☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

個別銘柄の良し悪しを判断することは
簡単ではありませんが、さほど難しいこと
ではありません。
業績や割安度、成長性、そして材料などを
丹念に調べていけば、誰でも銘柄評価をする
ことはできます。
但し、高い評価がなされても必ずしもその
銘柄が上がるわけでもありません。
なぜかと言うと、株価に大きなインパクトを
与えるのは、個別銘柄の良し悪し以上に、
相場の大きな流れ”だからです。

“大きな流れ”の一番の基本は、
上昇トレンドか?下降トレンドか?
ということです。
どんなに良い銘柄でも下落相場では
株価上昇が望めないことは投資家なら
誰でも経験していることです。
実は、この流れを掴むことが一番難しい
のです。
グローバル化された現在の世界において
予想不能な要素があまりにも多岐多様に
わたっているからです。

もし、この流れを掴めれば、銘柄選別が
かなりやり易くなるはずです。
上昇トレンドということならば、
主力大型株が中心の相場となり、
新興市場株は蹴散らかされ、一方、
下降トレンドならば主力大型株は敬遠され、
新興市場株でお茶を濁す相場になると
読めるからです。

トランプ政策期待相場で日経平均は
7日続伸、過熱感も懸念されていますが、
大統領選直前の水準と比べれば、
まだ7%の上昇に過ぎません。
現在が上昇相場の始まりと捉えるならば、
何を買うべきか自ずと答えが出て来るはず
です。
基本を読み違えると、上昇相場で沸き立つ
年末、蚊帳の外ということになりかねない
ということです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型>
5,000円(税込)でお客様の投資金額に応じた
渾身の1銘柄を推奨します。
また、投資資金に指定がない場合、100万円以下の銘柄を!
原則、ご入会から1週間以内に銘柄をご紹介します。
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合のみ、
成功報酬額は、10,000円(税込)ポッキリです。
バリューサーチ投資顧問で唯一の<成功報酬型>です!
2014年4月1日以降も、消費増税前の価格を据え置きました。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
<成功報酬型>サービス詳細はこちら
よくあるご質問Q&Aはこちら
※相場環境が不安定な場合、推奨までに1週間以上
お時間をいただく場合もございます。
その場合は、事前にご連絡申し上げます。
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト
☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

異例の安倍・トランプ会談でしたが、
日米安保堅持を十分匂わせる会談で
あったことは我が国にとって何よりだった
と思います。

ところで、業績見通しが不確実な時期は
PERなどの割安度はほとんど無視され、
割安な銘柄ほど成長性に問題ありと
疑われ、大きく売られる現象が起きます。
事実、現在でもPER10倍以下のいわゆる
優良株がゴロゴロしています。

しかしながら、業績見通しに信頼感が
出て来ると、徐々に割安度が重視される
ようになってきます。
現在は中間業績と通期予想の開示が終わり、
まさにその時です。
東証指数におけるバリュー株(割安株)と
グロース株(成長株)の動きを見てみると、
直近では5週連続でバリュー株がグロース株
に勝っています。
その前までは勝ったり、負けたりでしたので
バリュー株優位の動きが明確になっている
と言えます。

直近の平均PER(東証1部)は16倍ですが、
これは予想値ですので、中間決算発表時の
下方修正も織り込んだ数値です。
PER16倍は全く割高感がないどころか、
今後の上方修正期待を考えれば、かなり
割安な数字と言えます。

最近の急激な戻しで一部には過熱感が
警戒されていますが、このような迷う時期こそ、
感覚に頼るのではなく、客観的な数値
ベースに相場の先行きを考えた方が良い
と思います。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 毎週明け、類似業種の中から
ブル(買い)銘柄&ベア(空売り)銘柄を配信!
週1回、「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
※空売りはリスクある取引です。お客様自身で損切りラインを
設定していただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が必要です。
※類似業種ではないペア銘柄もございます。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>で配信されるサービス内容はこちら
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週はサプライズの連続でした。

そして、専門家の予想が如何に当たらないか
を余すことなく露呈した週でもありました。
トランプ氏の当選は多少とはいえ予想されて
いましたが、大きなサプライズはそれを受けた
市場の反応です。
トランプ氏が当選すれば、不確実な時代が
到来し、世界の株式市場は急落、為替市場
では円が急騰するというのが、大方どころか、
絶対的な予想だったからです。

ところが、この予想は悉く打ち砕かれました。
大幅な法人減税、膨大なインフラ投資という
トランプ政策のプラス面が株高という形で
即座に反応しました。
一方で、膨大なインフラ投資など積極的な
財政政策やTPP反対に見られる保護主義的な
通商政策が米国のインフレ率を押し上げる
という見方となり、ドル高円安の動きが一気に
進みました。

トランプ大統領になれば、1ドル=80円になる
という見方も一部にあっただけに、投資家と
してはいつまでこの円安が続くのか疑心暗鬼
になるかもしれません。
ただ、12月の米利上げが確実視されており、
また来年は数回の利上げがなされるとの
見方も出始めていますので、この動きは
決して一過性のものではないでしょう。

もっとも105円以上の円安レベルでは我が国の
外需企業によるドル売り予約が大量に出る
一本調子の円安にはならないと思われます。
しかしながら、今回の中間決算を見ても、
ほとんどの企業が為替の前提を
1ドル=105~110円から1ドル=100円に
修正していますので、下期はかなりの企業で
上方修正が期待できるということになります。
発想の転換が必要だということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 運用金額 500万 1,000万 3,000万円
株式の買いだけでなく、売却までフルサポート!
6ヶ月または1年間で堅実な成果を狙います。
ご入会から1ヶ月程度で順次買付ポートフォリオをご提示、
大引け後にメールまたはFAXで売買をご指示し、
翌営業日の寄り付きで売買していただくため、
お客様のお忙しいお時間をお邪魔いたしません。
⇒<フルサポート型>でご提供されるサービス
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

米国の大統領選を来週に控え、市場の
雰囲気は弱気一色になっていますが、
現時点では僅差ながらクリントン氏の
優勢は変わっていません。
クリントン氏が当選してもTPP反対など
保護主義的な政策などは株式市場に
とって決して好材料とは言えませんが、
トランプ大統領の実現を阻止したという点
では重大な意味があると思っています。

もしクリントン氏が勝てば、今度は明るい
材料が一気に出て来ると見ています。
その明るい材料とは、

1.米国やユーロ圏、中国、そして
我が国における最近のGDPなどの
経済指標を見ると世界的に景気回復の
兆し
が感じられる。
2.中間業績は、円高や新興国経済の
減速などで4年ぶりの減益だが、下期に
かけて回復
に向かう。
3.需給面では、年初から続いた
海外投資家の大量の売りに転機
来ている。
4.米国において12月利上げの可能性が
高くなっており、円高懸念が後退している。
5.ドイツ銀行など欧州の金融機関の
経営不安が後退している。
などです。

大統領選の結果が判明するのは、
日本時間の9日正午頃のようですが、
ここは冷静に対処すべき場面でしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>でご提供するサービスはこちら
毎週月曜、今買いの「ズバリ!2銘柄」をご紹介します!
業績、割安度、テクニカルから総合的に判断!
ご契約期間は、3ヶ月・6ヶ月・1年。
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待できる
投資する根拠あるバリュー株を配信いたします。
★2016年の配信銘柄のパフォーマンス(上昇率)★
配信したすべての銘柄の実績を公開しています。
(※月曜が祝休日の場合は、翌営業日の配信です。)
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら