☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

この1年間を見ると(※2008年8月現在)、
低PER銘柄ほどパフォーマンスが悪く、
反対に高PER銘柄ほどパフォーマンスが
良かった
という結果で出ています。
その主な理由は、業績不安です。
PERは投資家にとって最も一般的な指標で
あるだけに、この指標が当てにならないのは、
投資家にとってかなりやりづらい相場だった
と言えます。

ところで、PERはダメだから
全ての利益系指標が当てにならないと
いうことではありません。
PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は今でも
大変有効な指標です。
PERは利益として「純利益」を用いますが、
PCFRでは
「純利益+減価償却費」
を用います。
すなわち「PCFR」は、
株価÷「純利益+減価償却費」で求められます。
因みに、「純利益+減価償却費」を
キャッシュフローと言います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
ここで重要なことは、「減価償却費」は
費用として計上しても、
会計上だけであり、
キャッシュは企業外に流出せず、
内部に留保されます。
従って、純利益が同じ額でも、
「減価償却費」が多い企業の方が、
キャッシュが多く、財務的にも健全である
と言えます。
また、設備投資に積極的な企業ほど、
「減価償却費」が大きくなりますので、
将来の利益成長に備えた企業と
見ることができます。

例えば、日立(6501)の場合は今期の純利益は
400億円ですが、
減価償却費はなんと6,800億円もあります。
従って、PERは67倍(業種平均16.7倍)と
大変割高なのですが、
PCFRは3.7倍(業種平均6.5倍)と大変割安
なのです。
PERだけを見ても不十分であることが分かると
思います。

現在の市場は信用リスクに大変過敏であり、
PERが低い銘柄ほど危ない銘柄と見られています。
一方、PCFR資金面での健全性や将来の成長性
加味した指標ですので、
今のような時期には、ぴったりの指標なのです。
四季報などに減価償却費(予)は掲載されていますので、
PCFRは誰でも簡単に計算できます。

「PER だけでなく、PCFRも見る。」

今や銘柄選びの常識になりつつあります。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト