FC2ブログ

☆自動車業界は若者からしっぺ返し!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

テレビで株番組を見ていましたら、
ゲストの方が以下のような話をしていました。
「米国の過去を検証すると、40代前半の人口が
増加している局面では、株式相場が上昇している。
この法則を過去の日本に当てはめてみると、
大よそ同じ結果が出た」と。
従って、わが国では40代前半の人口が増加する
2010年代には、相場上昇が期待できる
という内容だったと思います。

ところで、最近の自動車業界は大変苦戦しています
(※2008年8月現在)。
その原因は米国の景気減速とガソリン価格の高騰です。
ただ、国内の自動車販売はかなり以前から低調な状態
が続いています。
その大きな理由は、若者の自動車離れであり、
その原因のひとつが1990年代の企業の採用方針
あったと思います。
金融不安、不況時の1990年代は、
多くの企業が新卒者の門戸を閉ざした時期であり、
その当時の新卒者は就職において大変な苦労を
経験しています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
その彼らが現在30才代になり、
本来ならば自動車に最も興味を示す世代なのですが、
残念ながら、彼らは高額な消費に対して極めて慎重です。
言うなれば、
就職の門戸を閉ざした企業が、
今や最も有力な消費者となった彼らからしっぺ返しを
食らっているということでもあります。

長年続いた好況に翳りが見え始めた現在、
企業の採用方針が厳しくなる可能性があります。
ただ、企業は大きな社会的責任を負っていますので、
景気の好不況によって採用方針をコロコロ変えるようでは
いい企業とは言えません。
また、自らの将来に自信がないとも言えます。

そこで銘柄選びのひとつの基準として、
好不況にも関わらず、
新卒者採用を毅然と行っているかどうか

をチェックしてみたらいかがでしょうか。
意外に的を得た方法かもしれません。

因みに、冒頭の話に戻りますが、
現在30代の彼らが40代になったところで、
今の消費行動が変わるとは思えません。
いかがなものでしょうか。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース