☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

為替市場では円安・ドル高の流れが
一段と加速しています。
先週末には12年半ぶりに124円台まで
円安が進行しましたが、この背景には
米国の利上げを囃してヘッジファンドの
投機マネーが動いているようです。
従って、今回の動きは円安というよりは、
ドル高ということでしょう。
ただ、米国の利上げは特段目新しい材料でもなく、
今回のドル高・円安の動きにはやや違和感が
あります。

そして、残念なことは、これ以上の円安は
日本経済全体にとってあまり良いことではない
ということです。
過度の円安は燃料や原材料価格の上昇に繋がり、
国内の製造現場への影響が懸念されます。
また、原材料の上昇を価格転嫁することで、
折角持ち直しつつある個人消費への影響も
懸念されます。

振り返れば、2007年から始まった円高への
流れは止まらず、2011年には70円台まで
進みました。
この円高を受けて、日本企業は生き残りを
かけて、海外への生産移転を進めて来ました。
当時、国内産業の空洞化の議論が活発だった
のは記憶に新しいところです。

従って、輸入企業は言うに及ばず、輸出企業
といえども、かつてほど円安メリットがあるわけ
ではありません。
また、国内に生産拠点を持っている輸出企業
でも部品などを海外から調達している企業も
多いので、極端な円安は好ましいことでは
ありません。

先週は円安進行を材料に自動車株や鉄鋼株
など一部の輸出関連株が大きく買われる場面
がありましたが、円安の最大メリット株である
トヨタ自動車(7203)の反応はそれほど
でもありませんでした。
120円前後で推移してきた円相場が新しい
ステージ
に入るのか、それとも投機筋の
仕掛けたドル高相場は所詮、長続きしない
のか。
しばらくは円相場の動きから目が離せない
でしょう。

それでは、また来週!

★バリューサーチ投資顧問『生きた証券用語辞典』
○「投機マネーとは?」 
○「円安とは?」 

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
株式の売買タイミングまでフルサポート!
日経平均が上昇し、押し目待ちが難しい相場環境で、
当社では「森(日経平均)より木(個別銘柄)を見る」投資を
行います!
6ヶ月または1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか?
「手数料の安いオンライン証券で自分で直接売買したいけど、
推奨銘柄と売買・決済タイミングの指示がくると助かる」

という個人投資家にお奨めできるサービスです。
銘柄売買のご指示は大引け後に、電子メールまたはFAX
で行いますので、お客様のお忙しいお時間を一切お邪魔しません!
株初心者の投資家も大歓迎!
※運用金額は500万円未満または3000万円以上や1億円などでも
承ります。その際、投資顧問料にもご配慮いたします。
まずはご相談ください。ご相談窓口はこちら↓
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
ご入会時には無料保有銘柄診断もいたします!
料金・詳しいサービスはこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

コンピューターの進化に伴い、最近は昔なかった
テクニカル指標がたくさんあります。
移動平均カイ離率など一般的なものから、
GCVやストキャスティクス、RSI、MACD、DMI等々、
中にはプロでも知らないような指標もあります。
このようなテクニカル指標を第一義的に重視して
銘柄選別している個人投資家も多いようです。

テクニカル指標とは過去のチャートから次の
値動きの目安になる情報を得るため、主に
コンピューターで計算された最も確率の高いと
思われるシグナルです。
ただ、株価の動きとは本来、多種多様な投資家
思惑や予想外の外部材料などが絡む現象で
あるため、常に正しいシグナルを出す
テクニカル指標があるわけではありません。

例えば、業績の大幅な上方修正や下方修正
というサプライズ情報にテクニカル指標は全く
意味がありません。
また、ヘッジファンドなど大口投資家が大量の
買付や売却を行ったことで、短期間に暴騰や
暴落が起きた場合でも、テクニカル指標自体
が役に立たないこともあります。
要するに、どのテクニカル指標も突発的な動き
に対しては、ほとんど無力ということです。

そして、この点が一番重要なのですが、
テクニカル指標に拘る余り、肝心の
ファンダメンタルズ面が疎かになってしまうこと
です。
本来、銘柄選びにおいては、デイトレーダーで
ない限り、業績面や割安度を第一義的に見る
べきものです。
その上で、テクニカル面をチェックするというのが
正しい手順だと思います。
その際、あまりにもたくさんのテクニカル指標
に拘ると、どんなにファンダメンタルズが
良好な銘柄でも×ということになりかねません。

テクニカル指標が無意味ということでは決して
ありませんが、過度に依存することなく、
銘柄選びの補助的ツールとして活用すべき
ものであるということです。
最終的にテクニカル指標が株価を決めることは
ないからです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 5,000円(税込)で「渾身の1銘柄!」をご紹介。
お客様の投資予定金額に応じたオススメ銘柄を1週間以内にご紹介!
特にリクエストない場合、100万円以下で買える銘柄を!
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合のみの成功報酬。
成功報酬額は、10,000円(税込)です。
バリューサーチ投資顧問で唯一の<成功報酬型>です!
2014年4月1日以降も、消費増税前の価格を据え置きました。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
<成功報酬型>サービス詳細はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

決算発表がほぼ出尽くしました。
今後は業績内容をどのように評価するのかが
ポイントになります。
まず、今期予想に目を奪われる前に、前期実績が
直近予想とどの程度ブレがあったかをチェックする
必要があります。
なぜならば、過去のこととは言え、直近の数字は
現状を最も表しているからです。

直近の数字が良いということは、引き続き、
今期も好調が持続する可能性が高いということを
意味します。
ただ、発射台が高くなった分、どうしても今期の
会社予想は低い増益率になります。
一方で、直近の数字が思わしくないということは、
今後の業績回復に不安があるということです。
ただ、経営者としては、株主の手前もあり、
減益決算を続けるわけにもいかず、強気の見通し
を出す傾向にあります。

例えば、A社は前期業績を直近予想よりも
大幅に上方修正した結果、発射台が高くなり、
今期の増益率は5%に止まったとします。
B社は前期業績を直近予想よりも大幅に
下方修正した結果、発射台が低くなり、
今期の増益率は20%とします。
増益率だけ見ると、B社の方が遥かに高いの
ですが、実際はA社の方が有望と判断した方
がよいと思います。
無論、個別銘柄ベースでは色々な要素が
ありますので、あくまでも基本的な話です。

ただ、株価が最も反応するのは、
前期を大幅上方修正、今期の増益率も
高い銘柄

です。
具体的には関東電化工業(4047)のような
会社です。
同社は前期業績(経常益ベース)を直近予想
から19.3%上方修正し、かつ発射台が高くなった
にも拘わらず、今期業績も25.7%増と大幅な伸び
になっています。

同社株は週明けから買い物になると思われ、
もはや買い出動しても遅いかも知れませんが、
このような業績内容ならば株価が最も反応する
という好例ですので、動きだけでも見ておかれたら
いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
買い推奨2銘柄を毎週明け配信します!
ファンダメンタルズを中心に銘柄選択、
下値不安が小さく今買いの割安株・バリュー株
を推奨します!
<銘柄紹介型>2015年の最新実績・上昇率はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

当メルマガで再三取り上げているシャープ(6753)
ですが、マスコミ報道によると、またまた
トンデモナイことをやるそうです。
資本金1,200億円から1億円に減資するという話です。
今回の減資は過去の欠損分を資本金や利益剰余金
などで補填するために行うものです。

減資自体で既存株主の持ち株比率は変わりません
が、持ち株数は1,200分の1に減少します。
すなわち現在12,000株保有している株主は10株に
なるということです。
従って、株価が1,200倍の309,600円(現在258円)
なればトントンになります。
ただ、そんな株価は夢のまた夢でしょう。
なぜならば、メインバンクのみずほ銀行と
三菱東京UFJ銀行が既に大幅な資本支援を
決めており、これによって発行株数が大幅に増え、
かなりの株式の希薄化になるからです。

今回のポイントは、大幅減資後にメインバンクが
出資に応じるということです。
明日から株価は急落すると思いますので、
かなり安い株価で増資ができるということに
なります。
要するに、出資を渋る主要銀行を説得するための
減資とも言えます。

シャープはこの4年間で1兆1,000億円強の
最終赤字を計上、何と今期も1,000億円の
最終赤字
の見通しだそうです。
一体経営者は何をやってきたのでしょうか。
そもそも“亀山ブランド”に拘り過ぎ、コストの安い
海外生産に移行しなかったという経営判断が
凋落の始まりでした。
あの時にいち早く海外生産に打って出れば、
同社の技術をもってすれば、世界の市場を
席巻できたはずです。

歴史を振り返ってみれば、経営の失敗によって
破綻の憂き目にあった企業は枚挙にいとまが
ありません。
なぜ、シャープだけ経営戦略の失敗を株主や
社員にしわ寄せ
し、あさましく生き延びられるのか
不思議でなりません。
非効率な企業は淘汰されるという自由経済の
原理に従い、市場から早く退場してもらいたい
ものです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 類似業種の中から、株価が上がると期待
される銘柄&株価が下がると予想される銘柄をペアで配信!
バリューサーチ投資顧問が独自の個別銘柄のロングショート戦略!
週1回、類似業種「買いと空売り」のペア株式を1セットご紹介!
空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りライン
設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

プロ野球のペナントレースが開幕して早1ヶ月
が経ちましたが、前評判が高かった広島カープ
とオリックス・バファローズが最下位に低迷して
います。
専門家は各チームの選手の力量を分析して
予想を立てたはずですが、生身の人間のやること、
机上の計算どおりにはならないということでしょう。

特にチームが下位に低迷すると、責任感が
強い選手ほど自分がどうにかしなければと、
力み過ぎたり、ビビったりして、さらに深みに
はまるという悪循環に陥り、こうなるとなかなか
抜け出せなくなります。
反対に好調なチームの選手は余裕ができ、
実力以上の力を発揮します。
本来の力に差はなくとも、結果的には大きな差
がついてしまうのです。

株式投資の世界でも同じようなことがあります。
儲かっている投資家損をしている投資家
のことです。
儲かっている投資家は余裕があり、
決断も早いので、多少不安があっても
積極的にリスクを取りにいきます。
要するに、動きばなを安く買うことができる
のです。
そして、安く買った分、早目に売り逃げ
られます。
このような良いリズムがまた次の良い結果
生み出します。

一方で、損をしている投資家はどうしても
決断が鈍くなります。
買いたいと思ってもビビってなかなか手が
出せません。
かなり高くなってから、やはり思ったとおり
と買いにいくものですから、高値掴み
なることが多いのです。
高値で買った分、なかなか利益確定売りの
チャンスがなく、また、損切りもできず、
結果的には損を膨らませることになります。

ただ、前者も後者も多分本来の力に差はなく、
たまたまそのような境遇になったということで、
心理状態が全く違うものとなり、結果的には
大きな差がついてしまったということでしょう。
それでは、損をしている投資家はどうすれば
よいのか?
その答えは、
“連休中に今までの損は全部忘れなさい”
ということです。
バカバカしい話と思うかもしれませんが、
心理的な要因は心理的に解決するしかない
のです。

それでは、良いゴールデンウイークを!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
株価が十分下がると予想される銘柄をご紹介!
ターゲット期間は1、2ヶ月程度です!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
当社の全ての空売り銘柄実績、バリューサーチの
「下落率パフォーマンス・ランキング」はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら