☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

今週の市場の関心は何と言っても
20日~21日の日銀金融政策決定会合です。
注目点は、「総括的な検証」を踏まえて
追加緩和が行われるかどうかですが、
最近の日銀幹部の発言 内容を見てみると、
どうやら“マイナス金利の深掘り”が
ありそうです。

マイナス金利については利ザヤ縮小で
民間銀行の経営を圧迫するとか、
国債などの利回り低下で運用難になるとか、
弊害を懸念する声が多数あるのは事実です。
住宅ローンの借り換えこそ急増したものの、
投資や消費への効果は確認できず、
むしろ手元に現金を置いておくという
自己防衛の対応が拡がっているとも指摘
されています。

ただ、弊害ばかりがやたら強調され、
そのメリットについてはあまり喧伝されて
いないのが実情だと思います。
マイナス金利の導入により、企業の借入金利
や住宅ローン金利は一段と低下しており、
借りた方が得」という状況になっています。
この状況をチャンスと見るか、見ないかは
企業や消費者の考え方次第です。

DMG森精機(6141)の森社長によれば、
「ドイツの同業他社と統合できたのは
日銀のおかげだ。
2,000億円借りたが、ゼロに近い金利は
リスクをとって何かやりたい人には
千載一遇の好機だ」
(9月19日日本経済新聞)と述べています。
大量の手元資金を抱えながら効率的に
活用できない企業があれば、DMG森精機の
ように超低金利を千載一遇のチャンスと
捉えているところもあります。

日銀の政策に不平たらたらの企業の株価は
まず上がらないでしょう。
なぜならば、国策を経営戦略に結びつけられ
ない企業は生き残ることが難しい時代になった
からです。
長い間、 国策の恩恵を目いっぱい享受してきた
メガバンクが曲がり角に来たと言われる所以
です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週月曜、今買いの「ズバリ!2銘柄」をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
投資する根拠ある割安株を配信いたします。
★2016年の配信銘柄のパフォーマンス(上昇率)★
配信したすべての銘柄の実績を公開しています。
(※月曜が祝休日の場合は、翌営業日の配信です。)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

なぜ、上がっているのだろうか?
なぜ、下がっているのだろうか?

思わず首を傾げたくなる銘柄が
たびたびあります。
その犯人は、レーティング(格付け)です。
ほとんどの場合、目標株価の引き上げか、
または引き下げに過剰反応したケース
です。

しかし、大部分の銘柄において、
レーティングの賞味期限はせいぜい
3日程度です。
従って、レーティングで株価が大きく
動いたならばチャンスと思えばいいのです。
特に、大した根拠もなく急伸した銘柄は、
空売りをかければうまくいく可能性が高い
のが実情です。

株式市場を跋扈(ばっこ)する
株価操作まがいのレーティング、
このような市場のノイズに振り回されて
ばかりいないで、時には強かに
逆手に取ることも必要です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)
当社では約1~2ヶ月で株価が下がると見込まれる
「今だ!空売り銘柄」を会員限定でご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2016年の空売り推奨実績
===========================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

今月の相場を見る上でのポイントは、
日米の二つの金融イベントに尽きると
思います。
9月20日~21日に日銀の金融政策決定会合
があり、そして同日に米連邦準備理事会(FRB)
の連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。
特に注目されるのは、日銀の金融政策決定会合
ですが、今回は今までの金融政策に対して、
「総括的な検証」が行われることになっており、
それを踏まえて追加緩和が行われるかどうか
が焦点となります。

最も市場にインパクトのある対応は、所謂
ヘリコプターマネー(日銀による国債の引受など)
の導入ですが、この政策には賛否両論が
あります。
結果的には中央銀行や貨幣に対する信頼を
損なう恐れがあるとか、ハイパーインフレを招く
とか、根強い反対論があります。
何十年もデフレから脱却できない我が国では、
今からハイパーインフレを心配しても仕方がない
と思いますが・・・。

一方で、財政出動資金の確保やデフレ脱却の
きっかけになるとの賛成論もあります。
ヘリコプターマネーの導入こそサプライズであり、
もしそうなれば、今年になってから大量5兆円も
売り越している海外投資家が一気に買いに
転じて来ると見ていますが、ただ、その可能性は
ほとんどなさそうです。

現実的にはマイナス金利の拡大や国債の
購入枠拡大が実施されるかが注目点ですが、
これも簡単ではないでしょう。
7月末にETFの購入枠拡大等の追加緩和を
決めただけに、今回は見送りという可能性が
大いにあります。
大山鳴動して鼠一匹どころか、鼠も出ない
ということでしょうか。
日銀の金融政策に手詰まり感が強くなっている
だけに、今回の日銀の動向に市場はかつてない
ほど注目しています。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型>
5,000円(税込)でお客様の投資金額に応じた
渾身の1銘柄を推奨します。
また、投資資金に指定がない場合、100万円以下で買える銘柄を!
原則、ご入会から1週間以内に銘柄をご紹介します。
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合のみ、
成功報酬額は、10,000円(税込)です。
バリューサーチ投資顧問で唯一の<成功報酬型>です!
2014年4月1日以降も、消費増税前の価格を据え置きました。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
<成功報酬型>サービス詳細はこちら
よくあるご質問Q&Aはこちら
※相場環境が不安定な場合、推奨までに1週間以上
お時間をいただく場合もございます。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら