☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

相場の乱高下が続いている中、
低PER銘柄の下げが一段と厳しくなっています。
なぜ、PERが4~5倍の銘柄がこんなにまで売られる
のか理解できないという個人投資家の声もたびたび
聞きます(※2008年11月現在)。
確かに売られ過ぎと思われる銘柄もかなり見受けられ
ますが、世界景気の後退の中で、業績への不安が
払拭されない限り、
低PER銘柄が見直される動きが出てこないのかも
しれません。

現在のようにPERが指標として全く信頼できない時期は、
高配当利回り銘柄に注目してみたらいかがでしょうか。
一時は無配株が大幅上昇したため、
配当利回りが最も低い銘柄群ほど
最もパフォーマンスが良い
という時期がありましたが、
現在は状況が一変しています。
信用不安を背景に無配株が大幅下落しており、
一方で、高配当利回り銘柄のパフォーマンスは
相対的に良好であり、
配当利回りは大変信頼できる指標になっています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
ただ、景気減速の中で業績が悪化する銘柄が多数あり、
減配する可能性がある銘柄もありますので、
その点は要注意です。
特に配当性向を公約するなど業績連動型の
配当政策を取る銘柄の中から
減配銘柄が多数出てきそうです。
従って、高配当利回り銘柄を物色するに当たっては、
業績面や配当政策などもしっかりチェックすること
が大切です。

直近の中間決算時に増配した銘柄は、
今期は減配の可能性はないと思われますので、
これらの中から配当利回り3%以上の銘柄を狙うのも
ひとつの方法かもしれません。
ただ、配当利回りがどんなに高くとも、
株価が大幅値下がりしては意味がありませんので、
中長期的に安値圏にあるのか、株価の位置を確認
することも重要です。

当面相場の乱高下は避けられないかもしれませんが、
下値不安の小さな高配当利回り銘柄ならば、
殆ど利息の付かない預貯金よりは有効な資産運用
と言えるのではないでしょうか。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク