FC2ブログ

☆今年は「EBITDA倍率」で差をつけろ!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

先日の日経金融新聞のトップ記事は、
昨年1年間(2006年)の有効であった
投資尺度を比較したもので
大変興味深いものでした。
投資尺度として、
最も有効なものは
「業績修正」
でしたが、
昨年の相場は上方修正銘柄が大幅に買われ、
下方修正銘柄が大幅に売られましたので、
それを裏付けた結果となりました。
2番目に有効であった指標は、
「EBITDA倍率」
でした。

ご存知のように、今年(※2007年)の5月から
三角合併制度が解禁
となるわけですが、このEBITDA倍率は
今年の相場で何かと話題になることは
間違いないでしょう。
この指標は
買収してから何年で投下資本が回収されるか
を表したものだからです。
EBITDA倍率の計算方法は、
分子に「時価総額+有利子負債」、
分母に「営業利益+減価償却費」
で計算します。
減価償却費とは費用として計上されても
キャッシュは流出しませんので、
営業利益に足し戻すことにします。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年間 52,500円
当社では、ご紹介する銘柄を選択するにあたり、
企業のIR部署に電話インタビューをしています。

契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
それでは日産車体を例に具体的に計算したい
と思います。
当銘柄は
時価総額が976億円、有利子負債はゼロ
ですので
分子は976億円
となります。
営業利益207億円、減価償却費125億円
ですので、
分母は合計した332億円となります。
EBITDA倍率=976億円÷332億円=2.94
となります。
2.94という数字は、
買収してから2.94年で投下資本が回収される
ことを意味します。
従って、
M&A銘柄として魅力があるのは、
EBITDA倍率が低い銘柄
ということになります。
時価総額と有利子負債が小さいこと、
反対に営業利益と減価償却費が大きいことが、
EBITDA倍率を引き下げる要因となります。

経営者として、有利子負債を小さくし、
営業利益を増大させるのは当然のことですので、
M&A防衛策としてできることは
時価総額を大きくすることしかない
のです。
三角合併制度の解禁が相場を押し上げる
と言われる所以です。

EBITDA倍率を計算するのに必要な数字は全て
四季報に掲載
されています。
時価総額は
株価に発行株数を乗ずれば計算できますし、
営業利益や有利子負債、減価償却費も
四季報から読み取れます。
今年の相場に勝つためには是非この指標を
活用してみたらいかがでしょうか。

それでは、来週まで!

■「EBITA倍率」に関する、当社の最新見解記事はこちら。
『「M&A」のテーマは再浮上するのか?』(2007年10月5日号)
当社による連載コラム「直伝!銘柄選択のツボ」より
(ひまわり証券 証券オン・ザ・ウェブにて)↓
http://kabu.himawari-group.co.jp/report/valuesearch.html?regNo=22

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース