☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近、「大分高くなってしまって買いそびれた
のですが、どうしたらいいでしょうか?」
「日経平均が1万円を割れたら買いたいと思って
いますが、いかがですか?」などの質問が多数
寄せられています。

その時には、「今回の上昇相場はいわゆる
“アベノミクス”がきっかけですが、米中の景気に回復
の兆しが見え、欧州も落ち着きを取り戻して
いるという世界的な背景もよく見たほうがよいです。
従って、ここ5年間のボックス相場(8000円~10,000円
程度)から抜け出し、新たなステージに入る可能性が
高く、今までと発想を変えたほうがよいと思います。」
と返答しています。

ところで、今回の上昇相場の中で、蚊帳の外に
置かれている銘柄が結構あります。
例えば、精密工作機械メーカーのツガミ(6101)です。
今期経常益は前期比2.2倍増、PERは7.4倍と超割安
ですが、株価は昨年3月高値(990円)からほぼ半値
(526円)の水準にあり、今のところ動く気配は
ありません。

“蚊帳の外”銘柄にはいくつかの共通点があります。
まず第1にアベノミクスに全く関係ない銘柄です。
第2に円安メリットがない銘柄、または円安がデメリット
になる銘柄であり、そして、第3に来期業績が不透明
な銘柄です。

この中で最も市場が意識しているのが、第3の来期業績
です。
前述のツガミの上期はスマートフォン向けの工作機械
が中国で伸長したことで収益が急拡大しましたが、
第3四半期以降は中国の受注が急減、今年に入っても
回復の兆しが見えない状態です。このような中で、
市場は来期の大幅減益を織り込んでいるのだと思います。
一方で、今期赤字でも来期は回復する銘柄は大きく
買われています。

このように最近の相場は一見、何でも買われている
ように見えますが、個別銘柄の動きはかなりマチマチ
です。
来期業績という観点からシビアに選別されている点を
見逃さないほうがよいでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
相場に強気と弱気が交錯している局面に!
週1回、類似業種の「買いと空売り」のペア銘柄
を1セットご紹介!

当社では銘柄選択をする際、来期業績を見据え、
企業のIR部署にインタビューを欠かさず行っております。

ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

いわゆる、“アベノミクス”を材料に建設株が
大きく買われました。
しかし、冷静に考えてみれば、公共事業の
受注競争は大変厳しく、実際に受注できるかも
未知数、受注できたとしても売上計上まで
かなりの時間がかかります。
まして、労賃の高騰で利益が上げづらい状況に
あります。
取りあえず、ムードで建設株を買った第1ラウンド
は終了、これからは実際に業績に寄与するかを
見て選別される段階に入るのではないでしょうか。

ただ、建設株の中でも住宅株は確実性が高いと
思います。
その理由は、今後多少でもインフレ期待が
出てくれば、当然ながら値上がり前に買おうと
いう動きが活発になってくるはずであり、また、
景気回復に伴って、住宅ローン金利の上昇が
想定されることで駆け込み需要が想定される
からです。
無論、住宅ローン減税の拡大延長や相続税の
優遇措置なども追い風になるのは間違いないで
しょう。

そこで本日は、プレハブ住宅の中堅メーカー、
エス・バイ・エル(1919)を紹介したいと
思います。
同社の今期(13年2月期)は親会社のヤマダ電機
提携強化を図りましたが、当初計画した人員増強
や分譲用地取得が遅れたことで経常赤字4.8億円の
見通しです。
ただ、ヤマダ電機も住宅事業に本腰を入れてきて
おり、リフォーム事業分譲事業など提携効果は
かなり大きく、来期は本格的な収益寄与が期待
できると見ています。

6月には社名をヤマダ・エスバイエルホームに変更、
知名度や信用力のアップを狙います。
そして、何よりも魅力的なのは100円台の株価です。
大体、100円台の銘柄は信用面や財務面で不安が
あるところが多いのですが、同社はこの点で全く
心配がないのも強みです。

大和ハウス工業(1925)など大手も有望だとは
思いますが、既に株価はかなり高い水準にあります。
中長期的な観点から株価倍増の可能性を考えれば、
170円前後のエス・バイ・エルの方が遥かに高い
ように思いますが、いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
推奨銘柄に関するご相談はメールにて回答中!
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

一度失敗したから駄目という見方が多くありました。
しかしながら、一度失敗したから却って良いという
こともあります。
安倍首相のことです。矢継ぎ早に打ち出される政策
に過去の失敗経験が背景にあるように思えます。
これからは、マスコミや評論家などが足を引っ張り
出すと思いますが、政治家にとって大事なことは
大衆迎合的な人気ではなく、
“千万人ともいえども我行かん”という心意気で
結果を出すことです。

その安倍政権への期待から東京市場は急上昇
しましたが、今週の動きを見てみると、やや潮目
が変りつつあるように思います。
衆院解散決定時から直近までのスタイル別の指標
を見ると、バリュー株の上昇率は27%ですが、
グロース株は19%とかなりの差があります。
小型グロース株に至っては
16%と更に出遅れ感が顕著です。
これは海外市場と比べて割安ということから、
外国人中心に低PBR銘柄が買われたためです。

しかし、今週の動きを見ると、久し振りに
グロース株(+1.37%)バリュー株(+0.92%)
上回りました。
これはたまたまなのかは現時点では断言できません
が、低PBR銘柄の循環物色が一段落した可能性が
あると思います。
年代わりを機に、市場の関心は来期業績に移り
つつあるということでしょう。
とは言っても、来期業績を予想することは簡単
ではありません。
四季報などで来期予想は掲載されていますが、
正確な予想とは言い難いのが現状です。
できるだけ正確に把握するには、まもなく発表
される第3四半期決算の内容をよくチェックする
しかないのです。
そして、業績のトレンドとその根拠を知ることです。
それでも疑問があれば、当該会社のIR部署に確認
してみることです。
ほとんどの会社がていねいに説明してくれる
はずです。

何を買っても儲かるなどという夢のような相場が
いつまでも続くわけではありません。
労なくして成果なしということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
確実な実績、良心的な会費、ご相談OKのフォロー体制が売りです! 
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
「オンライン証券で自分で売買したいけど、
銘柄選択と売買タイミングの指示がくると助かる」

という方にぴったりのサービスです。
銘柄売買のご指示は大引け後に、電子メールまたはFAXで
行いますので、お客様のお時間を一切邪魔しません!
つづきはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、本日は昨年末から直近までの業種別の動き
2005年大相場時のそれとを比べて、今後の
銘柄選択のヒントにしたいと思います。
まず、昨年11月の衆院解散決定時から直近までの
業種別の動きは以下のとおりです。
■ベスト5は、           
1.+40.42% 金融(除く銀行)
2.+33.10% 自動車・輸送機   
3.+32.58% 鉄鋼・非鉄
4.+30.48% 機械
5.+30.06% 不動産
■ワースト5は、
1.+4.57%  医薬品
2.+7.21%  情報通信・サービス他
3.+7.38%  食品
4.+9.98%  小売
5.+10.84% 運輸・物流

2005年大相場時の動きと比べて特徴的なことは、
(1)当時は原油・商品市況の上昇を背景に、
   エネルギー資源や鉄鋼・非鉄、商社・卸売
   などの上昇率が最も高かったが、商品市況
   が落ち着いている現在
はこのような動きは
   乏しい。
(2)不動産や金融(除く銀行)の高上昇率は
   現在と同様。
(3) 医薬品や食品、情報通信・サービス他、
   運輸・物流等の内需株が相対的に低調
   だったのも現在と同様。

次に、規模別の動きを見てみると、
1.+23.02% 大型株
2.+19.44% 中型株   
3.+18.70% 小型株という状況です。
一方、2005年は小型株+59%、中型株+46%、
大型株+38%と現在と全く逆の動きでした。
因みに、最も上昇率が高かったのは東証2部指数
でした。

そして、結論を言えば、
今後は、“小型株”にも注目!そして、
商品市況の動きから目を離すな!”
ということでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
株価の急上昇または株価の急下落など、
相場に過熱感があるときに!
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、類似業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html