☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

プロ野球のペナントレースが開幕して
早1ヶ月が経ちましたが、28日、日銀は
現在の金融政策の維持を決定しました。
2月に導入したマイナス金利の効果を
見極めたいとのことです。
そして、政策目標とする2%の物価目標の
達成時期を、これまでの
「2017年度前半ごろ」
から、
「2017年度中」
に先送りしました。
先送りはこれで4回目です。
不確実な要素が多いとは言え、
こんなことを繰り返していれば、いずれ
“オオカミ少年”の誹りは免れないでしょう。

株式市場では追加緩和への期待感が
大いに高まっていました。
物価の下振れリスクが高まれば、躊躇なく
追加緩和に踏み切ると日銀総裁が常に
公言していますので、当然と言えば当然
でしょう。
ただ、前回のマイナス金利導入時も
反対委員が多数いましたので、今回も
彼らが強くは反対したのは想像に難くない
です。
中にはメガバンクの代表のような委員も
いますので、銀行に評判の悪い
マイナス金利の拡大は何としても
阻止したかったのでしょう。

マスコミはマイナス金利のマイナス面
ばかり強調していますが、本来の目的は
企業向けの貸出金利や住宅ローン金利を
低下させることで景気を刺激させること
です。
従って、銀行こそこの機会を貸出を伸ばす
チャンス
と捉えるべきなのです。
資金需要のある中小企業や新興企業は
いくらでもあります。
もっとも
「雨の日に傘を取り上げ、 晴れの日に傘を貸す」
というバカげた体質が変革されない限り
難しいかもしれませんが・・・。

市場の期待よりも銀行の顔色をうかがった
日銀、追加金融緩和に前のめりだった
株式市場はひとたまりもありません。
期待の反動で売りが相次ぎ、日経平均は
600円を超える大幅下落となりました。
ただ、物価上昇の気配さえ見えない中、
近いうちに追加緩和に追い込まるのは
間違いないでしょう。
それまでの間は、千載一遇の買いチャンス
と思えば良いでしょう。

それでは、良いゴールデンウイークを!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
株式の買いだけでなく、売却までフルサポート!
6ヶ月または1年間で堅実な成果を狙います。
ご入会から1ヶ月程度で順次買付ポートフォリオをご提示、
大引け後にメールまたはFAXで売買をご指示し、
→翌営業日の寄り付きで売買していただくため、
一日中、相場に張り付く必要はございません。
⇒<フルサポート型>でご提供されるサービス
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

20日、注目のトップバッターとして
安川電機(6506)が決算を発表しました。
まず、前期(16年3月期)の営業益は
16.5%増の367.3億円でした。
当初予想の355億円を上回り、
過去最高の数値です。
自動車関連分野を中心にロボット部門
が伸長、主力の制御機器部門も
中国経済減速の影響を受けたものの、
米国向けの販売が伸び、また新製品
への切り替えに伴う収益性の改善も
寄与したそうです。

ところが、併せて開示した今期(17年3月期)
の業績見通しは、営業益は前期比23.8%減
の280億円というものでした。
想定為替は1ドル110円、円高による
減益要因は合計で66億円ということです。
因みに、最新の会社四季報の営業益予想
は380億円、会社情報は365億円、
多くのアナリストの予想もこの前後の数値
でしたので、予想外の厳しい内容と言えます。

円高による業績懸念が声高に叫ばれる中、
この決算内容に市場がどのように反応
するのか、翌21日の株価の動きが大いに
注目されましたが、結果は終値ベースで
4.8%の下落でした。
売られ方としては随分小さかったという
印象です。

今後、外需株は円高想定でかなり厳しい
今期予想になりそうですが、安川電機
のように、
“24%減益でも株価は5%安”
ということならば、安値圏にある外需株を
買ってみようという気になりませんか。

それでは、また来週!


ゴールデンウィーク-【1ヶ月分無料】キャンペーンを実施!
2016年4月28日(金)~5月8日(日)に、
「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
「投資助言サービス」<信用空売り型>
「投資助言サービス」<ブルベア型>
にご入会(お申込・ご入金)いただいたお客様に限り、
ご契約期間に加え、【1ヶ月分無料】のサービスをご提供いた
します。
クレジットカード決済は2016年5月8日(日)まで、銀行・
郵便局からのご送金の場合はGW明けの5月9日(月)付
までのご入金がキャンペーン対象となります。

~各キャンペーンについて~
■ <銘柄紹介型>の詳細・お申込はこちら
(★キャンペーン価格)
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 19,800円 (税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 33,000円(税込)
1年間 + 【1ヶ月分無料】 = 54,000円(税込)

(通常価格)
3ヶ月間 19,800円(税込)
6ヶ月間 33,000円(税込)
1年間 54,000円(税込)

■ <信用空売り型>の詳細・お申込はこちら
(★キャンペーン価格)
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 13,200円 (税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 21,600円(税込)

(通常価格)
1ヶ月間  6,000円(税込)
3ヶ月間 13,200円(税込)
6ヶ月間 21,600円(税込)

■ <ブルベア型>の詳細・お申込はこちら
(★キャンペーン価格)
3ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 27,600円(税込)
6ヶ月間 + 【1ヶ月分無料】 = 38,700円(税込)
1年間 + 【1ヶ月分無料】 = 70,800円(税込)

(通常価格)
3ヶ月間 27,600円(税込)
6ヶ月間 38,700円(税込)
1年間 70,800円(税込)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

来週以降、決算発表が本格化しますが、
円安修正や中国経済の減速などの影響が
どの程度出るのかが最大の注目点であり、
外需株は全体的に保守的な今期予想になる
と思います。
問題は業績内容に対する市場の反応です。

まず、最も買われるのは、
「前期業績は予想どおり厳しい内容だったが、
今期は予想以上に急回復する」
というケースです。
さらに株価が大きく下がっている水準ならば
尚更良いでしょう。
反対に最も売られるのは、
「前期業績は予想どおり良かったが、
今期は予想以上に鈍化する」
というケースです。
さらに株価が高値圏にあるならば、
大きく売られかねません。

そして、前期も今期も予想どおりの数値
というケースは、たとえ増益だろうが、
減益だろうが市場の反応は鈍いと思います。

銘柄選びのキーワードを言えば、
市場予想とのかい離度”、
業績トレンド”、
そして
株価水準
ということです。
本来ならば、
“割安度”も入るのですが、現在の市場では
ほとんど無視されている状態ですので、
当面はあまり拘る必要はないでしょう。

決算内容と市場の反応をじっくりウォッチ
して見ると、株式相場の摩訶不思議なもの
がよく見えるはずです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週初、今買いの2銘柄をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
好業績株を配信いたします。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

スポーツ界の不祥事が相次いでいます。
今回のバトミントン選手の行動や発言から
感じられることは、スポーツは一流でも
頭の中身の成長は伴っていないということ
です。
彼らに限らず、野球賭博に関わった
プロ野球選手も同じです。
一流スポーツ選手を過剰におだて上げる
スポーツマスコミや不釣合いな巨額報酬が
バカ選手を生み出している背景でしょう。
この仕組みが変わらない限り、また同じことが
繰り返されるだけだと思います。

ところで、今後の株式市場にあまり強気に
はなれないけれど、そうかと言ってここまで
下げれば、弱気一辺倒にもなれないと
悩んでいる投資家がたくさんいると思います。
専門家と言えども、相場の先行きを的確に
見通せる人間は世界中に一人もいない
のですから、このように悩むのは至極当然
でしょう。
分からないものは分からないのです。

このような時こそ、相場の上げ下げに賭けない
投資手法が一番良いと思います。
具体的には売りと買いを同時に
“ロング・ショート運用”
(当社ではブルベア型)です。
ロングは買い、ショートは売りを意味し、
上がると評価する株を買う一方で、
下がると判断される株を信用取引等で
売り建てる投資手法です。
ヘッジファンドや投資信託の運用では、
売り買い双方で損失が出ることを避けるため、
同一業種で売り買いを行うことが一般的です。

ただ、個人投資家の場合は、そこまでリスクを
意識する必要はないと思います。
単純に値上がりを期待できそうな銘柄を買い、
値下がりしそうな銘柄を売るということで
良いでしょう。
この際、売り買いを同時に行うこと、
売買代金は売り買いほぼ同額にすることが
基本です。
これからしばらくは、ロング・ショート運用が
株式投資も主流になるかもしれません。
それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 毎週明け、類似業種の中から
上がると評価する買い銘柄
下がると判断する空売り銘柄をペアで配信!
当社独自の個別銘柄ロングショート戦略商品!
週1回、「買いと空売り」のペア株式を1セットご紹介!
※空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りラインを
設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

米FRBは4月の利上げをめぐって意見が
分かれており、イエレン議長は世界経済の
不安定さを理由に慎重な考えですが、
一方で物価見通しを強気に見るメンバー
中心に4月利上げ論もくすぶっています。
3月の米雇用統計は市場予想をやや上回った
ものの、輸出の減少などで製造業が低調
だったこともあり、利上げが先送りされる
公算が高いでしょう。

このような中で、NY株式市場は既に
年初の水準まで回復しています。
その背景は緩やかな利上げが続くことが
市場にとって一番居心地が良いからだと
思います。
景気回復がV字型だと利上げペースが早まり、
それは市場にとってあまり好ましいことでは
ありません。
反対に利上げができないほど景気が減速
すれば、これは最悪のシナリオです。

従って、緩やかな景気回復、緩やかな
利上げが一番良いシナリオなのです。
これならば極端なドル高が回避でき、
米企業業績にプラスに働くし、低迷する
新興国経済への影響も多少なりとも
和らげることができるからです。
ところが、本来NY高は東京市場に追い風
のはずですが、残念ながら、これ以上の
円安は望みにくいということでもあり、
NY高が日本株に連動しないという構図
になっています。

NY市場は年初の水準を2%強上回って
いますが、日経平均は多少戻したとは言え、
年初から約15%下の水準にあります。
その差は何と17%以上、これは東京市場が
円相場に大きく振り回されているからです。
まもなく始まる決算発表を機に、
為替離れが起きることを期待したい
ものです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型>
5,000円(税込)でお客様の投資金額に応じた
渾身の1銘柄を推奨します。
また、投資資金に指定がない場合、100万円以下で買える銘柄を!
原則、ご入会から1週間以内に銘柄をご紹介します。
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合のみ、
成功報酬額は、10,000円(税込)ぽっきりです。
バリューサーチ投資顧問で唯一の<成功報酬型>です!
2014年4月1日以降も、消費増税前の価格を据え置きました。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
<成功報酬型>サービス詳細はこちら
よくあるご質問Q&Aはこちら
※相場環境が不安定な場合、推奨までに1週間以上
お時間をいただく場合もございます。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら