FC2ブログ

☆今や、PERよりもPCFRを見る!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

この1年間を見ると(※2008年8月現在)、
低PER銘柄ほどパフォーマンスが悪く、
反対に高PER銘柄ほどパフォーマンスが
良かった
という結果で出ています。
その主な理由は、業績不安です。
PERは投資家にとって最も一般的な指標で
あるだけに、この指標が当てにならないのは、
投資家にとってかなりやりづらい相場だった
と言えます。

ところで、PERはダメだから
全ての利益系指標が当てにならないと
いうことではありません。
PCFR(株価キャッシュフロー倍率)は今でも
大変有効な指標です。
PERは利益として「純利益」を用いますが、
PCFRでは
「純利益+減価償却費」
を用います。
すなわち「PCFR」は、
株価÷「純利益+減価償却費」で求められます。
因みに、「純利益+減価償却費」を
キャッシュフローと言います。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
ここで重要なことは、「減価償却費」は
費用として計上しても、
会計上だけであり、
キャッシュは企業外に流出せず、
内部に留保されます。
従って、純利益が同じ額でも、
「減価償却費」が多い企業の方が、
キャッシュが多く、財務的にも健全である
と言えます。
また、設備投資に積極的な企業ほど、
「減価償却費」が大きくなりますので、
将来の利益成長に備えた企業と
見ることができます。

例えば、日立(6501)の場合は今期の純利益は
400億円ですが、
減価償却費はなんと6,800億円もあります。
従って、PERは67倍(業種平均16.7倍)と
大変割高なのですが、
PCFRは3.7倍(業種平均6.5倍)と大変割安
なのです。
PERだけを見ても不十分であることが分かると
思います。

現在の市場は信用リスクに大変過敏であり、
PERが低い銘柄ほど危ない銘柄と見られています。
一方、PCFR資金面での健全性や将来の成長性
加味した指標ですので、
今のような時期には、ぴったりの指標なのです。
四季報などに減価償却費(予)は掲載されていますので、
PCFRは誰でも簡単に計算できます。

「PER だけでなく、PCFRも見る。」

今や銘柄選びの常識になりつつあります。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース