☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

中間決算の発表が始まっています。
この時期は開示が進むにつれて、未開示
の銘柄に対して連想買いや連想売り
起こります。
例えば、10月23日に道路舗装最大手の
NIPPO(1881)が当初の通期予想を
27.3%上方修正しました。
これを受けて翌日の株価は6.5%高と
急上昇しましたが、これに伴って、
道路舗装の二番手である前田道路(1883)
も4.1%高と連想買いされました。

両銘柄とも官公庁の比率が高いこと
や受注が好調なこと、一方で資材費高や
労務費増、またアスファルトの価格上昇
が重荷であるなど共通点も多く、また
割安度もほぼ同じ、従って、この連想買い
は妥当な動きと言えそうです。

一方で連想売りの例として、10月24日に
キヤノン(7751)が7月時点で下方修正
した通期予想をさらに7.7%下方修正
しましたが、その翌日は当のキヤノンより
も同業種のリコー(7752)の方がより
売られるという現象が起きました。

キヤノンが下方修正した要因は、インク
ジェットプリンターがアジア地域を中心に
市場が縮小、そしてコンパクトデジカメが
スマートフォンなどの普及で低調だった
ことです。
要するに、
“インクジェットプリンターとカメラ”
が大きく足を引っ張ったということであり、
同社はこれら個人向け商品の比率がなんと
40%弱と非常に高いのです。

ところが連想売りされたリコー(7752)は
デジカメ事業の比率はたった1%、また
事務機器は法人向けが中心なだけに、
個人向けのインクジェットプリンターの比率
キヤノンと比べてかなり低いはずです
(具体的な比率は未公開)。
従って、キヤノンが厳しいからリコーも同じ
と見る必要はないかもしれません。

リコーは10月31日、前田道路は11月12日
に中間業績が開示されます。
市場で連想された内容が正しかったのか否か、
その時には明らかになるでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
ファンダメンタルズのみならず、規模や株価水準も
市場動向や人気面などから配慮して銘柄選択
します!
2013年の当社の直近空売り銘柄実績、
「下落率のパフォーマンス」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

大変残念なことですが、東京市場の動向は
外国人投資家次第です。
ここ数年、彼らの売買代金シェアは50%を
超えており、このような異常な状態になって
いるのは、個人投資家はともかく、国内の
機関投資家の存在感が全くない
からです。
その筆頭が年金積立金管理運用独立行政法人
(GPIF)であり、120兆円の運用資産を持つ
世界最大の年金基金です。

そのGPIFは今年6月に設立以来初の基本
ポートフォリオの変更を実施、国内債券の
比率を従来の67%から60%に引き下げる一方、
国内株式は11%から12%に、外国株式は
9%から12%に引き上げました。
国内株式の引き上げ幅はたったの1%、
全体でわずか12%に過ぎません。
自国の株式に自信が持てないのでしょうか、
この比率は欧米の大手年金基金に比べて
著しく低いのです。

一方で、国内債の比率は未だ60%と高く、
デフレ脱却に伴う金利上昇が予想される中、
今後の価格変動リスクが大いに懸念されて
います。
役人たちはこんな運用をやっていながら、
一方で年金財政の破綻危機などと騒いでいる
のですから、まさにお笑い草です。

こんな状態ですから、今は外国人投資家の
動向を常に注視せざるを得ないのです。
その彼らは米国の財政問題で市場に様子見が
拡がった最中の10月第2週、何と2,359億円も
買い越しています。
国内機関投資家と全く異なり、日本株への
大きな期待感
が伺われます。
そして、まもなく始まる中間業績の開示を見て、
一段と買い越し額が膨らむと予想されます。

このような中で、個人投資家の狙い目は、
既に高値圏ある好業績銘柄よりも、
“第2四半期以降”業績が伸び
ている銘柄や下方修正銘柄の中でも
“業績の底打ち”が確認された銘柄などでしょうか。
これらの銘柄は市場の反応度もかなり高い
はずです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
根拠なく急騰する銘柄は、急落するリスクがあります。
一方、当社では、下値不安が小さく、3ヶ月で勝負できる割安株
をお奨めします!銘柄選びは、
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
2013年の推奨銘柄の全パフォーマンス!↓
http://www.value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近、公募投信の売れ行きがよいそうです。
本日は水を差すわけではありませんが、
公募投信には気をつけた方がよい
というお話しです。
その理由とは、

まず、公募投信はコストが高いということです。
ノーロードファンド(販売手数料がない)が
さかんに宣伝されていますが、投資家が支払う
コストは販売手数料だけではありません。
保有している間は一定期間ごとに、ファンド資産
から「信託報酬」という名の手数料が徴収されます。
この信託報酬は運用会社と販売会社、信託銀行に
それぞれ分配されますが、ノーロードファンドの
場合は販売手数料がない分、この信託報酬がかなり
高く設定されるのが常識です。
また、外資系ファンドの中には信託報酬の運用会社
取り分を異常に高く設定しているものもあります。
信託報酬の中身に要注意なのです。

2点目は日本株を投資対象とした公募投信は
数え切れないほどありますが、中身はみな同じ
ようなもの
だということです。
それぞれのファンドに特長もなく、ベンチマーク
(運用の目標とする基準)はほとんどがTOPIXです。
ベンチマークをほんの少しでも上回れば上出来、
ベンチマーク以下のファンドもいくらでもあります。
このような状況ですから、コストの高い公募投信
を買うよりも、ETF(上場投資信託)
株価指数連動型を買う方がよほどよい選択と
言えます。
コストは安いし、ザラ場での売買も自由です。
ただ、出来高の多い銘柄を選ぶことが大事です。

3点目は日本ではプロのファンドマネージャーと
言えるのはほんの一握り、ほとんどが素人に
毛が生えた程度のレベルだということです。
従って、公募投信を買って、後で運用結果を
後悔するくらいならば、自ら学んで自らの責任で
投資
した方がよほどすっきりするということです。

NISA(ニーサ)の導入を機会に、大手証券や
メガバンクは公募投信の大量販売を目論んで
いますが、その手に乗る前にじっくり考えて
みたらいかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問は、
「自ら考え、判断する投資家」を対象に、
ファンダメンタルズ中心の分析により、投資家が
投資行動に踏み切れる「根拠ある」銘柄を推奨します!
これだけ学べば初心者でもOK!
「割安株を探そう」10分間投資講座

=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

小学生の時代から教えられてきました。
民主主義とは、
“多数決の原理と少数意見の尊重”
であり、そして、これらを実現するための
制度こそ民主主義の根幹であると。
ところが根幹であるはずの制度が世界中で
多くの深刻な問題を引き起こしています。
“二院制とねじれ現象”です。
つい最近まで日本が大いに苦しみ、そして
米国では予算の成立や債務上限問題を巡って
議会の泥沼化を招いています。

世界経済に明るさが見え始めた矢先だけに、
人為的な問題で水を差されるのは投資家に
とって大変残念なことです。
“一党独裁こそ理想”と中国の高笑いが
聞こえてきそうです。
ただ政治家たちのパフォーマンスもまもなく
終わるはずです。
あまりやり過ぎると自分達に火の粉が
降りかかってくるからです。
所詮、彼らにとって大事なことは天下国家
ではなく、自分たちの選挙だからです。

そして、この混乱が終われば、東京市場は
年末新高値に向けて本格的に動き出すと
見ています。
その根拠は以下のとおりです。
・安倍首相の政権運営への期待が一段と
 高まっており、中長期の外国人買いが大い
 に期待できる
・歴史的な欧州危機は最悪期を脱しつつあり、
 また中国経済はハードランディングへの
 懸念が後退している
・米国の金融緩和縮小に伴う新興国の混乱は
 深刻な事態にはならないと思われる
・シリアやイラン問題など地政学リスクが
 後退している
・国内では脱デフレと景気持ち直しが進み、
 地方景気にも波及しつつある
・新興国経済の減速の影響があるが、企業業績
 は好調、中間決算への期待が高まっている
・いずれ米国の金融緩和縮小は始まると予想
 され、円安基調は変わらない

今年5月に想定以上のスピードで日経平均
15,600円台の高値を付けましたが、
その後は13,000円~15,000円程度の
レンジ相場が続いています。
いよいよということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄!」ご推奨。
ご入会から原則1週間以内に推奨銘柄を配信!
お客様の投資予定金額に見合った銘柄をご紹介。
成功報酬は、10,000円です。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
詳しくはこちら↓
「投資助言サービス」<成功報酬型>成功報酬料発生のルールとは?
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html