☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

世界的な景気減速を背景に銘柄選びが一段と
難しくなっています(※2008年8月現在)。
例えば、業種から銘柄を選んでみようとした場合、
まず、消去法で買えない業種をチェックして見ると、

・自動車株・・・米国経済の減速や円高、原油高で買えない
・半導体、電子部品株・・・市況が一向に上向かず、買えない
・機械株・・・新興国の景気減速でダメージ大きく買えない
・資源株や商社株・・・最近の原油価格や商品価格の下落で買えない
・不動産や建設株・・・最近の信用リスクの増大により買えない
・金融株・・・サブプライム問題や景気停滞で不良債権が拡大、買えない
・消費関連株・・・相次ぐ値上げなどで個人消費の停滞が買えない

以上のように、買える業種はほとんどない、
いや全くないと言っても過言ではないかもしれません。
しかし、そうだからと言って決して悲観することも
ないのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
株式投資は業績がよくて高値圏にある銘柄
(一般的に成長株が多い)を順張りで買うか、
または業績が悪くて安値圏にある銘柄
(一般的に割安株が多い)を逆張りで買うかの
どちらかです。
今後の成長性を見抜くことができるならば前者が
よいでしょうが、ただ、今後の成長性を見抜くことは
専門家でも大変難しいことなのです。

それよりも今のような時期は、成長性には目をつむり、
つぶれない程度の割安株を狙うのもひとつの方法です。
割安株は買いにくさの代償として
予想外の高パフォーマンスが期待できるからです。
そして、今やそのような銘柄がゴロゴロしています。
無論、先日も書かせていただいたように信用リスクの
チェックは不可欠です。

現在は含み損を抱えて動きにくい投資家が多いと
思いますが、まだ投資意欲があるならば、
つぶれない程度の割安株でとんでもない
パフォーマンスを狙ってみるのはいかがでしょうか。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト