☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

先週からリーマンの破綻で世界中が大騒ぎであり、
中にはこれから世界恐慌が来るかのような論調も
あります(※2008年9月22日現在)。
ただ、テレビも新聞もその影響について色々と論評
するだけで、
その原因について追及するところはあまりありません。

今回の問題の本質は、
サブプライムローンという極めていい加減な商品で
荒稼ぎし、且つ、悪乗りした結果

であるのは明らかです。
厳しい言い方をすれば、モラルが欠如し、
世のためにならない会社は、どんなに大きくとも、
どんなに歴史があろうとも淘汰されるということだと
思います。

ところで、今後の見通しですが、
まだまだ破綻する金融機関が出てくると危機を
煽っている向きがたくさんいます。
ただ、リーマンやAIGなどの大所が次々に出てきて、
これからどこが出てくるのでしょうか。
多分、これからも規模の小さなところの破綻は大いに
あり得ますが、ここまで来れば、
もう怖がる必要はないと思います。
現在の米国と1990年代のわが国の金融危機と
比べてみると、大変参考になります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
わが国では、1997年に北拓や山一證券などが
破綻しましたが、金融危機の連鎖を断ち切るため、
大量の不良債権を抱えた長銀をいかに処理するかが
当時の最大のテーマでした。
政府は有力銀行との合併などの救済策を主導しました
が、結局うまくいかず、1998年10月に金融再生法
および早期健全化法が成立させ、
これにより長銀を一時的に国有化しました。

株価は、一連の金融危機を映し、
96年6月から2年以上に亘って下落基調(下落幅43.2%)
を辿りましたが、
まさに長銀の国有化がなされた98年10月に大底を
打っています。
その後、2000年4月まで株価は61.7%上昇しました。

今回の米国における公的資金投入は98年当時の
わが国の状況と酷似しており、
相場の大底圏は近いと見て間違いないと思われます。
中間決算の発表がある10月から11月にかけて、
歴史的な買いチャンス

になるはずです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

米国の金融機関への不安や世界的な景気減速
の中で、
今週にも日経平均は今年3月の安値を更新する
のではないかとの悲観的な見方が一部出てきて
います(※2008年9月現在)。

3月の安値を更新するかどうかはわかりませんが、
個別銘柄で言えば、
かなり多くの銘柄が既に安値を更新しているのです。
業種的に見ると、機械、化学、非鉄金属、商社、
海運業、電気機器、自動車、銀行など殆どの
主力業種が既に安値を更新しています。

一方、今年3月を大底に出直り基調の業種も
あります。
建設、食料品、紙パルプ、医療品、小売業などです。
これらに共通しているのは内需関連ということであり、
業績面で問題があり、長らく日の目を見なかった
業種です。
ただ、ここで業績の回復が見られるわけでは
ありませんが、ここ数年相場がなかった分、
信用買い残もあまりなく、比較的上値が軽い業種
とも言えます。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
当面はこれらの上値が軽い業種に人気が集まる
可能性が高いと思われます。
一方で、長らく主役であった銘柄は世界的な
景気減速で減益を余儀なくされており、
また、需給面で信用買い残が多く、
今や投売りの対象となっています。
まさに、ヒステリックに売られている銘柄も
たくさんあります。

目先の軽い動きの銘柄に乗るのもよい
ですが、
多少時間がかかるのは覚悟の上で、
現在売り叩かれている銘柄を狙うのもよい
でしょう。
景気の底打ちが確認される時期には株価は
かなり戻しているはずです。
もっとも日本経済はおしまいと本気で思っている
ならば話しは別ですが・・・。

因みに、ここへきて、証券会社の
プロのディーラーが全く儲けることができない
そうです。
デイトレーダーの多くが簡単にも儲けられる時期は、
「相場の天井近し」
と言われていますが、
反対に、
プロのディーラーがお手上げの今のような時期は、
「相場の大底近し」
とも言えるのはないでしょうか。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

原油価格や商品相場が急落しています
(※2008年9月7日現在)。
このことで、また、多くのヘッジファンドが
破綻することが予想されますが、
散々世界経済をかき回してきた資金であり、
厳しい言い方をすれば、自業自得、
誰も同情はしないでしょう。

さて、割安株のパフォーマンスは厳しい状態が
続いていますが、ただ、これは
割安株投資が有効でないということで決して
ありません。
そうではなく、割安指標の前提になっている
数値が信用できないということです。
その第一が業績です。割安指標は基本的に
会社予想をベースに計算されますが、
今は会社予想が信頼できないということです。

現在PER5倍でも、赤字に転落してしまえば
それまでですし、
PBR0.5倍でも、予想外の大きな特損でも出れば、
簡単に数字は変わってしまいます。
要するに、今は一応下方修正前で割安株と
見られていますが、実質的には
既に割高株になっている銘柄が多い
ということです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
その代表格が不動産株であり、
一部の大手を除いて、多くの中小銘柄はいずれ
下方修正されると見られており、最悪の場合は
倒産リスクもあると思われています。
かつては倒産リスクを図るひとつの目安として
長期無配(3期以上)銘柄がありましたが、
最近はきちんと配当を出しているところでも、
油断ができません。

そして、もうひとつ大事なことは、
たとえ資産があっても、
資金繰りがうまくいかなくなれば、
会社は終わりなのです。

会社にとって資金繰りは人間で言えば
血液にあたるものだからです。

このような時期は、財務内容に問題がなく、
安全性が高い優良株を選ぶのもひとつの手です。
ただ、勝負師を自認する方ならば、
思い切って
「つぶれないボロ株」
に投資するのも面白いかもしれません。
2~3年かけて2倍の値上がりを狙うのです。
そして、現在はそのような銘柄はたくさん
あります。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html