株価は色々な材料で動きますが、特に影響を与える要因
として、
為替や原油価格、金利
などがあります。
従って、
これらの動きを的確に予測できる
ならば
投資効率は著しく上がる
ということになります。

そこでエコノミストや経済評論家はこれらの先行きの
動きを予測すべく、日々努力しているわけです。
しかし、これらの予測があまり当たらないのも周知の
事実です。つい最近も、為替は95円まで円高になると
多くのエコノミストが自信を持って発言していましたが、
今はダンマリを決め込んでいます。

ただ、彼らを弁護するならば、為替や原油価格などは
政治的な要因で決まることも多いので、
所詮予測するにも限界がある
といえます。
要するに為替や原油などの動きを的確に予測することは
プロといえども大変難しいということです。

それでは個人投資家はどう対処すればよいのでしょうか。
わからないことに賭けてもしかたがないわけですから、
どちらに転んでも痛手を小さくすることを考えるべき
なのです。

その一番の方法は
複数の銘柄に分散投資
することです。
ある銘柄が下落しても、他の銘柄が上昇する
ことで埋め合わせができるからです。
その際、
各銘柄の株価が違う動きをする
ということが前提になっています。
従って、多くの銘柄に分散投資してもそれらが同じ動きを
するのでは意味がありません。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年 52,500円
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
銘柄分散の最も一般的な方法は、
業種の異なる銘柄に投資する
ことです。
なぜならば、株価はその時々の投資環境から影響を
受けますが、その度合いが
業種によって大きく違う
からです。
具体的には、
輸出関連株内需株
を両方保有していれば、
たとえ極端な円高になってもリスクが小さい
ということです。
 
また、
大型株小型株
といった
規模別に分散
するのも効率的な方法です。
東証1部の大型株ばかりではなく、1部でも小型株や、
ジャスダックやマザーズ等の新興株にも投資することも
大変有効な手段です。

わからないことはわからないと割り切って、
分散投資という現実的な方法

リスクを小さく
することが大切なのです。

■当社のソフト「銘柄発掘ナビ」の無料サンプルで、
金利や為替、原油などの条件を入れて銘柄をスクリーニング
してみてください。対象銘柄は日経225採用銘柄です。
銘柄発掘ナビフリーセレクト
金利、為替、原油などの条件設定>はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi03sel2.asp

■当社の推奨銘柄は業種分散を基本に銘柄選択を
しています。
サンプルはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/samples/navi01list1.asp

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト