☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

今年の相場は買いだけではなかなか
成果が上がらないという ことで、
空売りを行う投資家が増えてきています。
本日は、 空売り対象銘柄とその特徴に
ついて述べたいと思います。

ケース1.
業績は好調だが、実体以上に株価が
上昇
している銘柄→業績が好調だけに
目先の調整程度に止まりやすく、
大きく下げないケースが多い

ケース2.
業績が悪いにも拘わらず、空売り残の
増加
などで株価が高値にある銘柄
→空売りの買い戻しが進めば地相場
(妥当な株価)になるケースが多い

ケース3.
業績の裏付けもなく、不確実な材料
囃して買われ た銘柄→強力な仕手筋が
絡んでいない限り、やがて下落する ケース
が多く、効率的に儲けやすいケースである

ケース4.
信用の買い残が多く、かつ信用倍率が
高い銘柄
→特段好材料がない限り、
信用期日に向けて下落するケース が多いが、
売買高の多寡には注目すべき

ケース5.
テクニカル面で下値抵抗ラインを切って
きた銘柄→この指標だけで判断するのは
不十分、上記の要因なども絡めて活用する
のが良い

“高くなったから何となく空売りする”
というやり方には リスクがあります。
まず、「なぜ、高くなっているのか?」を
しっかり分析することが大事です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)
当社では株価上昇の理由をしっかり分析し、
空売りするに相応しい根拠ある銘柄をお奨めします。
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2015年の全空売り推奨実績
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト