FC2ブログ

☆好業績に素直に反応する相場!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

連休もいよいよ終わり、明日からわが国の
株式市場も動き出します(※2007年5月現在)。
ところで2月末の世界同時株安以降、
欧米始めアジアなどの株式市場が高値を更新
していますが、
わが国の株式市場だけが世界の流れから
取り残された形になっています。

昨年来わが国の株式市場では外国人が
唯一の買いセクターでありましたが、
4月中旬以降、その外国人が売り越し基調に
転じてきましたので、
相場が低迷するのは致し方ないところです。
外国人が売り越している最大の要因は、
わが国の企業業績への懸念だと思われます。
また、自国の市場でもっぱら売り越しに終始する
日本の投資家に愛想が尽きたのかもしれません。
そんなことはないでしょうが、
もしもそうだとしたら深刻なことです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 月額5,250円(税込)
割安かつ好業績の銘柄を中心に推奨しています。
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ<(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。
推奨銘柄のご質問は、専用アドレスでどうぞ。
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
外国人の売り越で大型株が弱含みになっていますが、
このような時は本来ならば小型株の出番になる
ものです。
しかしながら、新興市場は相変わらず低迷しており、
小型株の動きにならないことも、
最近の相場を一層難しくしています。
その新興市場は、
「業績悪化」
「会計不信」
そして、
新興企業間の株式持ち合いによる
株式評価損の発生による
「財務内容の悪化」
という3大問題を抱えて出口が見えない状況です。
ジャスダックにおける新市場の創設などは
取引所自身が従来のジャスダックに
さじを投げた感がしなくもありません。

このように考えると何もかも駄目ということに
なってしまいますが、
こんな時はむしろ
大型株・小型株や業種という切り口で
銘柄選択する発想を止めて

みたらいかがでしょうか。
最近の相場は主役銘柄がなく、
つかみ所がないのが特徴ですが、
好業績には素直に反応しているのも大きな特徴です。
これから決算発表がピークを迎えますが、
あまり複雑に考えず、
好業績銘柄に素直に乗る
という発想でいいのではないでしょうか。
単純に発想することで意外に儲けやすい相場環境
なのかもしれません。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース