FC2ブログ
日経平均は長らく22,000円~23,000円
程度のレンジ相場が続いています。
そして、多くの投資家がこの局面は
買いなのか?
それとも売りなのか?
買うならば主力株なのか?
それとも小型株なのか?
また外需株なのか?
内需株なのか?
と色々迷っていると思います。

確かに米通商政策の行方が
見えない中、投資家にとっては
判断が難しいところです。
しかも日本列島は連日猛暑が
続いており、こんな時は
“休むも相場”を決め込むのは
自然であり、決して間違いでは
ありません。

ただ、株式相場には半年程度の
先見性があると言われています。
ということは11月の米中間選挙に
おいてどのような結果になろうとも、
その辺りまで既に織り込んだとも
言えます。
そう考えると、そろそろ
重い腰を上げる時かもしません。

それでは、また!


提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイト】

バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。
=======================================

◆当ブログの最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
・株式投資・銘柄選択のノウハウをご提供!
・バリューサーチ投資顧問の注目銘柄情報も!
・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
・どなたでも無料購読頂けます。
無料メルマガ会員登録はこちら

スポンサーサイト