FC2ブログ

☆今は日経平均よりも個別銘柄を見る!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

サブプライム問題もいよいよ転換点に
きたと思われ、
年末高への期待が持てそうです
(※2007年12月2日現在)。
ところで、専門家が相場を予想する時に
「日経平均」が使われるのが一般的です。
年初の相場予想も日経平均株価の高値と安値、
またその時期について予想するのが
毎年恒例です。
その日経平均にはたくさんの歴史があります。

最も印象に残っているのは、
1989年のバブルピーク時に、
史上最高値38,915円まで示現したことでしょうか。
当時の日経225銘柄の平均1株利益は555円でしたので、
PER70倍まで買われたことになります。
それでも日経平均10万円説がまことしやかに
語られていましたから、
まさにバブル相場だったのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
ところで、
現在の日経225銘柄の平均1株利益は925円であり、
平均PERは17倍の水準にあります。
今後、日経平均が上昇するための条件は、
1株利益が拡大するか、または、
PERが今よりも高く買われるかのどちらか
になります。
ただ、株式市場のグローバル化が進み、
PERなどの指標が世界の市場で冷静に比較される
時代ですので、
日本のPERだけが異常に高く買われることは
ほとんどあり得ないでしょう。
そこで日経平均がいくらまで上昇するかは
日経225銘柄の業績如何ということになりますが、
現在は中間決算発表直後であり、
直ちに上方修正されることもないでしょう。

このように考えると、当面は日本株式投資に
魅力がないということになってしまいますが、
決してそうではありません。
これはあくまでも日経平均の話であり、
わが国の上場株式は4,000銘柄ありますので、
個別銘柄で言えば、
魅力的な銘柄はいくらでもあります。

現在は日経平均予想に惑わされることなく、
個別銘柄をしっかり分析することが
何よりも大切だということです。
具体的には中間決算で好業績が確認された銘柄や
上方修正されたにも拘らず売られている
銘柄がたくさんあり、
これらは恰好な狙い目と言えましょう。

それでは、来週まで!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース