☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

世界のマーケットは米欧や日本などの
中央銀行による緊急の資金供給にも拘わらず、
未だ下げ止まる気配がありません
(※2007年8月現在)。
今回の問題は、サブプライムローン問題を
きっかけとした世界的な信用収縮により、
多くのヘッジファンド等が資金繰りに窮し、
換金を余儀なくされているということ
だと思います。

ところで、8月15日の日本経済新聞に
オリックス社長の談話が掲載されていました。
その一部を引用すると、
「今回の問題は米国のファンド資本主義の
行き過ぎといえる。
金融工学を過信した投資手法で、
一部の投資家に高配当を出すようなファンドが
破綻するなど、
市場のモラルハザードが感じられる。
今後は市場の自浄作用で逆に振れる可能性がある。
ヘッジファンドなどが
商業用不動産ローン担保証(CMBC)を
投売りする局面があれば、
安く買う好機かもしれない。」
というものです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社
有効性の検証」では
指標別 割安上位20%銘柄群のパフォーマンスと
8割安指標の分位別チャートを掲載しています。
こちら↓
http://www.value-search.co.jp/employment-yukou.htm
=======================================
要するに、今回の問題は信用収縮による
資金繰りの問題と合わせて、
投資手法を過信したばかりに
破綻したヘッジファンド等がたくさんある
ということを指摘したものです。
わが国でも一部の富裕層が日本株には
見向きもせずに、
ヘッジファンドを購入し、
かなりの実績を得ている向きもあります。
しかしながら、
あらゆる金融商品はリスクとリターン
トレードオフされるのが基本ですので
そもそもノーリスク・ハイリターンの商品など
この世の中にあるわけがないのです。

うまい話だけの投資商品はないということが、
今回の大幅下落でよりリスクが小さくなった
日本株を見直すきっかけになれば、
不幸中の幸いということでしょうか。
ちなみに、オリックス社長は
ヘッジファンドが投売りしたものを安く買う好機
と言っていますが、この
「混乱時こそチャンス!」
という強かな発想は個人投資家も見習っても
よいかもしれません。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク