☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日経平均は一時今年2月の高値を抜けましたが、
更に上値を取るにはやや材料不足の感は否めず、
当面は18,000円台を固める動きになると
見ています。
ただ、このところ外国人投資家が
大幅に買い越していることは要注目です
(※2007年6月23日現在)。

ところで、最近は個人投資家でも
日本経済新聞を読んでいる方がたくさんいます。
ただ、プロやセミプロでもない限り、
隅から隅まで読んでいる方はあまり多くない
かもしれません。
その中で、場況、いわゆるその日の相場の状況を
解説したものですが、
日本経済新聞に限らずネット上でも
たくさん公開されておりますので、
この情報をよく読んでいる投資家は多いようです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社の
割安株を探そう!10分間投資講座
はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp\" target=\"_blank\">http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp
=======================================
しかし、場況は既に終わったことを解説し、
また、それについてプロのコメントなども
挿入しているのですが、
これはこれで意味があると思いますが、
今後の投資判断に大いに役立つということでも
ありません。
それよりも日本経済新聞で特に注目して欲しい
紙面は、「商品」欄です。
商品欄は、比較的馴染みにくい紙面なのですが、
場況を読むよりはるかに価値がある
と言ってもよいでしょう。

今週の紙面で言えば、
「原油、上昇基調強める」、
「DRAM、下落幅が縮小」、
「パソコン用DRAM、スポット価格急反発」、
「機能性樹脂、値上げ」、
「天然ゴム、国際価格下落」、
「アルミ圧延品、7ヵ月ぶり下落」等、
上場銘柄の値動きに直結している材料
が山ほど掲載されているのです。
5月下旬に急騰した大平洋金属が、
その後急落したのも、
ニッケル価格が20%以上下落したのが要因です。
この場合も、株価の動きだけを追っていると
投資判断を誤りかねません。

このように、商品欄は貴重な情報の宝庫であり、
いいパフォーマンスを上げたいならば、
必ず毎朝見出しだけでも目を通すことを
お奨めします。
蛇足ながら、商品欄に掲載された情報によると、
今年は鰹が大漁であり、値段が安いそうですので、
ビールのつまみにはもってこいのようです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク