FC2ブログ

☆第2、第3のゼクスを探そう!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

エコノミストの中には、
「株式市場は実体経済に先行する。」
ということがあまりわかっていない向きがいます。
彼らの超弱気論が一部投資家の買いチャンスを
躊躇させ、また、
空売りを誘発しているのは大変残念なことです。
米国の過去の事例を見ると、
景気後退期ほど株式の上昇率が高い
というデータがあります。
その理由は簡単で、
景気後退期の前に株式は既に先行急落している
からです。

ところで、昨年の夏頃(※2007年)からPERなどの
利益系指がほとんど効かなくなりました。
すなわち、低PER銘柄ほど売られるという現象が
起きたということです。
不動産株などではPER5倍以下の銘柄がごろごろ
していている有様です(※2008年5月現在)。
その主たる要因が業績不安です。
そして、その不安が不幸にも的中したのが、
不動産開発のレイコフ(8941、HC)であり、
先日民事再生法の適用を申請し、
市場ではやはりという受け取られ方がされました。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<パソコン版
全上場銘柄の中から儲かる銘柄を発掘してみませんか?
月額 3,150円(カード決済時)、送金の場合は3ヶ月、6ヶ月割引有
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール。
・当社の推奨銘柄や投資戦略(毎月初更新)など、5つサービスで構成。
推奨銘柄サンプルはこちら↓
http://value-search.co.jp/samples/navi01list1.asp
お申込方法はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission.htm
=======================================
しかし、よく考えてみるとレイコフのような銘柄は
ほんの例外だということです。
最近、PER3倍以下まで売られていた
不動産株のゼクス(8913、東1)が、
あっという間に2倍以上の値上がりをしました。
このゼクスの例を見るまでもなく、
必要以上に売り叩かれた低PER銘柄が、
今後見直される

可能性があると思われます。
因みに、直近のデータを見ても、
PERの有効性が確認されつつあります。

現在、決算発表が行なわれていますが、
前期(08年3月期)業績が予想通りで着地したのか、また、
今期(09年3月期)の業績予想が増益であるかを
よくチェックした上で、
低PER銘柄を狙ってみる

のもひとつの方法ではないでしょうか。
第2、第3のゼクスが見つかる可能性があるかも
しれません。
相場は常に売られ過ぎたり、
買われ過ぎたりするもの

であり、
そこに大きなチャンスがあるということです。

それでは、また来週!

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース