外交とはテーブルの上で握手しながら
テーブルの下で足を蹴り合うとよく
言われますが、まさに言い得て妙です。
長年に亘って、テーブルの上でも下でも
足を蹴り合ってきた日本と中国ですが、
依然テーブルの下では激しく足を蹴り
合っているとはいえ、ここに来て、
テーブルの上では関係改善の動き
見え始めています。

その背景は習近平国家主席が5年に
一度の共産党大会を無事乗り切り、
権力基盤が盤石になったことで、
もはや反日一辺倒でいる必要が
なくなったことが大きな要因だと
思います。
これからは反日政策よりも経済分野
重視したいということです。

中国は高度成長から安定成長に
転換せざるを得ない状況にあり、
今後は質の高い成長を目指していく
ことになります。
ただ、量から質への転換と言ったところ
でそう簡単ではなく、そのためには
日本との経済関係を強化したいと
いうことでしょう。

早速、22日には日中の金融当局が
人民元建て債券、いわゆる「パンダ債」
を日本企業も発行できる枠組みで
合意しました。
これで日本企業が中国で資金調達が
しやすくなり、一方で中国には日本から
の投資を呼び込む
狙いがあります。
また、今後は省エネルギーや環境分野、
新技術の自動車分野などで協力関係
の強化が期待でき、さらに中国からの
訪日観光客が増加するでしょう。

静かに始まった日中関係改善の動き
ですが、ウインウインの関係が深化
できれば、新年の株式市場にも
少なからず好影響を与えることに
なりそうです。

それでは、また来週!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<フルサポート型> 
日経平均株価は23,000円台を固める?
銘柄選択が難しい局面で、株式の買いだけ
でなく、売却までフルサポート!

6ヶ月または1年間で堅実運用しませんか?
ご入会から1ヶ月で買付ポートフォリオを構築、
大引け後にメールまたはFAXで売買をご指示し、
翌営業日の寄り付きで売買、
お客様と程良い距離感で投資をしっかりサポート!
⇒<フルサポート型>でご提供されるサービス
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト