☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

毎年恒例ですが、年初に専門家が
今年の日経平均株価の高値と安値、
また、その時期について予想します。
予想は予想で面白いのですが、
1年間の相場の動きを正確に予想するなど
至難の業であり、
なかなか当たらないのが現状です。
そもそも相場見通しのコンセンサス(合意)
ができれば、
それに先回りして投資家が動くわけですから、
所詮予想通りにはならないのです。

今年(※2007年)の高値予想は18,000~20,000円ぐらい、
安値は15,000~16,000円ぐらい
が多いようですが、
この程度の大雑把な予想では投資家にとって
あまり役立たないでしょう。
問題はその根拠だと思います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
1989年のバブルピーク時は、
日経225銘柄の平均EPS(1株利益)は555円
でしたが、
PER70倍まで買われましたので、
史上最高値38,915円まで示現しました。
しかし、現在の投資家は極めて冷静であり、
少なくとも今後10年間は熱にうなされるような
バブル相場はあり得ないでしょうから、
PERは20倍前後の水準と考えておくべきでしょう。
そうなると、日経平均がいくらまで上昇するかは
日経225銘柄の業績如何
ということになります。

現在日経225銘柄のEPS(1株利益)は846円ですので、
PER20倍という前提で言えば、
18,000円を付けるにはEPSが900円になる
必要があります。
そのためには
現在の予想より6%上方修正が必要
ということになります。
20,000円を付けるにはEPSで1,000円
18%の上方修正が必要ということになります。
こう考えると、当面は18,000円前後くらいまで
と考えるのが妥当でしょう。

それでは日本株式の投資に魅力がないのかというと
決してそうではありません。
これはあくまでも日経平均の話であり、
わが国の上場株式は3,900銘柄ありますので、
個別銘柄で言えば、魅力ある銘柄は
いくらでもあります。
日経平均予想に惑わされることなく、
個別銘柄をしっかり分析すること
が何よりも大切だということです。
具体的には第3四半期の決算で
上方修正されたにも拘らず、
材料出尽くしで売られている銘柄

などが狙い目と言えましょう。

それでは、来週まで!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト