☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近、消費税率の引き上げ議論が活発に
なっていますが(※2007年11月現在)、これが可能に
なるのも日本経済が安定的に成長することが大前提です。
日本の政治家も消費税率だけでなく、
株式市場の動向にももっと関心を持って
もらいたいものです。

ところで、ある著名な投資家によると
株価を決める要素は、
「株式自体の投資価値」
「投資時点での情報の解釈」
「投資家の心理」の3つだそうです。
本日は、このことを念頭に現在の相場について
考えてみました。

まず、1番目の「投資価値」ですが、
現在の東証1部全銘柄の平均PERは16.6倍であり、
株式益回りは6%以上になっています。
また、配当利回りも国債利回りを上回る
1.56%まで上昇しています。
投資価値は十分あると言えましょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「金融商品仲介業
お電話でタイムリーに売買のアドバイスをし、
ご注文を取り次ぎます。
詳しくはこちら↓
http://value-search.co.jp/intermediation.html
Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/intermediation_qa.html
=======================================
2番目の「情報の解釈」ということですが、
世界中を騒がせているサブプライムローン問題を
どのように捉えるかということに尽きるでしょう。
ただ、サブプライムローンの損失額は
当初予想の10兆円から20兆円に膨らみ、
直近のOECDの報告書では最大33兆円になる
可能性があるとの見方は示されました。
また、一部では40~50兆円という話もあります。
従って、この問題については、
現時点ではどのように解釈していいのか
わからないということでしょうか。

3番目の「投資家の心理」ですが、
嵐の真ん中でずぶ濡れになっている時は、
まもなく台風一過の秋晴れになることなど
想像できないように、
現在の投資家の心理もそのようなものでは
ないでしょうか。
ただ、一方で
「今が買いチャンスではないですか?」
という個人投資家の問い合わせも急増しています。
決して弱気一辺倒ではありません。

以上のように、強弱入り交ざった3つの要素で
現在の株価が形成されていると考えたら
いかがでしょうか。
ただ、株価は中長期的には妥当な水準に収斂
されますが、
目先的には常に合理的な値段がつくわけでは
ありません

そこに大きなチャンスがあると言えます。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト