FC2ブログ
米中貿易摩擦が激しさを増す中、
世界景気への先行き不安が
高まっています。
毎度のことですが、このような環境下では
世界景気の減速→企業業績の悪化が
連想され、割安株(バリュー株)売られ
成長株(グロース株)が買われるという
現象が現れます。

そもそも割安株は業績不安があるから
割安に放置されているのであり、
景気が減速すれば業績悪化
現実のものになると見られるからです。
一方で、成長株は世界景気の影響を
あまり受けず、成長を続けることが
できると判断されるわけです。

具体的にはPERの低い銘柄がさらに
売られPERの高い銘柄買われる
いうことになります。
PERは基本3指標のひとつであり、
投資経験の長い投資家にとって
大変馴染みのある指標ですが、
当分は頭の切り替えが必要という
ことでしょう。

それでは、また!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社
「投資助言サービス」<信用空売り型> 
株価が下がると予想される
「今だ!空売り銘柄」を週1回ご紹介!
割高度や業績などファンダメンタルズを中心に、
テクニカル面や信用取組面、規模、株価水準、
市場動向や人気面などにも配慮します!
<信用空売り型>2018年の空売り推奨実績を更新!
===========================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


スポンサーサイト
米トランプ大統領の保護主義政策は、
当初は中間選挙向けのパフォーマンス
との見方が強かったですが、今や
深刻な世界貿易戦争へと発展しそう
な状況になっています。
トランプ政権はどこで見誤ったので
しょうか?
それは中国を甘く見たからだと
思います。

中国は習近平政権の長期化
盤石のものとなり、もはや米国何する
ものぞという大国主義が蔓延して
います。
トランプ政権は中国を少し脅せば
譲歩してくると読んだのでしょう。
ところが譲歩するどころか真っ向から
対立姿勢を鮮明にしてきています。

この中国の動きに勢いを得て、
EUやカナダ、インドなども米国への
対抗姿勢を明確にし始めています。
安倍政権も9月の自民党総裁選
控えて、少なくとも経済分野では
トランプ大統領との対立姿勢を
強めていくでしょう。

世界貿易戦争は米国1国対その他
多数
という構図になってきています。
このような中でトランプ政権は
譲歩の道を探り始めるのか、
それともやけのやんぱちで一段と
過激な手を打ってくるのでしょうか?

世界の株式市場が一人の男
これだけ振り回されるのは、
歴史的なことと言っても過言では
ないでしょう。

それでは、また!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社の
「投資助言サービス」 <ブルベア型>
ブル(買い)&ベア(空売り)銘柄を配信!
週1回、ペア銘柄を1セットご紹介!
不安定な株式市場において、
株価変動リスクをヘッジしたい投資家に!
※空売りはリスクある取引です。
お客様自身で損切りラインを設定して
いただきますようお願い申し上げます。
※当サービスは信用取引口座の開設が
必要です。
ブルベアの意味は?Q&Aはこちら
<ブルベア型>サービス内容はこちら
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

先週5日、ハイテク株中心の
米ナスダック指数が終値ベースで
2018年3月12日に付けた史上最高値
を更新
しました。
直近で戻しているとはいえ、NYダウは
今年1月高値からまだ4.9%下の水準で
あり、日経平均は5.9%、TOPIXは6.8%下
の水準に止まっています。

米ナスダックのこの動きは何を暗示
しているのでしょうか。
今後の世界の株式市場の復活の
前触れでしょうか。
無論、そうあって欲しいですが、
トランプ政権の輸入関税問題がモヤモヤ
している中では直ちに強気には転じにくい
のが現状でしょう。

ただ、今週の米朝首脳会談の結果次第
では、トランプ大統領の支持率が
急上昇することも考えられ、もしそうなれば、
輸入関税問題に対してシャカリキになる
必要もなくなるかもしれません。
彼は米国ファーストでなく、
自身の支持率ファーストだからです。

いずれにせよ、米ナスダックの
史上最高値更新が日本のハイテク株
出直りのきっかけになれば良いと
思っています。

それでは、また!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<成功報酬型>
投資顧問料5,000円(税込)でお客様の
運用金額に応じた渾身の1銘柄をご紹介!
株価上昇資金の効率に考慮した
おすすめ銘柄を配信!
原則、100万円以下の銘柄を推奨。
ご入会から1週間以内にご紹介、
3ヶ月以内に10%以上値上がりした場合、
成功報酬額は、10,000円(税込)です。
バリューサーチ投資顧問で唯一の<成功報酬型>
2014年4月1日以降も、消費増税前の価格を据え置きました。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
<成功報酬型>サービス詳細はこちら
よくあるご質問Q&Aはこちら
※相場環境が不安定な場合、推奨までに
1週間以上お時間をいただく場合もございます。
その際は、事前にご連絡申し上げます。
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら


米トランプ大統領の政策で終始一貫
していることは、世界のためでも
米国ファーストでもなく、自らの
支持率上昇のためだけということです。
その政策の筆頭が米国内でも反発が
強い輸入関税の導入です。

5月下旬、米トランプ大統領は
自動車と自動車部品を対象に、
安全保障上の脅威があれば
通商拡大法232条に基づき
輸入車に25%の関税を課す案を
検討するよう商務省に指示しました。
現在、乗用車の輸入関税は乗用車で
2.5%ですので、大幅な引き上げと
なります。

3月には鉄鋼とアルミニウム
高関税を課す輸入制限を発動した
ばかりであり、保護政策を自動車分野
にも拡大すれば、世界経済に悪影響
を与える恐れがあるのは言うまでも
ありません。
特に自動車・自動車部品の貿易規模
は大きく、日本の場合、2017年度の
自動車の対米輸出台数は約177万台で、
輸出全体の約40%を占めているだけ
に大きな打撃となるのは必至です。

これを受けて、海外勢が素早く
日本株売りで反応し、日経平均は
23,000円大台から22,000円割れまで
一気に急落しました。
ただ、中国もEUもトランプの言いなり
にはならないでしょう。
日本も立ち上がらなければいけません。

トランプの脅しのパフォーマンスが
徐々に本気モードのケンカになりつつ
あるのは大いに気になるところです。

それでは、また!

提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】


バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>は毎週明け大引け後に2銘柄配信!
割安株を中心に、堅実に値上がりが
期待できる株式を推奨!
過去10年の全銘柄実績を公開中!
オンライン証券で売買するネット投資家に配慮
した良心的な投資顧問料を設定しております。
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料最速購読(週1回発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら