☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

以下は、バリューサーチ投資顧問の「生きた証券用語辞典」(7月29日)から
の引用です。

http://www.value-search.co.jp/fglossary.htm

「米国債務問題」とは、「米政府の法定債務の上限を引き上げる問題のこと。
米国の債務が法律で定められた上限に達し、議会の承認を経て上限を引き
上げない限り、2011年8月2日にはデフォルト(債務不履行)に陥るおそれ
がある。そのため、財政赤字の削減を行うことを条件に段階的に上限を引き
上げたいという共和党案、また大規模な上限の引き上げを一気に行いたい
という民主党案があるが、それ以前に共和党内でも意見の隔たりがあるなど
協議が難航しており、ドル安の加速が世界の経済や金融市場に影響を与え
ることから、協議の行方が注目されている。」

結論から言えば、この問題は期限の8月2日までに決着するはずです。最悪
の場合でも今週中には終るはずです。なぜならば、もしデフォルトになれば
米国経済は終わりになるからです。米国債は日本や中国などが大量に
買っており、米国債の信認がなくなれば誰も買わなくなり、それどころか大量
の売りとなり、金利が大幅に上昇し、米国経済は深刻な事態となり、そして、
長年続いた自由経済のチャンピョンの座から降りることになるのは米国の
政治家は誰でもわかっているからです。

両党に対立点を見てみると、どう考えても上限の引き上げを一気に行いたい
という民主党案には無理があり、民主党が譲歩して決着するというシナリオ
になりそうです。それにも拘らず、両政党とも最後の最後まで政治的パフォー
マンス
を繰り広げて世界中を混乱させている事態は他国すれば迷惑千万な
話です。

投資家にとってもストレスが溜まっているはずですが、この際、両党のパフォ
ーマンスを逆手に取って、週初の売られたところを思い切って買ってみるのも
ひとつの手かもしれません。政治家の上を行って儲けられれば、この上ない
面白さだと思いますが・・・。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週は肉牛の放射能セシウム汚染が拡大しているというニュースで騒が
れている中で、当の東京電力(9501)の株価が急騰するという不思議な
ことが起こりました。

同社にとって原発事故に関する補償額は膨大な規模になると思われ、
従って、既に実質的には債務超過の状態になっています。販売電力量の
大幅減少による業績悪化、長期に亘る無配継続、ファンダメンタルズの
観点から言えば買える材料は全くありません。原発賠償法案が成立した
ところで追いつくはずもなく、もし公的支援になれば、かなりの株主責任
は免れないはずです。

それでは、なぜここで株価が上昇したのでしょうか。当メルマガでも再三
触れていますが、株価を決める要素は、「ファンダメンタルズ50%、需給
30%、人気20%」ということであり、同社で言えば、「ファンダメンタルズ」
も「人気」も全くありませんので、唯一「需給」関係が株価を押し上げたと
いうことでしょう。

同社は6月9日に148円まで売り込まれており、その時点で空売り残高
9,800万株前後まで急増しています。ところが、工程表「ステップ1」の完了
を材料に株価が上昇したため、これらの建て玉が担保切れとなり、買い
戻さざるを得ない状況に追い込まれたということです。いわゆる
「踏み上げ相場」であり、大量の空売り残高があるうちは相場に
なりますが、買戻しが一巡してしまえば終わってしまうものです。

株価が上昇している間は強気になり、株価が下落し始めると一転弱気に
なるのが投資家心理であり、下落トレンドに入れば、熱くなっていた買い
方が一転して投げ始めることも予想されます。いずれにせよ、東京電力は
巨大な仕手株になったということだけはしっかり意識することが大切です。
因みに、今後の原発の収束作業がうまくいく保証は全くなく、未だに放射
能汚染が拡大しているという厳しい現実を忘れないことも大事です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の銘柄実績、「下落率ランキング」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今朝(※2011年7月18日)、サッカー女子ワールドカップドイツ大会決勝で、
「なでしこJAPAN」が米国を破って優勝しましたが、被災した日本にとって
本当に明るいニュースとなりました。パワーの米国チームに対して、
粘り強さとテクニックで応戦したなでしこJAPANの姿は、まさに日本企業
合い通じるものがあると感じました。

その日本企業は今や、円高、高率法人税、貿易自由化の遅れ、労働規制、
温暖化規制、そして電力不足の6重苦
の中にあると言われています。経済
の拡大なくして雇用の拡大なし、この基本的なことすら理解しない政治家が
日本を支配している情けない現実、いや恐ろしい現実と言うべきでしょうか。

大手企業は4割が「円高の是正や税制の見直しが進まなければ、3年以内
に生産拠点を海外にシフトせざるを得ない」と考えています。まさに産業の
空洞化ですが、企業は収益を上げて生き延びなければなりませんので、
もはや日本という枠に拘っていられないということでしょう。

現在の日本企業は6重苦の中でも、アジアなど新興国の需要を取り込む
ことで逞しく生きています。株式市場でも政治に何も期待していないので、
「政治の劣化は中立要因」と見る向きが増えています。ただ、果たしてそう
なのでしょうか。現在の韓国と日本を比べると自明なのですが、最近は
政治力が経済力を決めるという要素が大変多くなっているのです。いつ
までものんきなことは言っていると、取り返しのつかないトンデモナイこと
になるような気がします。

なんだかんだと年間1億円近い収入があるにも拘らず、ろくな仕事もしない
で次の選挙のことばかり考えている政治家たち。ワールドカップで優勝し
ても報酬はたった数百万円に過ぎませんが、国の名誉と被災地を励ます
ため死闘を繰り広げた「なでしこJAPAN」の選手たち。色々と考えさせる
一日でした。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

7日(※2011年7月)の日本経済新聞に、「日本冶金工業 太陽電池部品
製造向け合金を1.5倍増産」「今年度中国シェア9割に」という見出しの
新聞記事が掲載されました。太陽電池に使う多結晶シリコン製造装置
向け合金の生産量を2011年度は前年度比1.5倍の1500トンに引き上げる
ということです。

これを材料に、7日の株価は前日の216円から高値235円まで買われ、
出来高も900万株以上と久し振りの大商いとなりました。ただ、1500トン
という数字は、同社の高機能材のうちのたった3.8%の生産量に過ぎま
せん。しかも、高機能材は全体の売上高のうち30%なのです(汎用品
が70%)。果たして、はしゃぐほどの材料なのでしょうか。

日本冶金工業(5480)はステンレス大手であり、ニッケル精錬から一貫
生産している会社ですが、ここ数年は汎用品の需要低迷と原料コスト
の上昇が続き、在庫評価損の計上を余儀なくされ、2009年3月期は164
億円、2010年3月期は66億円、2011年3月期は4.4億円と3期連続の
経常赤字となりました。これを映して、株価は2007年6月の1,713円を
高値にほぼ一本調子で下げ続け、7月8日終値223円で計算すると下落
率は何と87%
となります。

このような中で、同社は価格競争が激しく儲けにくい汎用品から、好採算
の高機能材にシフト
するという基本戦略を立てています。石油精製装置
などのエネルギー分野や海水淡水化プラント向けなどをターゲットとして
おり、これらは将来的になかなか有望な分野なのです。この戦略をよく
理解した上で、今回の記事を読んでみると、戦略を着々と具体化してい
る同社の積極的な姿勢が見て取れます。

従って、表面的な数字はまだ小さいのですが、今後の可能性を考える
「買い」という判断が出てきます。200円そこそこの銘柄だけに、大変
効率がよい投資になるかもしれません。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄!」ご推奨。
お客様の投資予定金額に見合った銘柄をご紹介。
成功報酬は、10,000円です。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

本日は川崎重工(7012)の話をしたいと思います。ご存知のように同社は
陸海空に事業展開している総合重機2位の会社であり、特に鉄道車両や
二輪車に強みがあります。同社の株価は昨年(※2010年)の11月2日の
210円を底に約5ヶ月間で80%近い上昇となりました。前期の業績回復
(経常益3.4倍増)が材料でした。

ところが、2011年4月1日の377円の高値を付けてからほぼ一本調子で
下落し、6月9日には安値281円まで売られました。そのきっかけに
なったのが、4月28日に開示された今期の業績予想です。同社について
は550~610億円と強気の市場予想が多かったのですが、会社予想は
520億円とその下限を下回ったことが失望売りに繋がりました。

しかしながら、今期は「上期減益、下期増益、通期でやや減益」という
企業が多い中で、川崎重工の5.8%増益は十分評価されていいはず
です。しかも同社の長年のアキレス腱であった二輪車部門が、以下の
会社コメントのようにすごいことになっているのです。

「モーターサイクル&エンジン事業は新興国での販売増などにより、前期
比313億円増収の2,344億円となりました。・・・売上の増加に加え、限界
利益率の向上及び固定費削減の効果が発現し、前期から220億円の
大幅改善となりました。」黒字化まであと一息ですが、220億円の改善
大変な材料です。また、建機市場向け油圧機器やクリーンロボットなどの
精密機械事業が前期比189億円増益の223億円となったのを始め、
その他の事業も概ね好調です。

目先の株価は業績ではなく、需給関係で決まります。どんなに業績がよく
とも買い手より売り手が多ければ株価は下がります。そして、下がってくる
と疑心暗鬼になって逆に手を出せなくなるのが投資家心理です。しかし、
株価は最終的にはファンダメンタルズ(業績や割安度など)で決まります。
今後の川崎重工の株価に注目です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
よくあるご質問(Q&A)
Q.売買は自分で自由にやりたいのですが、どのサービスが適していますか?
Q.売却や買戻しタイミングの指示はありますか?
Q.投資顧問料が他社に比べて安いように見えますが、サービスの品質に
問題はありませんか?
・・・
ご回答はこちらから↓
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html