☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今朝の日本経済新聞(※2010年7月25日)で、第1四半期業績に
ついて明るいニュースがいくつかありました。
ひとつはメガバンクですが、第1四半期の最終利益はどうやら
金融危機前の水準に戻ったとのことです。市場ではメガバンク株
の影響が大きいだけに、まずは一安心というところでしょうか。

また、トヨタ自動車(7203)は1,000億円程度の営業利益を
確保した模様です。同社の今期予想は2,800億円ですから、
順調なスタートと言えます。そして、その要因のひとつが、
「円高などの影響を合理的に吸収した」ことです。現在の
円高で市場は大騒ぎしていますが、この部分は大いに注目される
ところです。

大分昔の話になりますが、1985年のプラザ合意により、
当時240円(=1ドル)だった円相場が、約1年間で150円まで円高に
なったことがありました。このような苦難を乗り越えてきている
日本企業は、殊のほかたくましくなっているということでしょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

ただ、メガバンク(大量のつなぎ売りが出ているみずほFGを
除く)もトヨタ自動車も信用取引面では一向に改善されず、
貸借倍率も10倍以上になっています。先高期待から個人投資家
が買い付けているのだと思いますが、相場全体が低調な中で、
うまく回転できず、買い残高だけが残っているという形になって
います。

現在の売買代金は1兆円強程度であり、市場のエネルギー不足
は否めません。
また、今後の上昇局面では大量の戻り売りも予想されます。
強気相場ではある程度の買い残高は全く問題がなかったのですが、
現在の銘柄選びでは、買い残高の水準や貸借倍率をよくチェック
してみることは欠かせないと思います。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近は暗いニュースが多いですが、今朝(※2010年7月19日)
の日本経済新聞で
「対中貿易 黒字化も」という明るい記事がありました。
今までの日中貿易は安価な中国製品の流入が中心でしたが、
中国の中間所得層が急拡大、高額な日本製品への需要
急増しており、大幅な対中貿易赤字は一変しつつあるいう内容です。
環境が落ち着けば、株式相場に反映される材料になるはずです。

さて、ここに来て、米国中心に景気の減速懸念が強まったことから、
リーマンショック前後に起きたある現象が再現しつつあります。
すなわち、低PBR、低PER銘柄ほど売られるという現象です。

景気後退期(現在は一時的な景気減速期)には各指標の元で
ある1株利益や1株純資産の数字に対する信頼性が希薄となり、
どうしても割安な銘柄ほど(=かなり売られた銘柄ほど)
業績面での不安が大きいと市場で受け止められがちです。
ところが超低PBR銘柄の中にも決してそうでない銘柄も結構
あります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
当社の銘柄実績、「下落率ランキング」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
======================================= 

例えば、PBR0.35倍の加藤製作所(6390)です。
同社の2つの主要事業のうち、建設用クレーンの回復は鈍い
のですが、油圧シャベルは中国やそれ以外のアジア諸国で
需要が急回復しており、また、円高の影響も殆んどなく、
今期は11億円の経常黒字が見込まれています。
また、財務面も自己資本比率も44.5%と全く問題ありません。

確かに一部の中小不動産銘柄のように連続赤字で純資産が
毀損するとか、自己資本比率が極端に低く、財務面で大いに
問題ありという銘柄もあります。
ただ、「味噌も糞も一緒」とばかりに、全ての低PBR銘柄を
売り叩くのは異常な現象です。しかし、冷静に考えて見れば、
「味噌も糞も一緒」に売られた時こそチャンスであると言えます。

多少時間がかかるかもしれませんが、ここで業績面や財務面で
問題がない超低PBR銘柄を拾っておくのも、結果的には
効率的な投資になると思います。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

東証に業種を17分類した「TOPIX17」という指数があります。
この指数は2002年12月30日を100として計算されています。
この指数がスタートして7年半が経ちましたが、現在の
各指数を見ると大変興味深い結果になっています
(※2010年7月10日現在)。

まず、スタートから直近までの上昇率ベスト3を見ると、
「鉄鋼・非鉄」200.77、
「商社・卸売業」188.17、
「機械」165.01

となっています。
一方で、ワースト3を見ると、
「金融(除く銀行)」70.87、
「銀行」81.19、
「情報通信・サービス他」86.85
です。
因みに、
「電機・精密」は97.27
で意外にもワースト5でした。

指数のスタート時は、ITバブルが弾けた後とはいえ、
いわゆる重厚長大企業は見向きもされない時期でした。
ところが上位3業種は重厚長大が並んでいるのです。そして、
上位3業種の代表的な銘柄を見てみると、
・新日鉄(当時139円、その後の高値は964円)
・丸紅(当時109円、その後の高値は1,212円)
・コマツ(当時387円、その後の高値は4,090円)
という結果です。
やはり低位株が効率的であったこと実証されています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円 
顧問料は格安、成功報酬は一切ありません。
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか。
「売却指示が欲しい」「デイトレで成果が上げられなかった」「初心者」
な方にぴったりのサービスです。
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

ただ、この時期に低位の重厚長大企業を買うのは結構
勇気が要ったはずです。
なぜならば、当時の重厚長大企業は斜陽産業と見なされ、
何時つぶれておかしくという評価だったからです。
プロの機関投資家さえ、これらの銘柄の大底を売り叩いたのです。
ところが、その後、中国はじめ新興国の飛躍的な発展により、
これら重厚長大企業を取り巻く環境は一変しました。

超低金利が長期化する中で、大量の個人資金がわけの
わからないタコ配ファンドなどに流れていますが、
3~5年後に10倍とは言いませんが、3~4倍になる可能性がある
銘柄に投資した方が賢明なやり方だと思います。
5701日本軽金属、今後アジアなど新興国のアルミは需要が
急増します。

それでは、また来週!


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

「欧州財政危機」、「米中の景気減速懸念」、「円高による
企業業績の悪化懸念」などなど・・。これでもか、これでもか、
と言うくらい悪材料のラッシュです(※2010年7月3日現在)。
そして、あまり比較にならない上海市場を除けば、世界の中
でも日本株の下落率が目立ちます。そして今、市場で言われて
いることは以下のようなことだと思います。

1.日本株は世界の景気敏感株としての評価であり、景気減速
  懸念が生じた
現在は外国人投資家から最も売り対象になりやすい
2.日本企業は徐々に中国経済への依存度を高めており、中国
  経済の減速の影響が心配される
3.日本経済は外需依存から脱却できず、今回の円高が外需企業
  の業績への影響が懸念される
4.需給面でみると外国人投資家次第という東京市場の構造的な
  問題があり、その外国人投資家の売りが止まらず、更に拡大
  する恐れがある

などでしょうか。ただ、米国景気にしても回復ピッチが落ちて
いるという懸念であり、決して景気後退しているわけでは
ありません。景気の回復過程では、一進一退の動きはよくある
ことです。また、中国の金融引き締めについても、あくまでも
持続的な経済成長を目指すための施策であり、ましてや中国
はじめアジアの時代はこれからが本番です。米国や中国の
景気減速をあたかも世の終わりにように騒ぐのは考えものです。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄」をご紹介!
10%上昇した時点でサービスは終了、最長で3ヶ月です。
サービスのご提供は電子メールまたはFAXで。サービス詳細↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

また、7月1日の日銀短観によると大企業製造業では3月時点の
-14から+1に大幅改善しています。また、日本経済新聞社の
経営者アンケートでは、国内景気が回復したという経営者
73.6%にも達しており、3月時点の調査よりも12.3%も増えて
います。理屈だけの評論家よりも、厳しい環境の中で実際に
ビジネスに携わっている企業や経営者の見方の方が格段と重い
と言えるのではないでしょうか。

「夜明け前が一番暗い」という相場格言を思い出す時期の
ように思います。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html