FC2ブログ

☆日本株は最悪期を脱した!!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日本株は、目先不安定な動きは避けられませんが、
大勢的には、「最悪期を脱した」と見ています。
その理由は以下のとおりです。

1.今月18日に米政府は緊急の景気対策の骨格を
発表した。また、米連邦準備理事会(FRB)は22日に
0.75%の緊急利下げに踏み切った。今回の対策に
対して不十分との見方があるが、今後追加利下げも
予想されること、また、景気対策の上積みも期待
できることから、ニューヨーク市場は徐々に落ち着きを
取り戻すと見ている。

2.先週来、欧米の主な金融機関がサブプライム
ローンに関する損失を発表した。今後、追加損失の
懸念は残るが、今回で損失処理は概ね峠を越えた。
また、資本増強面はオイルマネーなどの出資があり、
概ね順調に進んでいる。また、懸案のモノライン
(金融保証会社)については、影響が大きいだけに、
何らかの対策が打たれる可能性が高い。

3.米国景気については上半期の減速は既に
コンセンサスになっており、相場に織り込まれつつ
ある。また、米国が世界経済に与える影響は大きい
が、一方で、新興国の台頭によるグローバル経済の
歴史的な拡大の流れは変わらないという事実も重要
である。

4.国内企業の今期業績は当初の予想通り、
経常利益ベースで5~7%(東証1部平均)の増益が
達成できる見込みである。来期については、当初は
景気減速や円高を見込んで、0~5%増と極めて
慎重な見通しが予想されるが、相場は既に来期の
減益まで織り込んだ。また、円高による減益懸念
ばかり強調され、円高による増益要因が全く無視
されている。

5.バリュエーション面から見ても、PER14.1倍、
PBR1.34倍、配当利回り1.89%、そしてPCFR7倍と
歴史的な割安水準にある。PERは33年ぶりの低水準
である。(東証1部平均)

6.需給面を見ると、昨年の夏以降続いた外国人売りも
峠を越したと思われ、一部には買いスタンスに転じた
ところもある。また、信用取引残高も3兆円割れと
2年5ヶ月ぶりの低水準であり、目先の手仕舞い売りは
ほぼ完了した。実需面では、オイルマネーなどの
政府系ファンドや年金資金の投資拡大、自社株買いの
潮流は増大するであろう。

7.長期の株価トレンドを見ても、22日に日経平均
12,600円台を付け、2003年4月の安値7,607.88円から
2007年7月の高値18,261.98円の半値押しを達成した。
また、短期のテクニカル指標では、騰落レシオ(25日)が
50%前半まで低下、過去をみても例外なく数日以内に
目先の大底を形成している。
                              以上


当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース