それでは、また来週!

業種別のPERはここで見られます。↓
http://www.value-search.co.jp/hint.htm

■「銘柄発掘ナビ」の推奨銘柄(20銘柄程度)
毎月1日に更新されます。
月額3,150円の格安のサービスです。お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission.htm

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html