☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

不動産開発のレイコフ(8941、HC)が実質的に倒産し、
民事再生法の適用を申請しました(※2008年3月22日現在)。
ホテル事業に対する過剰投資で財務を圧迫、
資金繰りが破綻したとのことです。
株価は昨年10月高値から80%以上下げており、
最近の下げ相場の中でも、
その下落率は際立っていました。

ただ、昨年10月に発表した前期決算(07年8月期)では
当初予想よりも25%(経常益ベース)も上方修正
されており、
今期(08年8月期)の予想も33%増と大変好調なもの
でした。
四季報などでも、不動産ファンドは伸長、ホテル事業も
積極的に展開し、収益基盤の強化を図っていると
高い評価がなされていました。

倒産可能性のある銘柄をチェックする項目に
3期連続無配というのがあります。
この会社も長らく無配ですが、
社外流出させずに積極的に投資するという会社方針
でしたので、特に違和感はありませんでした。
自己資本比率も21%と決して高くはありませんが、
この業界では特に異常な数値とも思えませんし、
債務超過でもありませんでした。
株主にとっては、株価の大幅下落以外に
そのサインをなかなか読み取れなかったかも
しれません。

ただ、割安指標は大変正直で、
PER1倍強
PBR0.25倍
とまさに異常な水準になっていました。
景気減速時は
PERの低い企業ほど業績面で不安があり、
PBRの低い企業ほど財務面で問題を抱えている
というのが、一般的な見方です。
今回はまさに、これを地でいった事例となりました。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社のソフト「銘柄発掘ナビ」
低PER、低PBR銘柄をスクリーニングしてみませんか?
無料サンプルの対象銘柄は日経225採用銘柄です。
月額3,150円で全上場4000銘柄対象。
「銘柄発掘ナビ」フリーセレクト無料サンプルはこちら↓
http://value-search.co.jp/samples/navi03sel0.asp
=======================================
レイコフ問題がサブプライム問題に起因するものかは
わかりませんが、レイコフに限らず、
中小の不動産株はどこもかなりの低PERになっています。
多分、市場では世界的な信用収縮の影響を察知
しだしているということなのでしょう。
第2、第3のレイコフが出ないことを祈るだけです。
ただ、
君子危うきに近寄らず
という発想も必要です。
他にも有望な業種はたくさんありますので・・・・。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク