☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

株価はファンダメンタルズだけで決まるわけではありますので、時には常識的
には考えられないことも起こります。今週の東芝(6502)シャープ(6753)
株価逆転の動きなどはひとつの例でしょうか。

24日に、東芝(6502)はNAND型フラッシュメモリの生産拠点である四日市工場
の生産量を3割削減すると発表しました。供給過剰から同メモリのUSB・カード
向け市場で価格下落が続いているための対応策です。これをきっかけに翌25日
には同社の株価が急落、今年最安値の236円まで売られました。

ただ、同社は国内外の火力発電向け設備が好調であり、メモリ事業の不振を
補って、第1四半期の営業利益は前年同期比2倍以上になった模様であり、
また、通期予想3,000億円を据え置く可能性が高いのです。今期は経常益45%
増、PER7.6倍と大変魅力的なのです。にも拘らず、なぜ230円台まで売られた
のでしょうか。その理由は、最近充満している悪材料過敏症と5,000万株近い
大量の信用買い残(売り残は約720万株)だと思われます。

一方、シャープ(6753)は、液晶パネルの稼働率が大幅低下、また太陽電池
の値下がりも激しく、台湾の鴻海精密工業グループとの提携も及ばず、
第1四半期で1,000億円程度の大幅赤字が見込まれています。まさに予想以上
の厳しさであり、最終赤字300億円の通期予想が今後、大幅下方修正される
のは必至と思われます。人員削減などのリストラも後手に回り、経営に
切迫感もスピードもなく、先々明るい材料が見えない状況なのです。

このような中で、24日の終値は東芝が242円、シャープが260円でしたが、
両銘柄の株価を比べてみると、やはり違和感を否めません。株価は常に公正
な価格が付くわけでもなく、時には歪みが生じることも決して稀では
ありません。そして、このような時こそ投資家にとってチャンスということ
でもあります。東芝買いシャープ売りなどを仕掛けるのも面白いかも
しれません。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、同業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト
バリューサーチ投資顧問は2004年6月に設立された
独立系の株式投資顧問です。

○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号

ファンダメンタルズを中心にした分析に加え、
割安度、企業業績、テクニカル、規模、株価水準、
市場動向、人気面などを配慮して、
比較的短期で上昇が期待できるおすすめ株式、
また下落が予想される空売り銘柄を推奨いたします。

バリューサーチ投資顧問株式会社では、
当ブログ「株式投資に生涯つきあう法」
または無料メールマガジン名:
「下値不安が小さく3ヶ月で勝負できる割安株」
というタイトルで、株式投資の銘柄選びの
ノウハウを主要テーマとした無料メールマガジンを、
週1回(週末)配信しております。

全バックナンバーは、当ブログ
バリューサーチ投資顧問「株式投資に生涯つきあう法」
にてご覧いただけます。

著者のメディア掲載履歴
無料メルマガのご登録はこちら

個人投資家と日本株式を応援する、
バリューサーチ投資顧問の「投資助言サービス」は
個人投資家の株式投資のご負担にならないよう
投資顧問料を格安設定にしておりますが、
サービスの品質には問題ございません。

・バリューサーチ投資顧問株式会社のサービス・料金比較
・バリューサーチ投資顧問株式会社の全銘柄実績

なお、当ブログ「株式投資に生涯つきあう法」
の名称を無断で用いて、ブログなどでディーリング方法
に関する投資商材を販売している詐欺まがいの業者
があるとのご報告がございましたが、
当社とは一切関係がございませんので、
お気をつけください。

当社バリューサーチ投資顧問がお客様にご提供する
サービスは、
投資助言サービス
(当社は、金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第966号の登録業者です)
金融商品仲介サービス
(当社は、金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第304号の登録業者です)
の2サービスです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

バリューサーチ投資顧問株式会社一同
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

某新聞の連載記事の中で、“正社員の既得権を守るため、パソコンも英語も
できる若者が職に就けないという結果になっている”という趣旨の発言が
ありました(※2012年7月21日現在)。やや一面的な指摘とは言え、
最近の雇用問題の核心を突いていると思います。労働者の権利は基本的には
守られるべきものですが、ただ、不良社員さえ解雇させないという日本の
労働界や司法界の異常さは世界一と言っても過言でありません。このような
時代遅れの考え方が働けない多くの若者を生み出しているというアンバランス
さを直視すべき時期にきたのは間違いないでしょう。

ところで先日、ある若者から、「マンションを買いたいが、いかがでしょうか?」
という相談を受けました。当方曰く、「買うのはいいと思うけれど、いつでも
きちんとした価格で売ることができる物件、また、いつでも人に貸すことが
できる物件を選ぶのが最低の条件だよ。たとえ、狭くとも便がよいところを
選ぶべきだよ。」とアドバイスしました。

そして、「今はマンションの価格が上がるような時代ではないので、そんな
にあせる必要もないよ。」と付け加えました。ところが、「今、住んでいる荻窪
あたりのマンションは既に値が上がり始めています。」と反論されました。
長期の不動産不況の中で、マンションの価格は上がらないと思い込んでい
ただけに、さすがに驚きを隠せませんでした。

超低金利を背景に若者の買い意欲は強くなっているようです。また、その
若者は将来の震災被害の小さな地域を選びたいと盛んに言っていましたが、
震災リスクもマンション価格に反映される時代なのでしょう。値上がりが
期待できる物件、一方で値下がりが止まらない物件、マンションの格差
一段と大きくなっていきそうです。

外需系の主力株に手を出しにくい状況の中、利便性の高い地域で耐震性
マンションなどに力を入れている不動産会社に注目するのもよいかもしれま
せん。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

大手証券中心にインサイダー取引が相次いでいます(※2012年7月14日現在)。
そもそもインサイダー情報とは業務上、多くの人間が知り得る情報です。
不祥事の後はいつも情報の管理体制の問題が言われますが、そんなものは
自ずと限界があります。なぜならば関係者の口を糸で縫うわけにもいかない
からです。所詮はモラルの問題なのです。モラルなき金融関係者が増えて
いることこそ深刻な問題です。

ところで、本日は個別銘柄のケーススタディとしてツガミ(6101)を取り上げて
みたいと思います。ツガミはスマートフォーン関連が急増、株価は昨年10月
を大底(259円)に急伸、3月には990円の高値を付けました。ただ、その後は
中国の景気減速などで受注が減少、株価はあっという間に500円割れまで
売られました。

直近の報道によると、今期上期の営業利益は期初予想の48億円を大きく
上回る65億円になるそうです。但し、5月以降は中国などの景気減速の影響
が深刻で下期の収益は大きく落ち込みそうです。要するに、上期は大幅
上方修正
ですが、下期は大幅減速通期ベースではほぼ予想どおりという
ことです。問題はこのようなケースで株価はどのように反応するのかです。

結論から言えば、ツガミはPERが7.3倍と超割安、また株価は高値からほぼ
半値になってはいますが、株価の戻りには限界がありそうです。現在は
成長性(増益率)のみを見る相場だからです。逆に上期は大幅下方修正、
下期は急回復で通期ベースでは予想どおりということならば、株価は間違い
なく強く反応するはずです。

それでは、ツガミが本格的に出直るタイミングはどこでしょうか。ズバリ!
中国景気の底打ちがみえてきた時です。中国の4~6月期のGDPは7.6%と
3年ぶりに8%割れとなり、現在は悲観論でいっぱいです。ただ、インフレ
懸念が薄らぎ、今後の金融緩和余地が大きく、また上期の財政支出の
効果も出てくるはずであり、中国景気の底打ちもそんなに遠くはないと思わ
れます。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
確実な実績、良心的な会費、ご相談OKのフォロー体制が売りです! 
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
「売却指示が欲しい」「デイトレで成果が上げられなかった」「忙しい」
という方にぴったりのサービスです。
空売りもご希望の場合は、状況次第では、空売りのご提案も組み入れます。
銘柄売買のご指示は電子メールまたはFAXで行います。つづきはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

注目の6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が8万人増と市場予想
の10万人増を下回ったとのことです(※2012年7月7日現在)。
米国景気は一進一退のようですが、中国景気は意外と回復している
という直近の専門家によるアンケート結果はなかなか興味深いものが
あります。

ところで、6月中旬に国内大手証券D社が大手商社のレーティングを厳しく
引き下げを行いました。伊藤忠商事(8001)丸紅(8002)は1から3に、
三井物産(8031)は2から3に、三菱商事は3から4に格下げしました。4社
ともPERは4~5倍、PBRは0.8~1.1倍、配当利回りは4%後半であり、まさ
超割安銘柄なのです。

なぜこのような評価になってしまうのか。それは現在の相場環境によるもの
だと思います。現在の相場では割安度(PER、PBR、配当利回りなど)は
ほとんど無視されており、重視されているのは成長性(増益率の変化率)
のです。景気が不安定な局面ではよく見られる現象です。

格下げされたのは資源高に依存している体質に限界ありとの評価なので
しょう。確かに中国などの景気減速により資源価格は低迷しており、業績へ
の影響は避けられないと思います。

ただ、各社との非資源分野を強化しており、丸紅などは電力、食料、化学品
など非資源分野で稼ぎ、今期増益率は+9.2%と最高益更新の予想です。
しかも超割安銘柄です。この銘柄が2段階格下げされたのは、D社から
言えば、今期の増益率は達成できない、そして来期以降の業績も厳しいと
いう評価なのでしょう。

ただ、この評価が正しいかどうかはわかりません。非資源分野に大きな成長
性があるかもしれませんし、また意外に早く中国景気が回復するかもしれま
せん。この辺の判断次第では、丸紅は買い銘柄にも売り銘柄にもなりますが、
ここが株式投資の難しさであり、面白さでもあるということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
1~2ヶ月で十分な値下がりが期待出来る割高株を推奨!
当社の全空売り銘柄の実績、「下落率のパフォーマンス」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html