FC2ブログ

☆「今期も増益になる」という見方も出てきた!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

現在、日経平均は14,000円前後で推移しています
(※2008年6月現在)。
今期の企業業績は5~6%減という予想であり、
それを基にした予想PERは16~17倍程度ですので、
グローバル比較でも相場は居心地の良い水準と
言えるかもしれません。

ところで、今期の為替レートは、
大方の企業が
1ドル=100円、1ユーロ=150円
が前提ですが、直近では
ドルは108円前後、ユーロは165円前後
の推移になっています。
1円の円高に対するマイナス反応度は、
トヨタ自で350億円、
キヤノン100億円、
ソニーで60億円程度
ですので、
108円の円安となれば、単純に計算して、
トヨタ自で2,800億円、
キヤノン800億円、
ソニーで480億円程度
上方修正されるというになります。
これはかなり大きな金額です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
ただ、もうひとつの前提条件である原油価格の方は
予想よりも大分高くなっており、
こちらの方は現時点では当初計画よりもマイナスに
なっている企業が多いと思われます。
しかし、最近の動きに変化が見えるのは要注目です。

最近のドル安を背景に、
ドルペッグ制(自国の通貨の為替レートを米ドル
連動させる)を採用しているサウジアラビアなど
中東産油国が大変困っています。
そこで、米国は産油国に対して、ドル高で対応することを
約束し、その代わりに、
これらの国に原油の増産などの価格安定策を求めた
ように思えます。
最近の米財務長官の、
「為替介入も排除しない」
という強い発言がそれ裏付けているのではないでしょうか。
もしもそうならば、歴史的な原油高も峠を越してくる
可能性があります。

今期の最大の懸念要因である
円高と原油高のトレンドに変化があれば、
企業業績面で大変明るい材料です。
現に、「今期も増益になる!」と言い切るアナリストも
出てきています。
もし、このことが現実味を帯びてくれば、年後半は、
「上方修正」相場で大いに盛り上がることが
期待できましょう。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース