☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

東証1部に次のような銘柄があります。
1.PBR0.37倍(1株純資産は693円、株価は257円)
2.今期黒字決算、来期も黒字予想
3.配当は年6円、無配ではない
4.自己資本比率48.7%、倒産リスクは限りなくゼロ

しかし、先頃一部アナリストが目標株価を240円に引き下げたことをきっかけ
に、株価が下げ止まらない状態が続いています。この動きを不可解と感じた
一部の投資家から公募増資をやるのではないかとの懸念も出始めています。
その銘柄とはトクヤマ(4043)です。

アナリストに言うようにPBRが0.3倍台の水準でもまだ売りということになれば、
割安指標のPBRとは一体何なのかと考え込んでしまいます。無論、PBRが
異常な水準に放置されるケースもあります。
1.倒産リスクがあること
2.赤字決算が続いていること
3.資産評価に疑義があること
などです。ただ、この全てが同社には当てはまりません。

また、同社のIR部署に確認したところ、マレーシアの第二多結晶シリコンプラ
ント建設は約1,000億円の大型プロジェクトですが、2009年に実施した公募
増資で460億円を調達済みであり、不足分は借入で賄うということで目途が
立っているとのことです。無論、公募増資をやるなど漏らすはずもありません
が、その可能性はかなり小さいでしょう。

アナリストによる目標株価の引き下げは、同社の主力商品である多結晶シリ
コンの市況が悪化している中、今回の大型プロジェクトに危惧を感じていると
いうことでしょうか。ただ、来期について言えば、多結晶シリコンの利益が
たとえ半分になったとしても、化成品の値上げ効果やセメントの市況回復で
今期並みの利益水準は確保できる見通しのようです。どう間違っても赤字に
はならないということです。

PBR0.37倍のトクヤマ(4043)、皆さんはどのように評価しますか?

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
確実な実績、良心的な会費、ご相談OKのフォロー体制が売りです! 
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
「売却指示が欲しい」「デイトレで成果が上げられなかった」「忙しい」
という方にぴったりのサービスです。
空売りもご希望の場合は、状況次第では、空売りのご提案も組み入れます。
銘柄売買のご指示は電子メールまたはFAXで行います。つづきはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週(2012年3月24日現在)の日経平均株価は7週間ぶりに下落となり
ました。テクニカル的にも過熱感があるところに、欧州や中国の景況感の
悪化懸念や円安一服がきっかけとなりました。ただ、今回の上昇相場は
世界的な金融緩和が背景にあること、また米国景気に回復の兆しが見えて
いること、そして極端な円高に戻る可能性が小さいことなどから、これで
今回の上昇トレンドが終わるとは思えません。当然の一服と捉えてよい
でしょう。

従って、ここからは基本的には押し目買いのスタンスでよいと思いますが、
そうは言っても、どのタイミングでどんな銘柄を買えばいいのかあまり簡単で
はありません。日経平均が目先調整となれば、当面は主力大型株が一服と
なり、中小型株や材料株が物色される動きが想定されます。

ただ、来期の業績が最大の関心事となるこの時期に、業績を無視して中小
型株や材料株が買われるとも思えません。やはり来期増益が見込まれこと、
そして割安感があること、更に現在のテーマに乗っている銘柄が狙い目と
いうことになります。そこで、ズバリ!「環境」と「エネルギー」を主要テーマに
事業を展開しているタクマ(6013)に注目してみたいと思います。

今年の7月からの“再生可能エネルギー買い取り制度”のスタートを控え、
再生可能エネルギーに注目が集まる中、同社の中核事業は廃棄物処理
プラントおよび国内外でバイオマス発電プラントです。今期PERは11.6倍、
来期は特別損失もなくなり、受注も順調なことから1株利益が60円前後に
なるとの見方もあります。もしもそうならばPERは7倍、超割安です。

タクマ(6013)の3月23日の終値は420円、目先の高値から約5%の押し
が入っている水準です。今年2円復配したばかりで配当利回りは0.48%と
低いことから、27日の権利付最終日までは動かないかもしれませんが、
逆にその辺が買いのタイミングになるかもしれません。

“再生可能エネルギー買い取り制度”の解説はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/fglossary.htm
それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の全銘柄実績、「下落率ランキング」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

大震災から1年が経ちました。今朝の電車の中でも「地震が来なければいいね」
と話している乗客の声が漏れ伝わってきましたが、まさに全国民が望んでいる
ことでしょう。

さて、今週(2012年3月17日現在)は日経平均が8ヶ月ぶりに1万円の大台を
回復しましたが、今回の上昇相場の主役は外国人投資家であり、直近まで
11週連続の買い越しになっています。一方で、今回の相場に乗り遅れ、
押し目待ちに押し目なし”の中で、なかなか動きにくい投資家も多いと
思います。本日は今さら外国人の尻馬に乗りたくないという方に出遅れ株
ひとつをご紹介いたします。

電極大手の日本カーボン(5302)です。前期(11年12月期)は主力の電極が
伸び悩みましたが、ファインカーボンが太陽電池や半導体メーカー向けに好調、
またリチウムイオン電池負極材も伸長し、経常益26.4%増と好調な決算内容で
した。ところが、今期(12年12月期)の会社予想は一転して23.9%減という
大変厳しい内容となりました。

今期の減益予想は主力の電極が円高で輸出が不振であること、また半導体
や太陽電池業界の回復が遅れるとの見通しに基づくものです。ただ、この会社
業績予想は慎重な傾向が強く、期初に低めの数値を出し、期末にかけて
上方修正するケースが多いのです。そして、今回もそのようになる可能性が
高いと見ています。

その根拠は、
1.年後半から主力の電極の値上げ効果が出てくること
2.太陽電池向けのファインカーボンが年後半から回復する可能性が高いこと
3.想定為替レートは1ドル=75円であり、今後円安効果が期待できること
などです。

日本カーボン(5302)の株価は226円と低位であり、下値不安も小さく、“直ぐに
動かなくともそのうち動けばいい
”と発想する投資家には打って付けの銘柄だと
思います。そして、そのような発想で投資すると、意外に早く動き出したりする
ものですが・・・。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨年の年末頃は東京市場の出来高が異常に細り、日本株も当分見込み
がないという雰囲気が強く漂っていました。ところが、年明けから予想以上
の堅調な相場展開となり、手持ち株をあわてては売却し、その後の急上昇
をみて売りの難しさを味わっている投資家も多いと思います。そこで、誰も
が売りの極意を得たいと思うのですが、そもそも売りの極意などはない
考えた方がよいでしょう。

株価は多種多様な材料に反応し、また、多数のマーケット参加者の思惑も
交わって決定されるわけです。時間をかけてより妥当な値段に収れんされ
るとは言え、必ずしも株価は理論どおりに形成されるものではありません
良い材料が出れば必要以上に買われ、悪い材料が出れば必要以上に売ら
れるのが相場の常です。

また、株価チャート面などから損切りポイントなどを表示している情報もよく
ありますが、皆が皆、同じ投資行動を取れば、結果的には皆がハッピーに
はならないということでもあります。また、チャート面で売りシグナルが出て
いても、目先的にはともかく、ファンダメンタルズの良好な銘柄は遅からず
切返してくるケースがほとんどです。

要するに売りタイミングについては、どんなに経験豊富な投資家でも難しい
ものなのです。従って、売りに完璧さを求めないことが大事だと思います。
また、売却した銘柄の株価は未練たらしく追わないことも大切です。未練を
断ち切らないと、売却した銘柄が更に上昇したとき、悔しさ余って、また高い
ところで買い直すような愚を犯すことになるのです。

目先の動きに一喜一憂せず、じっくり時間をかけて大幅に値上がりするの
を待つのもよし、また、長期投資の時代ではないと割り切り、一定の上昇率
や下落率で機械的に売却するのもよし、自分なりのスタイルでやることが
ストレスを溜めない最大の秘訣だと思います。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄!」ご推奨。
お客様の投資予定金額に見合った銘柄をご紹介。
成功報酬は、10,000円です。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

AIJ投資顧問事件に関して、当社の1週間前(2012年2月25日号)のメルマガ
で“厚労省(旧社会保険庁)のOBネットワークが裏で動いた可能性がある”
と書きましたが、

(先週の記事はこちら、当社メルマガ2012年2月25日号↓)
http://valuesearch.blog81.fc2.com/blog-date-201202.html
「AIJ投資顧問 - 詐欺師に騙された単純な事件!」

最近の報道を見るとやはり間違いないようです。社保庁OBが天下りして
総合基金の常務理事となり、かつての仲間がやっているコンサルタント
会社
から奨められてAIJ投資顧問と契約し、挙句の果てに殆どの資産を
消失、奨めたコンサルタント会社AIJ投資顧問から出資を受け、更に
顧問料ももらっていたという構図です。

今回の事件で常務理事を始め意思決定をした理事会の責任が厳しく追及
されるのは当然ですが、老後のためにこつこつと積み立ててきた年金加入者
に対しては強い同情の念を禁じえません。これは泣き寝入りでは済まされな
問題です。AIJ投資顧問の残余財産経営者の不当利得の没収は言う
に及ばず、厚生労働省は超法規的な方法も含めて、今回の被害額を埋め
合わせるべき
と考えますがいかがでしょうか。

さて、順調に戻ってきた東京市場ですが、ここに来て、上値が重いという
印象です。前回のリーマン・ショック後の戻り相場も、上昇トレンドに入って
からほぼ3ヶ月後に短期間の調整がありましたので、今回もそろそろ調整
る場面があってもよいかもしれません。調整幅については前回の例を当て
はめると500円強ということですが、今回は押し目買い意欲が強く、そこまで
は下げないかもしれません。いずれにせよ、一旦軽い調整を経て、3月後半
から4月にかけて1万円の大台を回復する展開になると見ています。

従って、ここからは押し目買いのスタンスでよいと思います。ただ、今後は
銘柄が変わる可能性があり、基本的には来期以降の業績を睨んだ相場に
なると思います。具体的には今3月期の着地の数字よりも、より直近の
第3四半期(2011年10月から12月)の業績伸び率を重視した銘柄選択が
よいと思われます。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html