ご存知のように株式市場全体の動きを示す指標として、
日経平均TOPIX
といった
インデックス
があります。
簡単に言えば、これらのインデックスは
たくさんの銘柄の株価の平均値
であり、ニュースや新聞で「今日の株式市場は高かった」とか、
「安かった」という場合はこの
インデックスの変化率
を指します。

また、今後の株式市場を占う場合にも、
景気全般企業業績
などを映す鏡としてインデックスで語られるのが一般的です。
このように、インデックスは
株式市場全体の動き
を示すための大変重宝な道具なのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「銘柄発掘ナビ」<パソコン版
1ヶ月 3,150円 3ヶ月 9,000円 6ヶ月 15,000円
割安株スクリーニングができる、個人投資家サポートツール
当社の推奨銘柄や投資戦略など、5つサービスで構成。
お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission.htm
=======================================
年金や投資信託などを運用しているプロのファンドマネジャー
はこのインデックスに勝ったのか、負けたのかで評価される
のが通常のやり方です。
例えば、インデックスがマイナス20%の場合ならば、プロが
運用したファンドがマイナス15%だとしても、いい運用だった
ということになるのです。
 
しかし、個人投資家の立場からいえば、環境が悪かったと
理屈ではわかっていても、自分のファンドがマイナス15%の
パフォーマンスだとしたら満足しないでしょう。
個人投資家にとっての関心はインデックスに勝った負けたと
いうことではなく、
投資金額がどのくらい増えたのか、減ったのか
ということなのです。
いわゆる
絶対リターンを確保すること
が投資の目的なのです。

ただ、絶対リターンの確保となると、そんなに簡単では
ありません。
環境が悪くなりそうなら持株を全部売って、キャッシュに
すればいいなどとよく言われます。
しかし、
持株比率を効率的に変動させる手法
を確立するため、多くのプロの運用者や研究者が長年苦労
しているのが現状であり、残念ながら
未だに決定打はない
のです。

(銘柄)を見てインデックスを見ず
とは株式投資において注意すべき例えですが、
個人投資家においては、
森よりも木をみる!
で、まずは
(銘柄)」をしっかり分析する
ことが、
リスクを出来るだけ小さくする最善の方法
と言えるのではないでしょうか。
 
3700本の木を選別するには道具が必要です。「銘柄発掘ナビ
はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/index.htm

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト