☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

決算発表が大方終わりました(※2008年5月17日現在)。
今期(09年3月期)の業績予想は
5~7%程度の減益のようです。
そして、前期(08年3月期)の増益幅は当初予想の
5~6%程度から2%程度まで急速に縮まっています。
これは、前期については後半で失速した会社が
多かったということを意味しています。

従って、今期(09年3月期)の業績予想に注目する
のは当然ですが、
その前に、前期についても予想通りの着地であったか、
それとも、直近で大きく失速したのか、
よく検証をする必要があると思います。
前期の数字を大幅に下方修正した会社が、
今期はいい予想を出しても俄かに信用できないから
です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
それでは、今回の決算発表の数字をどのように
見ればよいのでしょうか。
理想的なケースは、
前期が予想通り、またはそれ以上の着地であり、
今期も増益基調が維持されているということです。
しかしながら、今回の決算を見ると、
このような銘柄はかなり少なく、また、あったとしても
株価は既に大きく買われています。

第2のケースは、
前期が予想通り、またはそれ以上の着地であったが、
今期は減益という会社です。
特に前期が上方修正されている場合は、
スタート台が高くなりますので、
どうしても、減益になりがちです。
ただ、このケースは直前の内容が上方修正するほど
いいわけですから、
減益でもそんなに悲観することはないでしょう。
むしろ、今後はこのような会社の中から、
上方修正されるところが出てくる可能性があります。

第3のケースは、
前期については下方修正したが、
今期は増益の予想を出してきた会社です。
このような会社の中には
、当初はかなり強気な予想をぶち上げて、
その後、下方修正する会社も結構あります。
従って、前期の後半から失速したにも拘わらず、
今期直ちに回復するというその根拠をよくチェックする
必要があります。
下方修正は株価への影響が大きいだけに
気を付けたいものです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク