☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近(※2007年2月現在)、
「日本株投信の売り越し基調が鮮明になってきた」
(日本経済新聞)というニュースがありました。
その原因は、
日本株ファンドからバランス型に乗り換えているとか、
長らく含み損を抱えていたファンドが
やっとトントンのレベルまで戻ってきた
ためだそうです。
また、日経平均の上昇率ほど基準価格が上がらないので
失望売りが出た
というのも一部にあるかもしれません。

先日、ある大手投信会社の運用担当者と
話しましたら、最近の
投信のパフォーマンスがインデックスに
勝てず、大変苦労している

とのことでした。
直近の上昇銘柄は、
鉄鋼、電力、海運、不動産などの大型株
であり、
ある程度の水準まで来れば理屈では買えない
銘柄ばかりでしたので、
あらゆる角度からきちんと分析した上で、
銘柄選びをする彼らの手法にはなかなか
マッチしなかったのでしょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 月額5,250円(税込)
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。
銘柄のご相談もOK!サービスは電子メールでご提供。
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
=======================================
今回の上昇相場の主役は外国人投資家であり、
彼らがこれらの銘柄を力ずくで買っている相場と
思われます。
そもそも、投資信託や機関投資家は
このような銘柄は既に相当保有しており、
売りこそすれ、あまり買う必要もないのかも
しれません。
一方で、個人投資家はうまくこの流れに乗った人も
いるだろうし、
なまじ投資経験が長いばかりに、
これらの銘柄を空売りして痛い目に遭っている人も
多いようです。

さて、問題はこれからですが、
先の大手投信の運用担当者は、
今から外国人の尻馬に乗ったところで、
いずれ痛い目に遭うのがオチだから、
より先を見た発想
で対応する方針と言っていました。
例えば、
内需株でなくハイテク株、大型株でなく中小型株
ということなのでしょうか。
たしかに為替も当面は円安基調が続きそうですから、
ぼちぼちハイテク株の出直りも期待できるかも
しれません。
また、最近の新興市場では好業績株が
物色され始めており、
いよいよ中小型株も面白いのかもしれません。
外国人投資家に遅れを取った国内プロの
今後の逆襲が見ものです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近の相場は内需株とハイテク株、
好業績株と不振株、大型銘柄と新興銘柄
といった具合に二極化の様相が大分濃くなって
います。(※2007年2月現在)
上がる銘柄はどんどん上がるのですが、
動かない銘柄は全く動かないという状況です。
このような状態ですので、
乗り遅れた投資家はどうしても対応が
難しくなります。

ひとつは、大分上昇したけれども、
ある程度のリスクを覚悟して、
現在の人気銘柄についていくやり方です。
いわゆる順張り投資です。
ただ、最近の上昇銘柄の中には
外国人投資家が腕力で買い上げた銘柄も多く、
なぜここまで買われたのかと納得し難い銘柄も
かなりあります。
従って、これらの銘柄に乗るにしても、
「飛び乗り、飛び降り」という形になり、
大きな利益を上げることがなかなかできない
のが現状です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<携帯版
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
携帯電話上で、割安株スクリーニングができます。
「比較的短期で値上がりが期待できる」当社のお奨め銘柄を
1日1銘柄推奨。詳しくはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_m.htm
=======================================
一方、高値圏にある銘柄を避け、
できるだけ安値圏にある銘柄を狙うやり方
もあります。
いわゆる逆張り投資です。
ただ、株価が安値圏にあるのはそれなりの
理由があり、
これらの銘柄を狙う場合には十分注意すべきこと
があります。
単に株価が安くなったからと言って
値惚れしないことが大切です。
底値の下に底値があるという底なし沼の
ような状態になってしまう銘柄も多いのです。
その最大の理由は
業績不安です。

底値圏にある銘柄については、例え、
過去の決算発表で業績が順調に推移している
ようでも、
それを簡単に信じて手を出さないことが
大切です。
今回の第3四半期業績をみても
これらの銘柄は総じて予想を裏切る数字が多く、
更に売られるという結果になりました。

底値圏にある銘柄
は、
時間をかければ、大きな値幅取りができます
ので、
大変魅力的な投資なのですが、
これらの銘柄は
最新の決算内容をしっかり確認してから
買い付ける

のが鉄則です。
2月14日に決算発表した6121滝澤鉄(東証2部)
などは、株価は底値圏、業績は大変好調です。
このような銘柄ならばじっくり持って
安心でしょう。

それでは、来週!

■実体験コーナー
当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルを使って割安株を
探してみてください。
8つの割安指標へのウエイト付けによる方法です。対象銘柄は
日経225採用銘柄です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi02sel.asp

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

小泉政権の改革路線を継続し、かつ拡大させることを
期待されて発足した安倍政権ですが、
今や目先のトラブルの対応に終始し、
やや期待はずれの感が否めません。
外国人投資家は小泉改革を高く評価していただけに、
このような状態がいつまでも続くようですと
少々心配です。

ところで、第3四半期業績への相場の反応も
あまり芳しいものではありません(※2007年2月10日現在)。
当期業績は新興企業では会社によって
良し悪しがまちまちですが、
主要企業は予想通り好調であり、
全体で2桁増益が確保できそうな状況にも
かかわらずです。
そして、相場の反応はと言うと、
上方修正した銘柄は一時的に買われますが、
短期間で萎んでしまう銘柄が多いのです。
また、会社予想通りの数字が出ても、
材料出尽くしで売られる銘柄がほとんどです。
こんな状態ですから、下方修正などしようものなら
親の敵のごとく激しく売られています。

しかし、相場は
過度の行き過ぎに対して修正する力
が働きますので、
決算発表も一巡してくれば、
相場の雰囲気も徐々に変わってくると思います。
上方修正された銘柄や
期末に上方修正されそうな銘柄で
売られ過ぎの銘柄は恰好の買い場
になると思います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
ただ、ここで注意しなければならないことは、
決算発表時は業績面のみを重視する相場に
なりがちですが、
これからは割安指標も重視する相場に少しずつ
変わってくる可能性があるということです。
特に、現在は
PERやPCFRなどの利益系指標
の有効性が高まりつつありますので、
業績面だけでなく、これらの指標も
十分加味した銘柄選びが重要になってきます。

そして、現在は
好業績でかつ割安な銘柄
が多数あり、投資家にとって
宝の山
なのです。
これらの銘柄をじっくり拾っておけば、
数ヶ月後には必ずやいい結果が出てくると
思います。

それでは、来週まで!

■お時間のある方はこちらもご覧ください。割安株投資に
ついての考え方がよく分かります。
割安株を探そう!10分間投資講座」こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

現在第3四半期業績の発表がピークを
迎えていますが(※2007年2月3日現在)、
予想通り堅調な数字が出てきています。
そして、特徴的なことは
9月中間期で上方修正した企業は
かなり進捗状況がよくとも、
この第3四半期では上方修正をしない傾向が強い
ということです。
従って、現時点で上方修正があるなしに拘らず、
今通期業績は2桁の増益が確保される
と考えてよさそうです。
「節分天井・彼岸底」
という格言がありますが、
今回はあまり拘らない方がよいのかもしれません。

ところで、最近の相場で
「新日鉄」「ソフトバンク」
の動きが目立っています。
「新日鉄」については、
昨年11月から急上昇しており、
他の大手鉄鋼株と別段の動きとなっております。
減益予想から一転増益予想に変わったことも
大きな要因でしょうが、
やはりブラジル最大手ウジミナスに出資したことや
韓国のポスコと株式を持ち合ったことなど
M&A・業界再編成絡みのリーディング銘柄として
注目されていると考えるのが自然でしょう。
今年の相場の大きなテーマである
「M&A・業界再編成」
を象徴している銘柄なのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社による「証券仲介業」 
弊社担当者が、お電話にて丁寧に株式売買の
ご相談に応じます。その場で注文OK!
手数料は証券会社の株券委託手数料に準じます。
相談料、顧問料、成功報酬等の発生は一切ございません
「証券仲介業」Q&A↓
http://value-search.co.jp/intermediation_qa.html
「証券仲介業」について↓
http://value-search.co.jp/intermediation.html
=======================================
一方、「ソフトバンク」ですが、
某外資系証券が目標株価を
1,340円から3,110円に引き上げたこと
が話題になっておりますが、
今回の上昇にはあまり関係ないでしょう。
そもそも材料面や業績面で大きな変化がない
にも拘わらず、
レーティングを上げたり、下げたりしている
不節操なアナリストの言うことなど信ずる投資家は
今やいないからです。
ソフトバンク株が勢い付いているのは、
新興市場や中小型株の指標銘柄として、
今後の相場を暗示していると考えた方がよいでしょう。
また、個人投資家が市場に戻りつつある
ということかもしれません。

大手投信会社のファンドマネージャーが
力ずくで大型株を買う相場から、
知恵を使う相場
に変化しつつあるのは、
個人投資家にとってよいこと
ではないでしょうか。

それでは、来週まで!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html