☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

シティグループに続き、
モルガン・スタンレーも中国の政府系ファンド
の出資を受け入れると発表しました
(※2007年12月22日)。
サブプライム問題で世界の信用収縮ばかりが
問題になっていますが、
膨大な新マネーが動き出していることも
見逃さない方がよいでしょう。

ところで、現在のような大幅下落した局面
での投資方法として
「順張り」か、それとも「逆張り」
かが、いつも議論になります。
「順張り」投資とは
株価が上昇している局面で投資
することを言い、
「逆張り」投資とは
株価が下がっている局面で投資
することを言います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
<銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年間 52,500円
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
推奨銘柄に関するご質問も歓迎です。また、
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
どちらが効率的かというと
その時々の環境によって違いますが、
この3年間で見ると「順張り」投資の方が
圧倒的にパフォーマンスが良かったという
結果が出ています。
この間は、外国人投資家が大型株を
トレンドフォローで買い付けた結果だと思います。
ただ、最近3ヶ月間だけで見ると、
「逆張り」投資の方がよい結果になっています。

ここ数ヶ月で大幅下落した鉄鋼や商社、海運
などの主力大型株は、
業績面で特に問題があるとは思えませんので、
これらは押し目買い方針、
すなわち「逆張り」ということでよいので
ないでしょうか。
特に、「逆張り」投資は業績がよい銘柄には
効率的です。
ただ、ここまで下げると今後戻り売りも
予想されますので、
目先狙いというよりも、
やや時間をかけた投資と考えた方がよい
かもしれません。

一方、早く儲けたいという投資家は、
ここの調整局面でも高値を更新している銘柄や、
また、あまり下がらず、
直ぐにでも高値を取れる可能性のある銘柄、
すなわち「順張り」投資がよいと思います。
銘柄数はあまりありませんが、
「トヨタ紡績(3116)」
などはそのひとつと言えましょう。

ごく大雑把に結論を言えば、
短期投資ならば「順張り」投資、
半年から1年ぐらいかけてもよいということならば、
「逆張り」投資がよいということです。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト