☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨日(※2007年10月20日)の日本経済新聞に
「公的年金を運用する年金運用法人が、
来年の初めに中小型株に特化して投資する
新しい資金枠を作る」

との記事が掲載されました。
この資金は新興市場株にも投資する方針
とのことです。
当初の規模は1,000億円程度だそうです。
1,000億円というのは、決して大きな枠では
ありませんが、
この運用法人は国内株の運用額が20兆円
ありますので、
今後拡大してくる可能性は大きいと思われます。
いずれにせよ、大変インパクトのあるニュース
であることは間違いないでしょう。

昨日の相場は、これが好材料のひとつになった
かもしれませんが、
日経平均が291円と大幅安の中で、
ジャスダック指数は1%以上の上昇のとなりました。
今までの新興市場の低迷を考えれば、
昨日の動きはまさに注目すべきものです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<パソコン版
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
当社の「銘柄発掘ナビ」で、儲かる銘柄を発掘してみませんか?
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール。
当社の推奨銘柄や投資戦略など、5つサービスで構成。
お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/syosai.htm
=======================================
東証1部の大型株は、当面の戻りを達成したことや
原油高や円高などの懸念材料が持ち上がってきた
こともあり、
当面は上値が重い展開が予想されます。
このような環境の中で、
中小型株に動きが出るのは相場全体にとって
大変いいことです。
ここ最近、新興市場株の出直りに疑心暗鬼の向きが
多かったですが、
本格的に回復する可能性が少しずつ高くなってきた
と言えるかもしれません。

そして、昨日のジャスダック市場を見ても、
市場で注目されている銘柄は
好業績で割安な銘柄が多いのが、
何よりも心強いことです。
また、単純平均で計算する日経ジャスダック平均は
多少下がっていますが、
時価総額の合計であるジャスダック指数が
プラスになっているということは、
時価総額が大きい銘柄が強かったということ
を意味します。
内容の伴わない超小型株をマネーゲームのごとく
扱う相場ではない

ということです。

当面は大型株が一服している間、
中小型株で意外に儲かる相場
になるかもしれません。
来週は目が話せない週になりそうです。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト