☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

中国や一部南米国など新興国経済への
先行き不安から、世界の株式市場に俄かに
暗雲が漂ってきました。
現時点ではこの問題が拡散していくのか、
それとも短期的に収拾していくのか、よく
見えませんが、ダボス会議のパネルディス
カッションにおける黒田日銀総裁の発言が
言い得て妙だと思います。
世界経済の先行きについて総裁曰く、
「下振れリスクはあるが、慎重に楽観している」
と。

ただ、このようなことがなくとも、年が変わる
と銘柄が変わる
ことがよくあります。
前年までの主役銘柄が年末年始に“最後の輝き”
を放ち、1月半ば頃から下落に転じるという
ケースです。
いわゆる主役交代の動きです。
今年の例で言えば、ソフトバンク(9984)
代表的な例でしょうか。
同銘柄は年末に高値9,320円を付けましたが、
ここに来て、あっという間に急落しました。

1月中旬に複数の外資系証券がソフトバンクの
目標株価を10,000円に引き上げましたが、
これに乗った個人投資家が買いに対して、
外国人投資家が大量の売りをぶつけてきたという
何とも皮肉な結果となりました。
いずれにせよ、丸1年続いた同銘柄の上昇トレンド
が曲がり角にきたことだけは間違いないようです。

今後はソフトバンクに限らず、外国人投資家
による大量の売りが出る銘柄が頻発すると
思われます。
ただ、外国人が儲かった銘柄を売って、
新たな銘柄に乗り換える一連の動きと見れば、
よく理解できるはずです。

相場を崩さぬように慎重に売る国内機関投資家
と違って、彼らは売ると決めたら徹底的に
売りますので、その辺は気をつけた方がよい
でしょう。
ここは、“外国人持ち株比率が高く、高値圏に
ある銘柄
は要注意”です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
空売りも資産を守る手段のひとつです!
ファンダメンタルズのみならず、規模や株価水準も
市場動向や人気面などから総合的に判断して銘柄選択します!
当社の全ての空売り銘柄実績、
「下落率のパフォーマンス」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年の初夢は日経平均20,000円の大台回復
かもしれません。
ただ、その実現にはかなり厳しい条件がつく
と思います。

1.米国経済が本格的に回復する
米国経済の本格的な回復は世界経済を牽引
する最も強力な要因になるからです。
また、金融緩和縮小が当然の政策として
評価されるでしょう。

2.わが国の成長戦略が進展する
アベノミクスの三本の矢とは、大胆な
金融緩和、機動的な財政出動、民間投資を
喚起する成長戦略ですが、肝心の成長
戦略がほとんど進捗していません。
このような状態が続くようですと、
アベノミクスへの信認が揺らぎかねない
からです。

3.個人投資家が大幅な買い越しに転じる
昨年の売買動向を見てみると、外国人
投資家が15.1兆円の買い越し、一方で
個人投資家は8.7兆円の売り越し、
金融機関も5.8兆円の売り越しです。
このような需給構造に変化がなければ、
外国人にかき回される相場が続くという
ことです。

4.企業業績が2桁以上の伸びとなる
株価を決める基本的な要素は企業業績です。
少なくとも2桁以上の伸びがなければ、
株価を押し上げることにはならないから
です。

以上の4条件を満たせば、日経平均20,000円
というベストシナリオがあると思います。
ただ、全ての条件を満たすのは容易ではなく、
残念ながらその実現はなかなか厳しいと
思います。
一番可能性の高いシナリオは、
14,000円~18,000円程度のレンジ相場と
見ています。

ということは、今年は昨年のように日経平均
の上昇に伴って簡単に儲けられる相場には
ならないということを意味します。
銘柄選別が重要になるということです。
そのポイントは来期業績であり、今月後半から
2月前半にかけての第3四半期決算の発表を機に、
先取りした動きが出てくるでしょう。
同じ業種内でもマチマチの動きになるはずです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
ご入会時には無料銘柄診断いたします!
<フルサポート型>入会特典の「保有銘柄診断」は、いつ受けられますか?
確実な実績、良心的な会費、ご相談OKのフォロー体制が売りです!
来期業績をしっかり見据えた銘柄選びで、
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
「オンライン証券で自分で売買したいけど、
銘柄選択と売買タイミングの指示がくると助かる」

という個人投資家にお奨めできるサービスです。
銘柄売買のご指示は大引け後に、電子メールまたはFAXで
行いますので、お客様の忙しいお時間を一切お邪魔しません!
お申し込みはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年最初の1週間は5週間ぶりの下落で
始まりました。
今年はそんなに簡単な年ではないと思わせる
年初でもありました。
相場の基調は決して弱くはありませんが、
銘柄選びは難しい年になるということで
しょうか。

ところで、昨年11月に、
「なぜ、トヨタ株は上がらないのか?」
というタイトルの原稿を書いたところ多数の
投資家のアクセスをいただきました。
トヨタ自動車(7203)は昨年の5月に高値
6,760円をつけ、その後は調整、現在は高値
から約7%下落した水準にあります。
今さらながら、同社の多くの株主のイライラ
を見る思いでした。

ただ、トヨタ自動車を買っている投資家が
同銘柄に見切りをつけて、新興市場の
マネーゲームに参加するわけでもないでしょう。
なぜならば、彼らは堅実な運用を基本として
いるからです。
それならば、どうすればよいか?
その答えは、
今年は“東証1部の小型株を狙え”です。

昨年1年間の東証1部の規模別騰落率を
見てみると、
大型株+51.7%、
中型株+52.8%、
小型株+45.1%
と、大型株と中型株に比べて、
小型株の出遅れ感が顕著でした。
主力株と新興市場株の狭間にあって肩身が
狭かったという感じです。
ただ、東証1部の小型株に決して魅力がない
わけではなく、むしろ魅力的な銘柄が
ゴロゴロしています。

改めて言うまでもなく、パフォーマンスとは
リスクとリターンの関係を言います。
大きなリターンがあっても同じぐらい大きな
リスクがあれば、パフォーマンスが良いとは
言いません。
反対にトヨタ株のようにリスクが小さくても
リターンがないのも駄目です。
東証1部の小型株には、リスクに比べて
より大きなリターンが期待できる銘柄が多いと
見ています。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、上昇期待株を「ズバリ!2銘柄」配信!
オンライン証券でご自由に売買したい
自立志向型の個人投資家に最適なサービスです!
売却タイミングなど関するご質問・ご相談はメール(FAX)で常時受付中!
2013年の推奨銘柄の全パフォーマンス&サービス料金↓
http://www.value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

新年明けましておめでとうございます。
さて、今年はどんな年になるのか?
世界的に著名なマーケティング学者
フィリップ・コトラー氏は、
“日本は今や歴史の転換点に達し、世界の経済
大国に中にあって、さらにその地位を高めるため
新たなエネルギーと力を持ち始めた”
(日本経済新聞)と述べています。

“新たなエネルギーと力”とは、失われた20年
の中で自信喪失した日本がアベノミクスを
きっかけに自信を取り戻しつつあるということ
でしょうか。
また、短期政権が続いたことで世界から軽視され
がちだった日本が、長期政権が誕生したことで、
国際舞台で存在感が高まりつつあるということで
しょうか。
そして、何よりも重要なことは“技術力の日本
の復活ではないでしょうか。

今や世界中を席巻しているスマートフォンも、
元をただせば、NTTドコモ(9437)の
iモードです。
iモードは世界初の携帯電話端末による
インターネットへの接続サービスですが、
残念ながら、何か一歩足りず、中途半端な形で
終わってしまいました。
日本人は模倣が得意と言われていますが、
日本人が開発したiモードをヒントに米国企業
がスマートフォンを開発したのは何とも皮肉な
ことです。

かくして、日本企業は革命的な商品において
米国や韓国企業の軍門に降り、単なる
部品メーカーの地位に甘んじることになり
ました。
ただ、iモードの例を見るまでもなく、
日本企業の技術力や発想力は決して世界で
負けるものではありません。
ネックになっているのはいわゆるガラパゴス化
とソフトバンク(9984)の孫社長が言うように
欧米人へのコンプレックスではないでしょうか。

日本企業が、一部の需要を満たすような
マニアチックな商品ではなく、もう一度、
世界中の需要を喚起する画期的な新商品を
生み出した時こそ日本経済の真の復活と
言えるのではないでしょうか。

それでは、本年もよろしくお願い致します。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 5,000円(税込)で「渾身の1銘柄!」をご紹介!
お客様の買付余力に応じた推奨銘柄をオーダーメイド!
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合のみの成功報酬。
成功報酬額は、10,000円(税込)です。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
詳しくはこちら↓
<成功報酬型>では、投資資金に見合った銘柄をリクエストできますか?
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html