☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

無論、終わりではないですが、
株式市場はサブプライム問題に大分あきてきたようです。
そして、関心は米国の実体経済に移ってきています。
今後のNY市場は米国の景気指標に一喜一憂しながら、
少しずつ下値を固める動きになると見ています。
また、最近の東京市場も悪材料に抵抗力が出てきており、
一時の底値が見えないという恐怖感は徐々に薄らいで
きていると思われます。

ところで、第3四半期の決算発表が出揃いました
(※2008年2月23日現在)。
最終的な数字は出ていませんが、
主力株はじめ東証1部銘柄はほぼ予想通りだったようです。
一方で、新興市場は当初の10%台後半の予想値から
大幅に下方修正された模様です。
新興市場株は外部環境の影響を受けやすいという
ことはありますが、
毎度ながらの業績見通しの甘さに、
「またか!」
という失望の念を禁じ得ません。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
現在のようにエネルギー不足の相場では、
新興市場株などの小型株が活躍できるよいチャンス
なのですが、こんな状態ではなかなか難しいでしょう。
好業績銘柄の一本釣りはともかく、
新興市場ありきという発想は止めた方がよい
かもしれません。

反対に、主力株には今までと違った動きが出てきており、
要注目です。
今週の相場はかなり乱高下しましたが、
その中で、鉄鉱石の値上げが決まった鉄鋼株、
コマツや日立建機などの建機株、
三菱商事や丸紅などの商社株、
三菱重工や川崎重工などの造船株等の主力株が
堅調でした。
ひと足先に出直ってきた海運株に続く動きが出てきた
ように思います。

勿論、これらの銘柄が一本調子で上値を追えるわけ
ではありませんが、
明らかに今までと違う動きのように見えます。
主力株のこのような動きは、
相場全体が底打ちしたことを暗示している
と見てよさそうです。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク