☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

トランプ新大統領の就任演説は今までの
発言を繰り返すに止まり、目新しいものは
何もなかったという印象です。
“米国第一主義”と言ったところで、
そんなことはどこの国でも当たり前のことです。
自国の利益を犠牲にしてまで他国の利益を
優先する国など世界中どこにもありません。
グローバル化とは自国の利益を最優先に
考えた上で、他国とのバランスもうまく
取っていくということです。

かつて我が国でも産業空洞化は大変
深刻な問題でした。
大企業は低コストを求めて工場を中国
などアジア諸国に移転しましたが、
下請けの中小企業は大企業に追随して
海外に行くのか、それとも廃業するのか
の選択を迫られました。
その結果、多くの労働者が失業の憂き目
に遭いました。
企業はグローバル化の大義の下、
自国の利益よりも自らの会社の利益のため
に動きます。
このような動きに対して、当時の政治は
何もできませんでした。

トランプ氏が大統領に当選したのは、
ここにメスを入れると公約したからだと
思います。
誰も言わないグローバル化は絶対的な
ことではないとの考えを全面に出したから
です。
ただ、そのことが即保護主義に繋がると
考えるのは早計でしょう。
本気で保護主義に進むと考えるならば、
ゴールドマン・サックス出身者や
ファンド経営者などを閣僚やスタッフに
並べるわけがないからです。

トランプ大統領の発言に振り回される
ことなく、新政権の閣僚やスタッフの発言
注目した方が良いでしょう。
ただ、当面は目新しい材料が出るとは
思えず、市場の関心は一気にトランプ政策
から企業業績に移っていくはずです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」(週1回配信)
当社では約1~2ヶ月で株価が下がると見込まれる
「今だ!空売り銘柄」を会員限定でご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2016年の空売り推奨実績
===========================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト