☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近の国内市場では、
外国人投資家が大量に買い越していますが、
個人投資家中心に国内勢は売り越し基調
続いています(※2007年7月現在)。
先進国の中でも、日本のように自国の投資家が
売り越してばかりいる市場はめずらしい
のではないかと思いますが、そうかと言って、
日本の投資家はリスクを取らないのかというと、
決してそうではありません。
ハイリスク・ハイリターンのBRICs投信や
毎月分配の外債ファンドなどには
大量の資金が流れているのです。

なぜ、日本人は日本の株を買わないのか
考えてみますと、
やはり本音の部分では
成熟した日本経済にはあまり大きな夢が持てない
ということでしょうか。
大きな可能性を求めるならば、新興国
と思い込んでいるのかもしれません。
この考えは決して間違いではなく、
資産分散するにはひとつの方法だとは思いますが、
一方で、日本株の魅力についても、
もう一度考えてみたらいかがでしょうか。
それには2つのポイントがあります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社のサイトに
「セクター別平均割安指標」を掲載しています。
毎月更新します。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/hint.htm
=======================================
1つは、アジアなどの新興国を中心とした
グローバル経済の拡大は歴史的な出来事であり、
このことにより、
日本経済も日本企業も大きな恩恵を受ける
ということです。
2番目は、1990年代のいわゆる失われた10年の間に
日本企業は人、設備、財務の3つのリストラを断行し、
以前と見違えるほど筋骨隆々とした体質に変貌し、
かなり儲けやすい体質になったということです。

最近の日経平均の動きだけ見ていると
わかりにくいのですが、以上の2点からも
日本株はかなり魅力ある投資対象なのです。
多分、日経平均が19,000~20,000円になれば、
おっとり刀で駆け付けて来るのでしょうが、
悲観論を売り物にしている専門家に惑わされることなく、
高くなる前に日本株の魅力について
再認識したらいかがでしょうか。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト